社会的に意義ある活動をしている組織が、独立性に基づく公平・中立的な立場を担保しながら存続するにはどうしたらよいか。~SMCの持続可能性~

SMCに対するご支援のお願いと賛助会員入会のご案内

サイエンス・メディア・センターことSMCが、存続の危機に陥ってるらしい。

SMCは、「科学を伝える人を支援する」をミッションに掲げた団体だ。
 
 >サイエンス・メディア・センターのミッション
  



.28 2015 サイエンスコミュニケーション comment0 trackback0

生命とワインとリニューアル 生まれ変わる国立科学博物館

科博リニューアル (1)

惜しまれつつもリニューアルのため一部閉鎖になった国立科学博物館の地球館。
地下2階を除いて、エスカレーターのある北側部分は工事の壁でおおわれている。
現在見られるところは少ないが、リニューアルに向けて静かに静かに準備は進んでいるようだ。




.21 2015 イベント・セミナー comment0 trackback0

観てきた展覧会のとりあえず一言二言メモ(2015春)

東工大

4月後半からGWを使って結構周った。

ひとつひとつエントリーにしたいけど、他にもやりたいことあり。

とりあえず忘れないうちに、メモを残しておく。


.19 2015 展示 comment0 trackback0

マニアな博物館15 「法隆寺宝物館」が1年間休館になるらしい。

法隆寺宝物館 (1)


上野の東京国立博物館内の目立たぬところにひっそりと建っている瀟洒な建物。

 「法隆寺宝物館

宝物館といっても、熱海にあるような秘宝館とは違う。

奈良・法隆寺から皇室に献納された300件余りの宝物が収蔵・展示されている資料館だ。


.16 2015 展示 comment0 trackback0

変わり種、若冲作品に触れる「生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村」

若冲と蕪村

東京は六本木のサントリー美術館で開催中の

 「生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村

を観た。

貴重な日本画。作品保護のため、なんと6期に分かれての展示替え。
前半に一回、後半に一回の2度訪問。


.09 2015 展示 comment0 trackback0

光琳の燕子花と紅白梅を見るならMOA美術館より根津美術館の方がいいかも「燕子花と紅白梅 光琳デザインの秘密」

燕子花と紅白梅 (1)

東京は表参道にある根津美術館で開催中の

 「燕子花と紅白梅 光琳デザインの秘密

を見てきた。

美術館の庭園ではリアル燕子花が満開で見頃。


.05 2015 展示 comment0 trackback0

琳派に彩られた百貨店「琳派400年記念 京都・細見美術館 琳派のきらめき」

琳派400年記念 京都・細見美術館 琳派のきらめき (11)

東京は日本橋の高島屋で開催中の

 「琳派400年記念 京都・細見美術館 琳派のきらめき-宗達・光琳・抱一・雪佳-

に行ってきた。

百貨店ならではの販促企画展。

.04 2015 展示 comment0 trackback0

行きたい博物館・美術館メモ(2015初夏)

岡本太郎記念館初夏

ちょっと前まで桜が咲いていたと思っていたら、もうGW、半袖の暑さ。

まだ、春の行きたいリストも行き切れていないのに・・・。

行きたい博物館・美術館メモ(2015春)

ボヤボヤしてたら夏が来てしまう。

梅雨まで行きたい博物館美術館メモ(2015初夏)
夏の大型企画展前の渋めの展覧会多し。

.01 2015 展示 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター