スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

大学の研究室は何を目的に商業見本市に出展するのだろうか?

PPT.jpg

先日訪れた工学系のある商業見本市。
奥の方にひっそりと大学の展示ブースあり。
いつものようなひと小間ブースが並ぶ展示の中にこんなのが、

ここまで手を抜いた(様にしか見えない)展示は初めてみた。
パネルさえもつくらず、計算式が並んだパワポ素材をA4出力して貼り付け。
最終日ということもあるが、説明員もいない。
ある意味斬新。

この研究室はどうしてこの場に出展したのだろうかと考えてしまった。

イベント主催会社とのつきあいか、参加企業とのつながりか。

ベンチャーフェア―や産学連携への出展なら目的は明確だ。
連携パートナー探しであったり、資金集めのための広報であったり。
内容にばらつきはあってもみなアピールする気はある。
でも今回は出展コーナーは大学エリアでも商業見本市(それもかなりBtoB)の場。

往々にしてアカデミックな機関は出展料が破格か無料。
厳しい状況下少ない予算を絞りだして出展する企業とは意気込みにかなりの温度差がでる。
それが余計に目立ってしまう。

以前のエントリー(「イノベーションジャパン2008に行って来た。」)へのコメントで

(コメント抜粋)大学がベンチャーなり事業家への気概を持つべき.というのは同感しかねますね.
大学には研究志向の大学と,教育志向の大学(半ば専門学校化したモノ),という指向性があるのはご存じだと思いますが,私の考えとしては,旧帝大をはじめとした研究志向の大学がそろってベンチャーベンチャー騒いでいたら,おしまいだと思ってます.by行ってきた人


とのご指摘をいただいたとおり、なにも全てビジネス志向になる必要はないとは思うのだが。

予算と時間の関係もあるだろう。
でも、来場者の心へ響かない。研究員へのフィードバック機会も見当たらない。
NoWinな展示なら、いっそ出ない方が良いのにと思うのは余計なお世話だろうか・・・

関連エントリー
「菌類のふしぎ」展で展示について考えた
サイン&ディスプレイ テキヤの技
”伝えてもらう”重要性
進化するディスプレイ
イノベーションジャパン2008に行って来た。
展示で伝える
「伝える」のではなく「伝わる」

関連記事

2009/04/16 17:54 | 展示COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。