血まみれだけでもない 「没後120年記念 月岡芳年」展

月岡芳年展

東京は原宿にある太田記念美術館で開催中の

 「没後120年記念 月岡芳年」展

を観てきた。

おどおどしい無惨絵の描き手としても知られ、
「血まみれ芳年」とも言われてることから、
いまいち乗り気ではなかったのだが、
あの歌川国芳門下であり、「最後の浮世絵師」と呼ばれる芳年の作品を
一度にまとめて観られる機会はそんなにないしと覗いてみた。



.30 2012 展示 comment0 trackback0

深まる秋に行きたい美術展 和の三本(2012)

浮世絵


ちょっと前まで半袖だったのにそろそろ上着が欲しいかな的な秋。

 >初秋の候いきたい博物館・美術館メモ(2012)

でリストアップした展覧会も行けてないうちから次から次へと
魅力的な企画の情報が流れてくる。

忘れないうちにメモっておこう。

和の3本。

-----------
没後120年記念 月岡芳年

没後120年記念 月岡芳年
会期:~2012年11月25日(日) ※月曜定休 10/29~31日休館
会場:太田記念美術館(東京・表参道)
概要:代表作や新発見を含む200点以上の作品を通して、
   今年没後120年を迎える月岡芳年の全貌を紹介
URL:http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/H241011tsukiokayoshitoshi.html
注:前後期で展示入替 前期~10月28日(日)

-----------
伊藤若冲 感性インスパイア作品展

伊藤若冲感性インスパイア作品展
会期:2012年10月30日(火)~11月5日(月)11:00–21:00(最終日18:00まで)
会場:明治神宮外苑絵画館前 中央会場:TENT内(東京・外苑前)
概要:国内外のあらゆるジャンルのトップクリエイターが、
   現代のアートやデザインに多大なる影響を与えた伊藤若冲に
   インスパイアされた作品を発表
URL:http://www.tdwa.com/tdw/special/exhibition/inspire_jyakuchu.html
TOKYO DESIGNERS WEEK 2012 内の特別企画

-----------
はじまりは国芳

はじまりは国芳 ―江戸スピリットのゆくえ
会期:2012年11月3日(土・祝)~2013年1月14日(月・祝)木曜定休 12月29日(土)~1月3日(木)休館
会場:横浜美術館(神奈川・みなとみらい)
概要:国芳の系脈に連なる画家たちの幅広い展開を、4章立て約250 点でたどる
URL:http://www.yaf.or.jp/yma/exhibition_web/100/
注:前後期で展示入替 前期~12月5日(木)

-----------

浮世絵の展覧会は、前後期入替するから気をつけないと。


.18 2012 展示 comment0 trackback0

路地裏に岡本太郎 『TAROが町にやってくる!』

岡本太郎_谷中 (10)

東京は谷中のギャラリー「マルヒ」で展示中の

 「TAROが町にやってくる! ~岡本太郎グッズコレクション~

を覗いてきた。


谷中の細い路地裏にある
元質屋という築95年の民家を利用したギャラリーでの異色の展覧会


.11 2012 展示 comment0 trackback0

一夜限りの幻想風景 岡本太郎記念館 『One Night Illusion』(2012.10.07)

One Night Illusion2012 (1)

東京は表参道にある岡本太郎記念館。

そこで一年に一度だけ展開される幻想風景。

 『One Night Illusion』

に浸ってきた。



.09 2012 展示 comment0 trackback0

アラブのいま 『アラブ・エクスプレス展』

アラブ・エクスプレス (13)
クリエイティブコモンズ
ハリーム・アル・カリーム 《無題(「都会の目撃者」シリーズより)》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示・非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。


東京は六本木の森美術館で開催中の
 
 『アラブ・エクスプレス展 アラブ美術の今を知る 』

に行ってきた。

特にアラブ美術に興味があったわけではなく、
招待チケットをいただいていたので、近くにいったついでにふらりと寄ってみたのだが・・・。
強烈に突き刺さる展覧会だった。

.03 2012 展示 comment0 trackback0

つぶやきログ(科学技術とか)2012年9月1日~9月30日

rocking-twitter-icon.jpg


●セルフふぁぼったー(科学技術とか、財務とか、リスクコミュニケーションとか、ルンバとか)

2012年9月1日~9月30日
 
自分ではどうにもコントロールできないことに見舞われて、
ストレスフルな9月。

もろもろバランスとタイミングが不安定。

心を豊かにするためのミュージアム巡りが、
なんとなく無理やりストレスを相殺させるための手段に。

後ろ向きな仕事を前向きにする難しさ。
今月は好転させたい。そんなつぶやきログ。

.02 2012 未分類 comment0 trackback0

震災と情報通信を考える3冊

あれから一年半。


あの時、情報はどう伝わったのか、伝わらなかったのか。
その時、IT屋は何をしたのか、できなかったのか、

現場にいない僕たちに届く情報はソーシャル万歳な言説が多い。

果たしてソーシャルメディアは本当に役に立ったのか、

情報を作り出す側、届ける側、届けられる側。
複数視点で見つめなおし、次に何をすべきか考えるために読んだ本。

いずれも地道な取材や、詳細な分析、現場のリアルな声が載っている。

有事のコミュニケーションはかくあるべきか、
サイエンスコミュニケーション的にも参考になる文献だと思う。
紹介がてら載せておく。



●情報を創った人たちの話。
IT時代の震災と核被害

   『IT時代の震災と核被害 (インプレス選書)

前半は、震災関連情報を収集・整理して届けたIT集団の初動レポート。
後半は、社会科学者や原発識者による検証。ITに関係しない論考もあり。


●現地で情報を受け取った(受け取れなかった)人たちの話。
311被災地の証言


   『3.11 被災地の証言 ー東日本大震災 情報行動調査で検証するデジタル大国・日本の盲点ー


宮城・岩手・福島県の在住者約3000人を対象に情報行動調査。
情報発信側からは見えない、情報空白地帯の実態。
伝わることの難しさを知る。


●情報を届ける人たちの話。
災害弱者と情報弱者1

   『災害弱者と情報弱者: 3・11後、何が見過ごされたのか (筑摩選書)

震災・事故の情報は、何がどのように誰に届いたのか。
複数のメディアのデータを元に分析。
分析手法(手法の限界)についても丁寧に説明されている。

社会的弱者が、情報弱者、災害弱者となる様をあぶり出し、
情報を伝える側が気をつけるべきことを検証していく。
同時に情報を受け取る側のメディアリテラシーにも言及。

.01 2012 サイエンスコミュニケーション comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター