乗ってきた。

乗馬


引き馬なしの乗馬。

手綱はハンドル。
足はアクセル。
呼吸を合わせてパッカパカ。

乗り物なのに生き物。
生き物なのに乗り物。
二つが一体になった不思議な感覚。

それにしても、これに乗って牛を捕まえたりとか、弓を撃ったりとか、競争とか信じられん。

内股が痛いよ。


※写真はイメージです。


.31 2012 行って来た comment0 trackback0

「ひかり*くうかん じっけんしつ」で《10番目の感傷(点・線・面)》を体験できるよ

ひかりくうかん (1)



東京は初台のICC(NTTインターコミュニケーション・センター)で開催されている、

 『ひかり*くうかん じっけんしつ

に行ってきた。

ICCの夏休みむけキッズ・プログラム。
されど大人も楽しめるプログラム。


.25 2012 行って来た comment0 trackback0

浮かんできた。

気球


早朝の高原に浮かぶ。

見た目のフワフワ感と、
実際の乗り心地のギャップにビックリ。

熱い。
うるさい。
気球2

熱気球と言われる所以を体感。

これに乗ってカッパドキアやサバンナをいつかは回遊したいななんて思っていたが、
ちょっとどうしようか心が揺れ動く(いやそもそも、そんな金も時間もないけど・・・)。


でも視界360度の景色は抜群。







.25 2012 行って来た comment0 trackback0

『カブトムシとクワガタの最新科学』パパ・ママにもおすすめムシ本

120814_img_w150.jpg
カブトムシとクワガタの最新科学 (メディアファクトリー新書)


おすすめ本の紹介をサイエンスポータルに寄稿。

 『カブトムシとクワガタの最新科学』SciencePortal科学のおすすめ本

カブトムシとクワガタのあれやこれや、なにやこれや。

夏休み後半、テンションが落ちた子どもの代わりに育ているパパも、
ムシ嫌いで、ムシカゴ(と子ども)をもてあまし気味のママも、

これを読んでせめてムシワールドに浸りましょう。


.19 2012 サイエンスコミュニケーション comment0 trackback0

『TOKYO研究所紀行』片手にふらりと出かけたい。

TOKYO研究所紀行
TOKYO研究所紀行 (玄光社MOOK TOKYO INTELLIGENT TRIP 2)

あぁこれこれこんな感じの欲しかった。
理想に近い本。

研究所の魅力が写真と紀行文でおしゃれに紹介されている。

その数、28施設。





.16 2012 展示 comment0 trackback0

「サイエンスリンク―キミとカガクをつなぐ夏―」開催間近

サイエンスリンク

大学生主催の子供向けの体験型科学イベントが開催されるらしい。

日時:2012年8月16日(木)10:00~17:00
会場:日本科学未来館7階
URL:http://sc-link.net/index.html

理科イベント実施経験のある約10もの大学生主体の団体が一同に集まるイベント。

大人より歳が近く、同じ学ぶ立場であることから生まれる親しみやを売りとし、
その親しみの中で、従来の大人が開催する科学イベントや学校の理科の授業
では感じにくい科学の楽しさ、科学と子供達自身のつながりを伝えるとのこと。

大学のチームがそれぞれ趣向を凝らしたイベント
(サイエンスショー・科学体験・科学工作・etc)を用意しているようだ。

 http://sc-link.net/contents.html

ガンダムを見にお台場に行くついでにでも顔をだしてみてはどうだろうか?

また

.15 2012 サイエンスコミュニケーション comment0 trackback0

「生きる形」展で、若冲のリアル鶏図を見た

生きる形展

東大本郷に新設された東京大学伊藤国際学術研究センターで開催中の、

 「生きる形」展

を見てきた。

一年以上も前に開催されたシンポジウム『大学博物館の可能性 -展示表現の挑戦-
で予告のあった展示会。
解剖男こと遠藤秀紀氏プロデュース。
科学と芸術の異色のコラボレーション展示


.13 2012 展示 comment0 trackback0

美術の遊びとこころ 日本美術デザイン大辞展

Design_chirashi_ページ_1

東京は銀座の三井記念美術館で開催中の

 「日本美術デザイン大辞展

をのぞいてきた。

飛び出す絵本ならぬ、飛び出す美術辞典。
日本の美術に関する、文様や画題、技法や材料などの専門的な用語と、
それに関連する作品が五十音順にならんでいる遊び心あふれる展示


.10 2012 展示 comment0 trackback0

夏休み自由研究お役立ち参考サイト(2012)

自由研究

先日の科学イベント配布用に調べた自由研究参考サイト。
ちらっと調べただけであるわあるわ。

でも情報が古くでリンク切れ切れのリンクサイトだったり、
自由すぎてこれ研究か?みたいのがあったりと玉石混淆。

そんな中でこれは良いかなと思われるサイトをピックアップ。
紙配布だけじゃもったいないので公開しておく。

.07 2012 サイエンスコミュニケーション comment0 trackback0

つぶやきログ(科学技術とか)2012年7月1日~7月31日

the-crow-eusebiu-rusu.jpg


●セルフふぁぼったー(科学技術とか、研修とか、祭りとか、セミとか、カブトムシとか)

2012年7月1日~7月31日
 
暑い夏がやってきた。
毎年この時期は事業的にも熱い。
さらに今年は一段上を目指した研修や資格試験にもチャレンジな7月。

ただでさえ寝不足の夜中にカブトムシは飛んでくるは、
セミの羽化に遭遇するは花火は上がるはで休んでないのに夏休み気分も満喫。

そんなこんなでひまわり開花まであと少しな7月のつぶやきログ。

.07 2012 未分類 comment0 trackback0

サイエンスナビ『手回し発電機で電気をつくってみよう』開催8月5日(日)

サイエンスナビ20120805



国立科学博物館のミュージアムショップ内のイベントスペースにて、
サイエンスナビを開催します。

 日時:2012年8月5日(日)11:00~、13:00~、15:00~(各回30分程度) 
 場所:国立科学博物館ミュージアムショップ奥のナビコーナ(東京・上野)
 概要:手回し発電機を使ったエネルギーを作り出す実験
 パンフ:http://www.zenkashin.org/?action=common_download_main&upload_id=685

電気を起こす実演のほか、実際に発電グッズを使って電気を作ることもできます。
他にもエネルギーを生み出すグッズの紹介もあり。
夏休みの自由研究に役立つかも。


.03 2012 サイエンスコミュニケーション comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター