太郎道場「岡本太郎の言葉」展

岡本太郎の言葉 (4)


東京は青山の岡本太郎記念館で開催中の

 「岡本太郎の言葉」展に

浸ってきた。

四方八方から岡本太郎の言葉がふりそそぐ。
そこは太郎道場。

.30 2014 展示 comment0 trackback0

江戸の粋なグラフィックデザイン「<特別展>没後150年記念 歌川国貞」

没後150年記念 歌川国貞

東京は原宿の太田記念美術館で開催していた

 「没後150年記念 歌川国貞」展

に行ってきた。

膨大な名品みたさに、前期・後期で2回。


.30 2014 展示 comment0 trackback0

『円周率1000000桁表』 (サイエンスアゴラ2014 番外)

円周率1000000桁表

  『 円周率1000000桁表 』

サイエンスアゴラ2014の野外のテントでひっそりと開催されていた物販イベント「サイエンスマーケット」

うっかり通りかかったら、知り合いの人に無理やり渡された紹介いただいたマニア本。



.24 2014 サイエンスコミュニケーション comment0 trackback0

現代に舞い降りた傾奇者 「天明屋尚 一筆入魂展」

一筆入魂展

東京は渋谷のパルコミュージアムで開催されていた

 「天明屋尚 一筆入魂展

を観て痺れてきた。


.22 2014 展示 comment0 trackback0

何だ、これは! 「太陽の塔」だ!

太陽の塔 (1)

念願の実物大「太陽の塔」に会ってきた。

まさになんだこれは!なオブジェクト。



.19 2014 行って来た comment0 trackback0

圧巻! 白昼のナイトミュージアム「ヨシモトコレクションの世界」

ヨシモトコレクション (10)


いま上野の国立科学博物館に行くなら、日本館へいくべし。
改装中の地球館を補ってあまりある素敵展示が待っている。

それは「企画展 ヨシモトコレクションの世界」だ。



.17 2014 展示 comment0 trackback0

越境サイエンスコミュニケーション、つなぐ仕組み(サイエンスアゴラ2014 雑感その1)

agora2014 (24)

サイエンスアゴラ2014。

土日の二日間参加した。

展示会場を一通り周った印象は昨年感じたものと大きくは変わらない。

サイエンスアゴラ2013雑感 あとで整理。
 
昨年以上に、出展コンテンツは目的別に発表枠がキレイに分けられていた。

展示エリア → 一般来場者向け(実践したい人)。
・セッション枠 → サイエンスコミュニケーターの交流(議論したい人向け)。

そのため、科学イベントを楽しみに来た一般来場者にとって展示エリアは迷いのない構成になっていたと思う。


そんな遊びのないプログラムの中、チャレンジングというか場違いというか、アゴラとは微妙に異なるクラスターがいくつか出展していた。

ニコニコ学会βと、八谷和彦氏、そしてコミケ系科学サークル連合である。

.14 2014 サイエンスコミュニケーション comment0 trackback0

文化の森でプロジェクション

東博プロジェクション (4)

ここ数年、イベントのコンテンツとして急速に定着しつつある大型映像パフォーマンス。

文化の日を前に上野の森がヒカリに彩られた。

 「創エネ・あかりパーク2014

国立科学博物館、東京国立博物館、それぞれの特色を生かした催しを展開。



.10 2014 行って来た comment0 trackback0

行きたい博物館・美術館メモ(2014年秋~初冬)

秋空

めっきり色づいてきた街中の木々が外周りの心にやさし。
季節の狭間か美術館博物館も小ぶりで渋めな展覧会が目立つ。
西の方の展示もちらっと気になったり。

そんな行きたい博物館美術館メモ(2014年秋~初冬)


.05 2014 展示 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター