リニューアルしたTARO空間 「創造のゆりかご —岡本太郎のアトリエ」

創造のゆりかご


耐震工事のために3か月ほど休館していた岡本太郎記念館。

リニューアル後の企画展

 「創造のゆりかご —岡本太郎のアトリエ」

に子どもを誘ってお邪魔してきた。


.20 2014 展示 comment0 trackback0

死と生を見つめる仕掛け 「かないくん展」

かないくん (7)

渋谷のParcoMuseumでスタートした

 「かないくん展

に寄って来た。

死ぬとどうなるの。「ほぼ日」の死と生の展覧会。

.16 2014 展示 comment0 trackback0

たんぽぽに包まれた ほんわか時空間 「たんぽぽの幸い展」

ex_tanpopo2014.jpg

東京は西荻窪のURESICA(ウレシカ)で開催中の

 「たんぽぽの幸い展

に子どもを連れて行ってきた。

目的は、関連イベントの「@自然科学トーク講座(1)『たんぽぽのヒミツ~進化を楽しむ~』」の聴講。


講師は日本では5人しかいないと言われるたんぽぽ研究家。そう、つまり日本で5本の指に入ることになる「たんぽぽ博士」こと保谷彰彦さん。


.13 2014 行って来た comment0 trackback0

やだ、これ欲しい! 「超合金 太陽の塔のロボ」(追記あり)

超合金 太陽の塔のロボ|魂ウェブ


昭和の魂が奇跡を生んだ!太陽の塔のロボ

「塔形態」から「ロボ形態」へ、さらに「超兵器発動形態」へと驚異の三段変形。
「権元である岡本太郎記念館館長の平野暁臣氏からのリクエストで「上半身も変形して欲しい」旨を仰せつかったので、変形に支障の無い首から上に追加武装を施すことにした。」
 ※「超合金 太陽の塔のロボ」特設サイトより



ですって。


「メーカー希望価格:17,000円(税別)」


うーむ。


2014年9月27日販売予定
2014年5月8日より店頭予約開始

2014年5月10日、11日に秋葉原でお披露目があるらしい。


「超合金 太陽の塔のロボ」特設サイト
魂の夏コレ 2014


<追記>

アマゾンで予約開始。




<さらに追記>

岡本太郎記念館のミュージアムショップですでに展示されていた。

超合金太陽の塔

<追記/>

.07 2014 未分類 comment0 trackback0

秩父鉄道車両基地公開イベント「わくわく鉄道フェスタ 2014」開催に先立ち今更ながら2013に行ってきたレポート。

わくわく鉄道フェスタ2013 (18)

田園地帯や、荒川、秩父の山々など総延長71.7キロの田舎自然の中、埼玉県北部を東西に横断するイブシ銀な鉄道。
他鉄道会社の旧車両の払い下げを受けて数年毎に車両の色が変わるこだわり無き鉄道。
都心から一番近くで走るSLが見られる鉄道。

そんな愛すべき埼玉ローカルな秩父鉄道の車両基地公開イベント、

 『 わくわく鉄道フェスタ 2014

が開催される。

会期:平成 26年5月17日(土)10:00~15:00
会場:秩父鉄道 広瀬川原車両基地(埼玉県熊谷市大麻生)


普段入れないところに入れるワクワク感は、鉄っちゃんでなくともそそられるもの。

昨年の様子を参考までに。

.05 2014 行って来た comment0 trackback0

60歳の童心 「ピカソの陶芸」

ピカソの陶芸1



埼玉は北浦和にある埼玉県立浦和美術館で開催中の

 『ピカソの陶芸-地中海にはぐくまれて

をのぞいてきた。


美術館改修工事後の初の企画展。

ピカソの愛とユーモアあふれる陶芸作品展。



.03 2014 展示 comment0 trackback0

観てきたけどそれっきりの展覧会で気になった作品とりあえずメモ(2014冬~春)

アートナイト2014

だいぶ暖かくなってきた。
外回りがてら散歩がてらにふらりと美術館に立ち寄りやすい季節。

案内見てると行きたくなる。
行くとまた次も見たくなる。
気になる作家が増えてくる。

浮世絵に大和絵、具象画にインスタレーション。

見られるときに見ておこう。

そんな行動の軌跡メモ。





.02 2014 展示 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター