顔の見える研究

symposium_poster.jpg


東京會館で開催された

独立行政法人理化学研究所 基幹研究所
発足記念シンポジウム

へ参加してきた。

理研の旧中央研究所と旧フロンティア研究所が今年4月に統合して基幹研究所になったことによる発足会。

プログラムはここ
.23 2008 行って来た comment0 trackback0

科学をつたえるといふこと

ScienceWindow11.jpg


ScienceWindow11月号
「誠文堂新光社『子供の科学』編集部を訪ねて」
『子供の科学』編集長への取材記事が載っていた。

その中でもふれられている創刊号に記載された
「この雑誌の役目」と言う文章。

この文章がとても好き。
.20 2008 サイエンスコミュニケーション comment0 trackback0

~未来技術遺産~

国立科学博物館の産業技術史資料情報センター
重要科学技術史資料を登録制度により選定して、初回登録した23件のデータを公開していた。

重要科学技術史資料登録制度とは

.15 2008 テクニカルコミュニケーション comment0 trackback0

ノーベル賞からパチスロまで

連日の金融危機報道。

やはり科学界にも影響がでてるらしい。

・ノーベル賞で知られるノーベル財団も打撃。

【閑話休題】資金難:Science and Communication
>ノーベル財団でも,世界的な金融危機と無縁ではない.

.10 2008 未分類 comment0 trackback0

社会科学のコミュニケーション

昨日六本木で開催された経済協力開発機構 (OECD)、経済産業省 (METI)、独立行政法人経済産業研究所 (RIETI)共催の

カンファレンス「ソフトウェア分野におけるイノベーション」-最新トレンドと産業競争力への示唆-

に参加してきた。

プログラム概要はこちら

今回初めて知ったのがカンファレンス開催元の一つである経済産業研究所 (RIETI)という組織。
.07 2008 サイエンスコミュニケーション comment0 trackback0

うまくいかないという体験がとても大切

ScienceWindow10月号は珍しく工学系(ロボット特集)。

特に実践(体験)を通した技術教育の重要性について書かれていた。


.02 2008 テクニカルコミュニケーション comment0 trackback0

ムラタセイコちゃんへの想い

siiko.jpg


幕張メッセで開催されている「CEATEC Japan2008」に行って来た。

先日書いたムラタセイコちゃんのステージも見ることができた。

恥ずかしがり屋なムラタセイコちゃんは、ほっぺが赤くなったり、青くなったりと芸が細かい・・・
.02 2008 テクニカルコミュニケーション comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター