サイエンスアゴラでのネットツール活用変遷メモ

banner_240x50.jpg


サイエンスアゴラ2010が終わって早3週間あまり。

アゴラの振り返りでもしようかなと思ったが、
今回はまともに会場をまわれていない。

当日は別の団体にパネリストとして呼んでもらったり、
横串フィールド.ネットに情報提供してくれた人に挨拶回ったり、
はやのんさんに会いたくてなんども未来館の方へいったりきたりなど。
個別事由で動いていた時間の方が多い。

まぁでも
横串会Web担当として、裏方事前作業の方は、今回もやっていた。

横串フィールド.ネットを今年も開設

特設サイト作りも、なんだかんだと3年目。

いつも突貫工事でバタバタと構築するが、その時々の環境に併せて改善は重ねてきたつもり。

ここで一度、構築してきたWebサイトの振り返りをメモしておこう。



.14 2010 情報・通信 comment1 trackback0

半歩遅れのiPadファーストインプレッション

steve-jobs-iPad.jpg

iPadを買った。

箱から出さないでちょっとしたじらしプレイを一週間ぐらいしたのち、少し触ってみた。

最初に感じたことを忘れないよう、いまのうちに書いておく。

既に発売されて一カ月。
多くのレビューがネットに溢れているが、それは気にせずにつらつらと。

ちなみにApple製品を触ったのは十年前ほどに仕事でクラシックを使ってドキュメントを作った時ぐらい。

.04 2010 情報・通信 comment0 trackback0

NHK技研公開2010 これなら3Dはいらなくね?

NHK201005 (6)

今年もNHK技研公開2010に行ってきた。

2回目のせいか、正直、去年ほどのゾクゾク感はなかった。

昨年の様子はこちら↓

 >NHK技研公開2009 スパーハイビジョンにゾクっときた

でもやっぱりスーパーハイビジョンは綺麗。
遠目で見たら本物と見間違うのではないかと思うほどのクリアさ。
なんというか、その場にある空気も一緒に映っている感じ。
ある意味、3Dより臨場感あるなぁと。

その他個別メモ
.28 2010 情報・通信 comment0 trackback0

電波系親子よ集え!情報通信月間イベント「身近な電波を学ぶ! ~おもしろ電波教室~」

電波

5月15日~6月15日は情報通信月間
そして6月1日は電波の日。
この期間、各所で様々な催しが行われている。

北の丸の科学技術館でも電波にちなんだイベントが開催される。

 日時:2010年6月5日(土)9:30~16:20
 場所:科学技術館 4階D室イベントホール・他
 参加費:無料
 内容:「身近な電波を学ぶ! ~おもしろ電波教室~」

電波好きな大人ならたまらないこんな展示も。

 ●電波監視可視化装置の展示・デモンストレーション
 ●不法無線機等の展示
 ●不法無線局探索車DEURAS-M4の公開

なんとデンパ君と地デジカとの記念撮影もあり。

d_2.gifimages.jpg 総務省

詳しくはこちら↓

 >お知らせ 6月5日(土) 情報通信月間「身近な電波を学ぶ! ~おもしろ電波教室~」(科学技術館)



.28 2010 情報・通信 comment0 trackback0

「情報学のロードマップ」なんて描けません。なんて・・・ 第3回情報学シンポジウム

roadmap.jpg

日本学術会議情報学委員会主催の
第3回情報学シンポジウムに行ってきた。

今回のテーマは「情報分野のロードマップ」

 >日本学術会議 情報学委員会 第3回情報学シンポジウムプログラムのお知らせ

プログラムをみると
前半はゲストによる世界的な潮流。
後半は委員会の各分科会がそれぞれ30年後のロードマップを示してパネル討論。

技術トレンドの把握目的で参加。

が、

招待講演のIBM久世氏の企業ロードマップ以外はちと期待外れ。

久世氏の講演内容は”kameichi”さんのレポートを参照。

 >情報学シンポジウム「情報分野のロードマップ」(亀屋一年堂)

他は、全般的にこんな感じ
 ・30年後のロードマップなんて描けないよね。
 ・技術のスピードに社会制度が追いついてこないよね。
 ・学会から産業界の人が離れていくのだよね。
 ・情報学に若者が興味を示さないのだよね。
 ・詳しくは来週の情報処理学会全国大会でね。


.07 2010 情報・通信 comment4 trackback0
 HOME 

プロフィール

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター