スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

花より宇宙?『世界中で宇宙を観ようよ100時間』

iya_logo.jpg

ガリレオ・ガリレイが自作の望遠鏡で天体観測を始めて400年。

今年は世界天文年らしい。

そんな世界天文年2009の世界企画の一つ、
『世界中で宇宙を観ようよ100時間』が4月2日(日本時間では3日1時)より開催される。

4日間(100時間)にわたって行われる世界規模の企画。
世界各地で観望会を開催しそれを24時間かけて世界中の夜をつないだり、
天文台の観測研究現場をインターネット生中継したりと盛りだくさん。

昨年夏に訪れた野辺山宇宙電波観測所も参加している。

4日(土)の夜には、世界中の街角や星見スポットで、気軽に夜空の星を楽しむ観望会が開催される。
世界中の街角で夕暮れからの観望会がスタートし、徐々に西へと移り行く夜を繋いで、24時間でぐるりと一周。
日本各地でも100か所を超える会場で、この「世界一周観望会」が企画されている。

 24-hour Global Star Party

 「世界中で宇宙を観ようよ100時間」イベント(公認イベント)一覧
 
公認イベントの場所には行けなくても、花見をしながら夜空を探索するのも良いかな。

日本にはこんな投稿サイトも用意されている。

 めざせ1000万人!みんなで星を見よう。
 
また、世界中の80の天文台や天文観測衛星での観測現場はインターネット中継される。

映像と予定はこちら ↓

 100HOURS of ASTRONOMY Around the World in 80 Telescopes

さらに、世界各地の天体望遠鏡をリモートで操作できるだけでなく、ネットに接続した観測装置をリモート操作できるように逆に開放することも可能なようだ。
(観測装置はもってないけど・・・)

その他、宇宙から降り注ぐ映像とともに、数々のイベントが、地上とインターネット上で繰り広げられる。

400年前じゃ考えられないこの企画。
世界中からアクセスされるサーバー達(の管理者)はさぞ大変だろうけど、
100時間耐えて耐えて素敵な映像を届けて欲しい。


週末は桜もだんごも星空も。


参考サイト
100HOURS of ASTRONOMY
世界中で宇宙を観ようよ100時間 (4月2~5日)

関連エントリー
電波の窓「宇宙電波観測所」に行ってきた。

関連記事

2009/04/02 17:37 | イベント・セミナーCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。