メタファーを実体化 「フカシギの数え方 The Art of 10^64 -Understanding Vastness-」

フカシギの数え方

東京はお台場の日本科学未来館で開催中の

 「フカシギの数え方 The Art of 10^64 -Understanding Vastness-

会場で流されているアニメのYoutubeでの視聴が100万回を超えるなど、
開始当初から話題になっていたので、知っている人も多いだろう。

.28 2012 テクニカルコミュニケーション comment0 trackback0

贅沢な浮世絵の風景画展 「北斎と広重 きそいあう江戸の風景展」

北斎と広重

東京は町田にある町田市立国際版画美術館で開催されている、

 『北斎と広重 きそいあう江戸の風景展

に行ってきた。

江戸の風景画の二大巨匠、「葛飾北斎」と「歌川広重」
さらに、二人につながる絵師たちの系譜。
前後期併せて計約422点もの作品展示。

「冨嶽三十六景」と「東海道五拾三次」ってどっちがどっち?
あの有名な波の絵は誰が描いた?富士山は?
この辺が曖昧な人も(俺だけか…)
とても理解しやすい展示構成だった。



.22 2012 展示 comment0 trackback0

粋で巧な『Design-江戸デザインの“巧・妙”』展は浮世絵好きにもおすすめ

江戸デザインの巧妙

東京は表参道の紅ミュージアムで開催中の小さな展覧会

 『 Design-江戸デザインの“巧・妙”

を覗いてきた。

これ良いです。

和っぽいもの好き、浮世絵好きにはお勧めです。


.20 2012 展示 comment0 trackback0

地下神殿 「首都圏外郭放水路特別見学会」に行ってきた。

首都圏外郭放水路 (9)

一度行ってみたかった地下神殿。

遺跡萌え的空間に興奮。



.19 2012 行って来た comment0 trackback0

冬になる前に行きたい博物館・美術館メモ(2012)レポート追記

MP900438520.jpg


紅葉狩りに行きたいなぁなんて思ってたら、
あっというまにこの辺も色づいちゃってて、
気づいたら11月も残りあと少し。

焦って展覧会予定を見直したら、
11月末~12月に終了するもの多し。
まだ前にメモッた奴も全部行けてないのに・・・。

 >深まる秋に行きたい美術展 和の三本(2012)
 >初秋の候いきたい博物館・美術館メモ(2012)

それでも、メモだけはしておこう。
なにかのついでに寄れればいいな。

冬になっちゃうけど行きたい博物館・美術館リスト

.18 2012 展示 comment0 trackback0

サイエンスアゴラ2012雑感(整備された広場に抜けおちた何か) #sciagora12

横串フィールドネット2012


今年もサイエンスアゴラが終わった。

サイエンスコミュニケーションネットワーク横串会として参加して5年目。
来場者としては6年目となる。

これまでのアゴラの推移と今年の様子については、
横串会で5年間ご一緒させていただいているフジタツヨシさんが
詳細にまとめて下さっている。

 >【科学】サイエンスアゴラ2012に出店してました:2012年11月14日(フジタツヨシの新宿通信)

  『サイエンスアゴラは、みんなでより合って何かを作る場ではなく、行う場になりました。』



うむ。

内容は概ね同意(と一言で済ませてみる)

私にはこんなに上手くまとめられないので気づいたこと忘れないうちにをざっくりと。

.16 2012 サイエンスコミュニケーション comment0 trackback0

サイエンスアゴラ2012 横串会特設サイト『横串フィールド.ネット』今年の取り組み

横串フィールド2012


今年もはじめました。
季節外れの冷やし中華じゃありません。

横串会サイエンスアゴラ2012参加企画を地味に支えるWebサイトのことです。

 『横串フィールド.ネット2012

リアル版横串フィールド横串会の面々が、休憩所や昼飯難民対策の先鞭を打ってきた裏側で、
ネット版も、ソーシャルメディアの利用やアーカイブを先取りしてきました。

 >サイエンスアゴラでのネットツール活用変遷メモ
 >サイエンスアゴラ横串フィールド.ネットも4年目だ。

本サイトが(見た目のキレイさはさておき・・)実現してきた機能は、
サイエンスアゴラの公式サイトもほぼほぼやるようになってきたので、
もう横串会の会員イベントの告知以外にやることはないかな?と思いつつ、
事前告示系のアーカイブでとってみるかなと、twitterやWebサイトでの
告示具合を集めて始めてみました。

 >サイエンスアゴラ2012事前告示や宣伝など

サイエンスコミュニケーション関係なくね?との突っ込みも聞こえてきそうですが、
横串会サイエンスコミュニケーションネットワーク横串会)の設立目的にはこうあるんですよね。

『サイエンス・コミュニケーション関心者(研究者、実践者、学習者、
 興味者など、サイエンス・コミュニケーションに“関心”を寄せる
 全ての者を称する)が立場や活動の枠を超えて横断的な交流や情報
 交換、互学、協働を自主的にできる場や機会を創出する「器」として
 サイエンス・コミュニケーションを促進する。』設立趣意書より



草の根サイエンスコミュニケーションやっている人ってイベントの広報に苦労しているとよく耳にします。
だから、他がどんな告示しているのかとまとめて取っておいてあとで参考にできればいいかなと。

なんて理由付けしてみましたが、ここまで続けたから、個人的に草の根サイエンスコミュニケーションのネット利用について、何かしらまとめたいと思っているのですよね。そう思いつつ5年目・・・。



.08 2012 サイエンスコミュニケーション comment0 trackback0

つぶやきログ(科学技術とか)2012年10月1日~10月31日

MP900178901.jpg


●セルフふぁぼったー(科学技術とか、デザイン思考とか、事業計画とか、岡本太郎とか、運動会とか)

2012年10月1日~10月31日
 

残暑から一気に秋めいた10月。
公私ともに考え事が多くて思考実験を繰り返した10月。
インプットとアウトプットのバンランスが悪かった10月。

でも、なんとなく方向性は見えた。
あとは実地検証あるのみ。

冬に向けて逆に外に飛び出そう。
そんなつぶやきログ。

.04 2012 未分類 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター