2015年 ミュージアムで心惹かれたベスト15作品

2015ベスト15扉写真

年末恒例のランキング物。
展覧会もこちらの有名サイトでベスト10が発表されている。

2015年 展覧会ベスト10(弐代目・青い日記帳)

展覧会としてはスサノヲとニセモノは印象強かったな。

さて、当辺境ブログでは昨年に続いて、今年の心惹かれた作品ベスト15をピックアップ。

琳派400周年の年だけあって琳派多し。
そして龍が5匹もランクイン。


.30 2015 展示 comment4 trackback1

観てきたけどそのままになっていたミュージアム雑感と気になった作品リスト(2015夏~秋)

横浜美術館2015

今年の記録、今年のうちに。

観に行ったけどエントリーに起こしていない展覧会。
あ、これみたことあるっけ?ってならないようにまとめて記録をしておく。
夏からの分がだいぶ溜まってしまった。


.30 2015 展示 comment0 trackback0

今年の岡本太郎納め 「岡本太郎と中村正義・東京展」 「岡本太郎と世相」「太陽の塔に対峙せよ!」

太陽の塔に対峙せよ (20)

今年の太郎納めに岡本太郎記念館岡本太郎美術館をまわってきた。



.27 2015 展示 comment0 trackback0

大人の道楽 「杉本博司 趣味と芸術-味占郷/今昔三部作」

趣味と芸術-味占郷/今昔三部作 (1)

開館20周年を迎えた千葉市美術館で開催中の

 「杉本博司 趣味と芸術-味占郷/今昔三部作

を見てきた。


.20 2015 展示 comment0 trackback0

秘められた逸品「春画展」

春画展

日本での開催がなかなか実現せず、この度ようやく日の目を見ることになった18歳未満入場禁止の展覧会。

めったに見られないとなると見たくなるのが人の性。

東京は目白にある永青文庫で開催中の

 「SHUNGA 春画展

を覗いて来た。

.13 2015 展示 comment0 trackback0

故松井氏が愛した珠玉の浮世絵 「歌麿・英泉・北斎 礫川浮世絵美術館名品展」

歌麿・英泉・北斎

東京は原宿の太田記念美術館で先月開催されていた

 「歌麿・英泉・北斎 礫川浮世絵美術館名品

に行ってきた。

ただ一点の作品を目当てに。



.10 2015 展示 comment0 trackback0

サイエンスコミュニケーション活動事例を一気に聞ける 「第四回 日本サイエンスコミュニケーション協会年会」

第三回年会写真

今週末の土曜日から日曜日にかけて日本コミュニケーション協会の年会が開催される。

第四回 日本サイエンスコミュニケーション協会年会
 開催日:2015年12月13日(日) 10:00-17:30
  (前夜祭  12月12日(土) 18:00-19:30)
 会場:筑波大学東京キャンパス
  (最寄り駅 東京メトロ丸の内線 茗荷谷 徒歩3分)

サイエンスコミュニケーションの大規模なショーケースのひとつとしてサイエンスアゴラがある。
しかしながら今年の秋に10年目を迎えイベントとしてこなれてきたせいもあってか、各組織のアウトリーチと、そのアウトリーチに引き込むための体験・展示系に比重が寄ってきているようにみえる。
イベント自体がハレのステージとなっているため、サイエンスコミュニケーションの実践報告の場というより実践の場の印象が強い。
科学を楽しみにくる来場者にとっては望ましいことではあるが、サイエンスコミュニケーション活動に興味を持って、草の根的に実践している人たちから活動報告をじっくり聞いたり議論するには向いていないイベントになってきているように思える。

今年の協会の年会では、『キーワードは多様性?!~サイエンスコミュニケーションに関わるさまざまな活動』のテーマの元、全国の様々な立場の人から実践報告がなされる。

まとまった事例報告を当事者から直接見聞きできる機会は貴重だ。

当日参加も可能だから、興味がある人はのぞいてみてはいかがだろうか?

発表内容は以下の通り。

.09 2015 サイエンスコミュニケーション comment0 trackback0

「ニキ・ド・サンファル展」で岡本太郎を感じる #ニキ展2015

ニキ・ド・サンファル展

東京は六本木の国立新美術館で開催中の

ニキ・ド・サンファル展

に行ってきた。

鮮やかな色彩、奇妙な造形、不思議なエネルギー。
岡本太郎を連想させる作品群。


.05 2015 展示 comment0 trackback0

行きたいミュージアムメモ(2015晩秋~初冬)

2015晩秋

今年も残り1か月を切った。

行きたい博物館・美術館メモ(2015秋)に続き、行きたいミュージアムメモ:2015年晩秋~初冬。


.05 2015 展示 comment0 trackback0

科博の「世界のヒョウタン展」はなにげにアートだった

ひょうたん展 (18)

東京は上野の国立科学博物館で開催中の企画展

 「世界のヒョウタン展-人類の原器-

ずいぶん前に見ていたのだがアップしてなかった。
単なる植物の研究紹介にとどまらない民族学的かつアート展示
12月6日(日)までだから、ヒョウタンと美術・工芸好きは忘れずに。


.04 2015 展示 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター