シンガポール・ミュージアム紀行 2.ナショナル・ギャラリー・シンガポール( NATIONAL GALLERY SINGAPORE )作品編

シンガポールナショナルギャラリー (73)

ギャラリーの総床面積は約6万4千平方メートル。
上野にある東京国立博物館の総床面積が7千平方メートルというからその約10倍の広さ!!!
伝統ある旧庁舎を利活用した美術館とあってその建物自体が注目されがちだが、収蔵作品も東南アジア最大級。シンガポールを中心として東南アジアの現代美術の絵画、彫刻、映像など8千点以上のコレクションを誇る。
表に展示されている数だけでも相当数になる。

シンガポール・ミュージアム紀行2弾目はそんなナショナル・ギャラリー・シンガポール( NATIONAL GALLERY SINGAPORE )の作品編。

1.ナショナル・ギャラリー・シンガポール1( NATIONAL GALLERY SINGAPORE )建物編
2.ナショナル・ギャラリー・シンガポール2( NATIONAL GALLERY SINGAPORE )作品編
3.シンガポール国立博物館( National Museum of Singapore )
4.シンガポール動物園(ナイトサファリ)(Wildlife Reserves SINGAPORE NightSAFARI)
5.シー・アクアリウム(マリンライフ・パーク)(S.E.A. Aquarium (Marin Life Park))
6.ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ)
7.番外


.23 2016 行って来た comment0 trackback0

シンガポール・ミュージアム紀行 1.ナショナル・ギャラリー・シンガポール( NATIONAL GALLERY SINGAPORE )建物編

シンガポールナショナルギャラリー (25)

今年の春に知人を訪ねてシンガポールに行ってきた。

ミュージアムをいくつか見て周ったのでアップしようしようと思っていたのだがあっという間に夏が来てしまった。
忘れないうちに写真を中心にアップしておく。

書くつもりリスト。
1.ナショナル・ギャラリー・シンガポール1( NATIONAL GALLERY SINGAPORE )建物編

2.ナショナル・ギャラリー・シンガポール2( NATIONAL GALLERY SINGAPORE )作品編
3.シンガポール国立博物館( National Museum of Singapore )
4.シンガポール動物園(ナイトサファリ)(Wildlife Reserves SINGAPORE NightSAFARI)
5.シー・アクアリウム(マリンライフ・パーク)(S.E.A. Aquarium (Marin Life Park))
6.ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ)
7.番外

まずは『ナショナル・ギャラリー・シンガポール( NATIONAL GALLERY SINGAPORE )建物編

2015年末にオープンしたばかりの新しい美術館


.21 2016 行って来た comment0 trackback0

レポート:青い日記帳×山種美術館 ブロガー内覧会 「江戸絵画への視線 ―岩佐又兵衛から江戸琳派へ―」

江戸絵画への視線


東京は恵比寿の山種美術館で開催された

青い日記帳×山種美術館 ブロガー内覧会 「【開館50周年記念特別展】山種コレクション名品選Ⅰ 江戸絵画への視線 ―岩佐又兵衛から江戸琳派へ―」(@山種美術館)を リアルタイムでレポートしよう!

に参加した。

※本エントリーの写真は館の許可をいただいた上で撮影・掲載しています。
.18 2016 展示 comment0 trackback0

琳派好きなら今すぐいくべき 「開館50周年記念 美の祝典Ⅲ ―江戸絵画の華やぎ」

美の祝典

東京は丸の内にある出光美術館で開催中の

 「開館50周年記念 美の祝典Ⅲ ―江戸絵画の華やぎ

に行ってきた。

『祝典』の名に違わず豪華な作品群に二度見三度見。


.16 2016 展示 comment0 trackback0

時間を止めた水族館 「海のハンター展(国立科学博物館)」

海のハンター (6)


毎年夏は生物系の大型展示を開催する国立科学博物館
「深海」「生命大躍進」「太古の哺乳類」などなど。
そして今夏のテーマは海の捕食者だ。

その名も「海のハンター展

海のハンターといえば・・・。



.08 2016 展示 comment0 trackback0

夏休みこどもと行きたいミュージアム(2016年) 誘い文句付き

こどもとミュージアム

さぁ7月。あともう少しで夏休みがやってくる。
各ミュージアムでは、こども向け企画展が目白押し。
こども向けといえども大人が見ても十分楽しめるもの多いし、複雑な先端技術や難しいアートの「魅せ方」の参考にもなる。
とはいえ、やはりこの手のものはこどもの反応を見ながら一緒に楽しみたいもの。

部活だプールだ習い事だと親よりスケジュールが詰まっているこどもたち。
突然誘うと「いかねぇよ、独りで行ってきてよ、俺忙しぃんだよ」と(お、おぅ・・・)となりかねないので計画はお早めに。

ということで夏休みこどもと行きたいミュージアムメモ(2016年)。
誘い文句付き。


.04 2016 展示 comment0 trackback0

珍しい魚譜展示 「江戸の博物学 ~もっと知りたい!自然の不思議~」展

江戸の博物学


東京は世田谷にある静嘉堂文庫美術館で開催中の

 「江戸の博物学 ~もっと知りたい!自然の不思議~」展

を見てきた。

作品点数こそ少ないが日本の博物学を辿る貴重な資料多し。




.02 2016 展示 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター