画狂老人が繰り出す花鳥風月色彩美 「北斎展」

ボストン美術館 浮世絵名品展 北斎


東京は上野の上野の森美術館で開催中の

 「ボストン美術館 浮世絵名品展 北斎

を観てきた。

有名な作品からあまり見かけない稀少な作品まで盛りだくさんな展覧会。

.30 2014 展示 comment0 trackback0

東京国立博物館がスクリーンに!他、秋のヒカリ系イベント

月


肌寒さを感じるようになってきた今日この頃。
気が付いたら今週末はもう11月。
そんな11月初めの連休に、気になる映像系イベントいろいろ。

大型プロジェクションマッピングに、オキュラスPV、幻想とリアルの映像ショー多数。


.29 2014 イベント・セミナー comment0 trackback0

サイエンスアゴラ2014 見るつもリスト

program_ページ_01

サイエンスコミュニケーションネットワーク横串会として出展しなくなって今年で2年目。
参加しないとなると興味も薄れてあまり気にしてなかった今年のサイエンスアゴラ

開催まであと10日近くになって、毎日のように方々からイベントの知らせが届くようになる。

もともと科学コミュニケーション研究会のセッションだけ参加するつもりだったのが、
別のセッションの誘いも受け、結局土日二日ともお台場に行くことになった。

せっかくあそこまで二日も通うのだから、他のイベントもちゃんと見ておこうかと案内(今年はExcelファイル提供なのね)を開いたらあるわあるわ200近くのプログラム。

プログラムだけ見ると、地方の祭&商業見本市よろしく、出展者もイベントの内容も固定化されてきて安定感あるイベントになったようにみえる。
運営側の用意した講演モノもカッチリしてそうだ。

それはさておき、気になるプログラムをピックアップして見るつもりリストを作成してみた。

.27 2014 サイエンスコミュニケーション comment0 trackback0

二度見した「【特別展】輝ける金と銀―琳派から加山又造まで―」 #金と銀展

金と銀展 (60)

東京は恵比寿の山種美術館で開催中の、

 「【特別展】輝ける金と銀―琳派から加山又造まで―

を観てきた。

今回、ブロガー内覧会なるものに初めて参加。

 >山種美術館 ブロガー内覧会「【特別展】輝ける金と銀―琳派から加山又造まで―」(@山種美術館)をリアルタイムでレポートしよう!


.26 2014 展示 comment0 trackback0

サイエンスコミュニケーターの役目とは 『子供の科学』創刊号公開に思う。

子供の科学創刊号

今月10月で90周年を迎えた『子供の科学』が、傑作集として創刊号をネットで公開していた。

 『90th 創刊号も読める!! 子供の科学 傑作集

この創刊号の最初のページには、創刊した原田三夫氏による読者へのメッセージが載っている。

以前、当ブログでも紹介した「この雑誌の役目」と題した文だ。


科学をつたえるといふこと


子供の科学』の編集長になる人は必ず深く読み込むように指示されるというこの文は、科学雑誌編集者の役目に留まらず、広くサイエンスコミュニケーターが担う役割としても読むこともできる。

・いそがしい研究者に代わってびっくりすることや面白いことを伝える。
・わかりやすく面白くするために写真や絵を揃えて伝える。
・理科の本に書かれている以外のことも紹介する。
・簡単な器械の仕組みを伝えて読者の好奇心を喚起する。
・科学の本当の姿を伝える。

そして、人間が自然に従って生活を楽しく豊かに暮らせるようにすることを目指している。


.13 2014 サイエンスコミュニケーション comment0 trackback0

踊る巨大建機ショー「コマツテクノセンター『夏休みはたらくのりものちびっこ見学会』」

コマツ (2)

伊豆にある「コマツテクノセンター」で開催された

 『夏休みはたらくのりものちびっこ見学会

参加してきた。

春と夏の数日間のみ開催される貴重なイベント。
めったに見られない巨大な建機の見学会。
参加は抽選。競争率は10倍以上。
落選し続けていく数年。
ぼやぼやしていると子どもがちびっこじゃなくなっちゃうよ(子どもをダシに観に行けないよ)と思っていたら、
今年ようやく当選した。




.12 2014 行って来た comment0 trackback0

なんだこれは。「岡本太郎とアール・ブリュット-生の芸術の地平へ」展

アール・ブリュット1

神奈川は生田緑地にある岡本太郎美術館で開催中の

 「岡本太郎とアール・ブリュット-生の芸術の地平へ」展

に行ってきた。

思わず「なんじゃこりゃ」と叫びたくなる作品多数。


.03 2014 展示 comment1 trackback0
 HOME 

プロフィール

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター