情報通信系イベント案内2010年3月(備忘録)

jaxa_g9.jpg

最近Twitterでつぶいたまま忘れてしまうイベント多し。

備忘録代わりに3月分まとめておく(増えたらここに追記)。


電波の有効利用に関する国際シンポジウム

 日時:平成22年3月1日(月)12:00~17:30
 場所:東京都 信濃町
 主催:総務省
 概要:ビジネス的視点から見たホワイトスペースなど新たな電波の有効利用の可能性について
   :ホワイトスペースなど新たな電波の有効活用に関する政策的動向について
 登壇者:総務省原口一博、野村総合研究所村上輝康、マイクロソフト、インテル、他
 URL:http://www.soumu.go.jp/main_content/000055035.pdf


IPDC フォーラムシンポジウム

 日時:2010年3月3日(水)13:00~17:30(受付開始:12 時30 分)
 場所:東京都 三田
 主催:IPDC フォーラム
 概要:IPDC(IP Data Cast)に関する新サービス・新産業創出における課題の抽出や、国内外におけるIPDC の動向調査など
 登壇者:慶應義塾大学中村伊知哉他
 URL:http://www.ipdcforum.org/siryou/press100222.pdf

第3回情報学シンポジウム

 日時:2010年3月6日土)13:30~17:30
 場所:東京都 乃木坂
 主催:日本学術会議情報学委員会
 概要:情報分野のロードマップ、他
   :パネル討論「30 年後の未来予想としての情報分野ロードマップ」
 登壇者:日本IBM久世和資、日立総合計画研究所嶋田惠一、坂内正夫、坂村健、青山友紀、喜連川優、他
 URL:http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf/86-s-3-4.pdf
 

第4回 神楽坂 人・未来フォーラム
 
 日時:平成22年3月10日(水)15:00~18:00
 場所:東京 神楽坂
 主催:東京理科大学総合研究機構・神楽坂人未来フォーラム
 概要:パネル討論 「高齢化社会と防災対策」
   :携帯電話を用いた神楽坂商店会情報通知システム
   :ポスター発表他
 登壇者:神楽坂通り商店会会長福井清一郎、東京理科大学山本栄・長谷川幹夫、他
 URL:http://haselab.ee.kagu.tus.ac.jp/hase_lab/?p=1057


平成21年度情報通信政策フォーラム(ICPF)秋季セミナーシリーズ 「改革を阻む制度の壁」 シンポジウム「新たな時代の電波とメディア・コンテンツ政策」

 日時:3月15日(月)13:30分~16:45分(13時受付開始)
場所:東京都 大手町
 主催:ICPF
 概要:新たな時代の電波とメディア・コンテンツ政策
 登壇者:慶應義塾大学金正勲、情報経済研究所鬼木甫、慶應義塾大学夏野剛、メディアジャーナリスト津田大介、他
 URL:http://www.icpf.jp/


電波つながりで


進化する電波天文学~見えない電波で暗黒の宇宙を探る~』

 日時:2010年3月18日(木)19:00~20:30
 場所:東京都 三鷹
 主催:三鷹ネットワーク大学
 概要:電波による宇宙観測の特徴、電波望遠鏡の進化、ALMAの状況など
 登壇者:国立天文台名誉教授石黒正人
 URL:https://www.kouza.mitaka-univ.org/kouza/D0953000.php


どれにいけるかな。
.27 2010 情報・通信 comment0 trackback0

つぶやきログ(科学技術とか)2010年2月11日~2月20日

twitter-bird-final.jpg

●セルフふぁぼったー(科学技術とか情報通信とか展示とか電波とかイカとか)

2010年2月11日~2月20日分

ピックアップもろくにしてないつぶやきログ。

2月はほんとに早いなぁ

.23 2010 サイエンスコミュニケーション comment0 trackback0

「地球のミドコロ教えます -地形・地質から読み解く地球の魅力-(県立川崎図書館サイエンスカフェ)」

川崎図書館サイエンスカフェ

生命の星・地球博物館の齋藤靖二館長と平田大二さんがゲストのサイエンスカフェの案内。

齋藤靖二館長は、国立科学博物館のサイエンスコミュニケータ養成講習や自然史講座でお世話になった方。
著名な地質学者でありながら権威の中にも温かさを感じさせるお人がら。

博物館の地質コーナーを回りながら受けたソフトかつ熱い地質学解説を思い出す。

今回のサイエンスカフェでは、”ジオパーク”をキーワードに、大地の魅力や身近な地形の楽しみ方などをお話いただけるとのこと。

 日時:2010年3月6日(土)14時~16時
 場所:神奈川県立川崎図書館2階ホール
 募集人数:40名(参加費無料)
 募集期間:2010年2月25日(木)まで
 申込:ここから
 詳細URL:ここ

関連エントリー
「神奈川県立生命の星・地球博物館」に行ってきた。
.19 2010 イベント・セミナー comment0 trackback0

プレゼンノウハウを集めてみた: その5.プレゼン技術(ツール・素材)

ZA103373271033.jpg


------------------------------------
 その1.プレゼン極意(学術編)
 その2.プレゼン極意(ビジネス編)
 その3.プレゼン技術(話し方・伝え方)
 その4.プレゼン技術(資料作成術)
その5.プレゼン技術(ツール・素材)
 番外.参考書籍
------------------------------------

極意、話し方、伝え方、作り方ときて、今回は道具の紹介。
ツールと素材。

.19 2010 テクニカルコミュニケーション comment0 trackback0

「破壊の前に創造を」No Man’s Land 【ノーマンズ ランド】へ駆け込みでいってきた。

NML_200-94f14.jpg

フランス大使館新庁舎オープンに伴い取り壊される旧フランス大使館。

壊される前の館内、事務室、廊下、資料室、階段、地下室、中庭など、屋内外のあらゆる空間を使い、アーティスト達が好き勝手に展示する。

限定ものに弱い性分。
大使館内に入ってみたい気持ち半分。
パンクな展示をみてみたい気持ち半分で、

「破壊の前に創造を」
  No Man’s Land 【ノーマンズ ランド】


に行ってきた。

芸術の素養がない私にとっては、
ちょっと荒れた高校の文化祭風(すみませんアーティストの皆さん)。
懐かしいような切ないような。
.15 2010 展示 comment0 trackback0

つぶやきログ(科学技術とか)2010年2月1日~2月10日

twitter_icon02.jpgMirjami Manninen

●セルフふぁぼったー(科学技術とか情報通信とか展示とかミニアゴラとか孫さんとか)

2010年2月1日~2月10日分

ピックアップもろくにしてないつぶやきログ。

2月は早いなぁ

.13 2010 サイエンスコミュニケーション comment0 trackback0

「iPhoneを使った科学館学習支援システム実験」参加者募集(科学技術館)してるから今年こそ

iphone2010.jpg

今年も科学技術館でiPhoneを使った学習支援システム実験をやるようだ。

科学技術館は、独立行政法人 産業技術総合研究所サービス工学研究センターとソフトバンクモバイル株式会社の協力を得て、装着型センサや携帯情報端末を使った科学館学習支援システムに関する調査研究を行っています。
下記のとおり「iPhoneを使った科学館学習支援システム実験」を実施いたしますので、ぜひご参加ください。
  
実施期間:2010年2月22日(月)~3月7日(日)
受付時間:10:00~15:00
実施内容:装着型センサや携帯情報端末を身につけて、30分~1時間程度の科学技術館見学をしていただきます。
        見学後、アンケートにご協力ください。
参加方法:科学技術館ご入館後、4階シンラドーム近くの受付にて承ります。
 
URL:http://www.jsf.or.jp/info/2010/02/post_232.php


本実験は平成18年度から継続的に実施されていて、使用端末は毎年変更されている。

 >「iPhoneを使った科学館学習支援システム実験」の体験レポートを見て思う

昨年のいまごろは、”次はAndroidかな”と書いていた。

 >「iPhoneを使った科学館学習支援システム実験」に思う。

でも、予想は外れて今年もiPhone。
iPhone強し。

3月7日まで。
今年は参加してみたい。

関連エントリー
:「iPhoneを使った科学館学習支援システム実験」の体験レポートを見て思う
「iPhoneを使った科学館学習支援システム実験」に思う。
.12 2010 イベント・セミナー comment0 trackback0

「ちょっと気になる芸術工学 ~ 産・学・官・民 連携が生み出す新たなデザイン ~」が気になったからみてきた

art_tec0.jpg

六本木で開催されている。

 東京ミッドタウン・デザインハブ第20回企画展
 「ちょっと気になる芸術工学 ~ 産・学・官・民 連携が生み出す新たなデザイン ~」


をみてきた。

あまり下調べもせず、「芸術工学」と言う字面に惹かれて。

すぐ近くの国立新美術館で開催されている
「文化庁メディア芸術祭」の先端ショーケース的なものを想像していたのだが。
.11 2010 行って来た comment0 trackback0

プレゼンノウハウを集めてみた: その4.プレゼン技術(資料作成術)

softbunk_sl2.jpg

------------------------------------
 その1.プレゼン極意(学術編)
 その2.プレゼン極意(ビジネス編)
 その3.プレゼン技術(話し方・伝え方)
その4.プレゼン技術(資料作成術)
 その5.プレゼン技術(ツール・素材)
 番外.参考書籍
------------------------------------

前回の『その3.プレゼン技術(話し方・伝え方)』では、構成の組み立て方や話し方について、主に本番での伝え方に言及している情報リンクを紹介した。

今回はプレゼンで使用する資料の作り方。
プレゼンを補完するスライド資料。
わかり易いスライドはすっと頭に入ってくる。
印象的なスライドはグッと心に響いてくる。

パワポのテクニックを中心に、資料作成の際に気をつけたい点についてまとめたサイトのリンクを集めてみた。




.10 2010 テクニカルコミュニケーション comment0 trackback0

21世紀の科学技術リテラシー第3回シンポジウムに参加してきたメモ

21世紀の科学技術リテラシー3回

21世紀の科学技術リテラシー第3回シンポジウム」に行ってきた。

本シンポジウムはJST社会技術研究開発センターが設置する「科学技術と人間」
研究開発領域の研究開発プログラム「21世紀の科学技術リテラシー」の
研究開発プロジェクトの成果発表会。今回は平成18年度に採択された4件分。

昨年も同時期に別年度分の発表会が開催されていた。

 >21世紀の科学技術リテラシー第2回シンポジウムに参加してきた(備忘録)

今年はTwitterとUstream中継(録画なし)を導入。
ただし会場内のtwitterr率は低し(年齢層は高し)

Twitterのつぶやきログはこちらにまとめてみた。togetterって便利だね。

 >「21世紀の科学技術リテラシー」第3回シンポジウムTwitterまとめ

昨年は一部を除いて、
”科学技術リテラシー向上のために市民と実証実験してみました”
的な報告が多かったが、

今年は実証実験した結果を踏まえて
”継続的に利用できるフレームワーク開発”
まで踏み込んでいたのが印象的。

また、社会調査には、時間とパワー、そして幅広い統計・分析知識が必須なんだなと改めて認識。
それゆえ、民間ではなく、税金を使ったこうした研究プロジェクトでやる意義はある。
ただ、時限的なプロジェクト研究の継続や成果の将来的な利活用は課題だなと。

以下はメモ(途中)。

.07 2010 サイエンスコミュニケーション comment0 trackback1

つぶやきログ(科学技術とか)2010年1月21日~1月31日

twitter_icon_Mirjami ManninenMirjami Manninen


●セルフふぁぼったー(科学技術とか情報通信とか展示とかプレゼンとかアバターとか)

2010年1月21日~1月30日分

独り言などをてきとうに省いたピックアップログ

備忘録代わりにRTした奴は結構忘れている。
つぶやきにもフローとストックがあるから、
こうして見返すのも必要だよな。

.04 2010 サイエンスコミュニケーション comment0 trackback0

プレゼンノウハウを集めてみた: その3.プレゼン技術(話し方・伝え方)

son_pre.jpg


------------------------------------
 その1.プレゼン極意(学術編)
 その2.プレゼン極意(ビジネス編)
その3.プレゼン技術(話し方・伝え方)
 その4.プレゼン技術(資料作成術)
 その5.プレゼン技術(ツール・素材)
 番外.参考書籍
------------------------------------

本日夕方開催されたソフトバンクの第3四半期 決算説明会。
Ustreamでも配信され。大きな話題を呼んだ。

 >2010年3月期 第3四半期 決算説明会(SoftBank)

Jobsとはまた違い朴訥としたしゃべり。
だが、説明は明快。でてくる数値はいちいち心に響く。
どうしたらこんなしゃべりができるのか?

 『その1.プレゼン極意(学術編)』 『その2.プレゼン極意(ビジネス編)』で、
”効果的なプレゼンには何が必要か?”について述べたサイトを紹介した。
今回は、”ではどうやれば効果的か?”
についてhowに言及した記事を『その3.プレゼン技術(話し方・伝え方)』としてピックアップ。
.02 2010 テクニカルコミュニケーション comment0 trackback0

プレゼンノウハウを集めてみた: その2.プレゼン極意(ビジネス編)

jobs_ipod.jpg

ビジネスプレゼンのお手本のように扱われるJobsのプレゼン

先日もiPodの発表に現れたJobs。

驚きを与える。
夢を魅させてイメージ(ブランド)を刷りこむ。

聴衆はいつのまにか買うための理由付けを自ら探り始めてしまう。

見事である。

実際のプレゼンの現場はこんな派手じゃないとしても、
ビジネスにはプレゼンの場は多い。

ビジネスプレゼンは”決断を迫る”プレゼン
学術プレゼンの”伝える”プレゼンとはまた違ったやり方が必要。
それは見た目の華やかさに反して泥臭く、時に巧妙。

ってことで今回は『プレゼン極意(ビジネス編)』として、
”買う気にさせる”プレゼンノウハウについて書かれたサイトをピックアップ。

------------------------------------
 その1.プレゼン極意(学術編)
その2.プレゼン極意(ビジネス編)
 その3.プレゼン技術(話し方・伝え方)
 その4.プレゼン技術(資料作成術)
 その5.プレゼン技術(ツール・素材)
 番外.参考書籍
------------------------------------

.01 2010 テクニカルコミュニケーション comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター