ウメサオタダオ展 脳内展開展示に関心感心

ウメサオ展 (30)

日本科学未来館で21日から始まった企画展

 「ウメサオタダオ展 -未来を探検する知の道具-」

の友の会員向け内覧会に行ってきた。

なんと国立民族学博物館小長谷有紀教授による解説ツアーつき。

「知の巨人」梅棹忠夫氏の知的生産の過程と成果を紹介した展示を丁寧に説明いただいた。

梅棹氏の魅力を堪能。


そして、その魅力を引き出す展示方法も気になったのでメモ。



.25 2011 展示 comment0 trackback1

五反田にルーヴル美術館

ind_main_img8.jpg

東京は五反田にある大日本印刷の一階に小さなショールームがある。

パリのルーヴル美術館とDNP大日本印刷による共同プロジェクト
として2006年より活動している

 『ルーヴル・DNPミュージアムラボ

である。

新しい技術や手法を取り入れた美術鑑賞システムの実験場となっていて、
インタラクティブなシステムを見て触って体験することができる。



.15 2011 展示 comment0 trackback0

この冬行きたい博物館・美術館メモ(2012)-レポートいくつか追記-

犬・冬

気がついたらもう12月。
紅葉狩りを楽しんだのはつい半月前、
一気に寒さ到来、冬到来。
この秋いきたい博物館・美術館』もまだ見終わってないのに、
冬のイベントも目白押し。

科学も技術も芸術も全てごちゃまぜ。
だってどれも好きだから。

いくつ見られるかな「この冬行きたい博物館・美術館メモ」
.04 2011 展示 comment0 trackback0

太郎のパブリックアートが集合『川崎市岡本太郎美術館』

岡本太郎美術館 (11)

小田急線の向ケ丘遊園駅から徒歩17分。
生田緑地の奥に佇む『川崎市岡本太郎美術館』。

気になる企画展があるものの何かのついでに訪れるにはちと行きづらい場所。
一人自由になる時間がふとできたのでフラリといってみた。

目当ての企画展はこれ↓
 芸術と科学の婚姻

岡本太郎生誕100年記念展
「芸術と科学の婚姻 虚舟 (うつろぶね) 
―私たちは、何処から来て、何処へ行くのか」展

.02 2011 展示 comment0 trackback0

つぶやきログ(科学技術とか)2011年11月1日~11月30日

twitter_2_256.png


●セルフふぁぼったー(科学技術とか岡本太郎とかサイエンスアゴラとか紅葉狩りとか)

2011年11月1日~11月30日

困った人たちに振り回されてぼやきが多かった月。
親しき人たちの変容に考えさせられることしばし、
そして人のふり見てわがふり直せと自省な月。

自分の今後、事業の10年後を考えて、
かき集めたパズルが上手くはまらず焦る毎日。

そんなこんなで11月も溜めにためたつぶやきログ。

.01 2011 未分類 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター