走る移動科学館「サイエンス・エキスプレス」に乗ってみたい

Train.jpg

移動図書館ならぬ移動科学館。
「サイエンス・エキスプレス」がドイツで走るらしい。

 >科学の楽しさ運ぶ移動科学展「サイエンス・エクスプレス」 独
   (2009/5/26 AFPBBNews)

こちらの公式サイトにはコンセプトや車両(テーマ)ごとの詳細が載っている。

 >EXPEDITION ZUKUNFT SCIENCΞXPRESS

日本でも、こんな電車が各地の科学際を周回したら地方のフェステバルも盛り上がりそうだ。

ドイツ鉄道を始めとして実業界と学術界双方から多数の協力を得て全国62か所を回る。

12両からなる各車両の展示は単なる子供向けの体験物にとどまらないメッセージ性の強いものになっているようだ。
日本と同じく天然資源に乏しいドイツ。
科学技術こそ将来の国を支える重要なファクターとして位置付け、
さながら動く科学万博のようだ。

こちらのニュースで科学技術コミュニケーション的なこんなことも

 >Year of Science 2009: The Science Express leaves Berlin on a nationwide round trip
   (Kooperation international)

Along with Federal Research Minister Annette Schavan and the President of the Max Planck Society, Peter Gruss, she started the train on its long trip. And she called on scientists to express themselves in a way that others could understand. Everybody, she said, can understand science, if it is properly explained.


関連記事

2009/06/01 16:54 | サイエンスコミュニケーションCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |