ハンズオンがいっぱい。「宇宙の謎を解き明かす」企画展で宇宙探索技術を知る。

18439.jpg

上野の国立科学博物館で開催されている企画展

 「ガリレオの天体観測から400年─宇宙の謎を解き明かす─」

単に宇宙の美しい写真や映像が並ぶよくある展示とちがい、模型やハンズオン中心の展示

 宇宙の仕組みはどうなっているのか?
 仕組みを探るためにはどんな技術が必要か?
 その技術の仕組みはどうなっているか?

他にはない国立科学博物館ならではの展示

宇宙展1宇宙2

以前の特別展示「菌類のふしぎ」展で豊富に使われたダンボール什器もふんだんに使われていた。
宇宙ものでも結構しっくりくる。

ちょうど先週は『大学生のための自然史講座』の第2回目の講座で、
「【太陽系・地球の誕生】~宇宙の誕生から太陽系の形成まで~」
を聴講したところ。

・宇宙の年齢は137億年。
・誕生2億年後には最初の恒星が生まれた。
・最遠方の銀河は129億光年。

などなど
日々の細かい金勘定が悲しくなる、スケールがでかすぎる話ばかりだったが、
こうしたことがわかるのも先人達が積み上げた研究と技術によるものなのだなと、
楽しく気づかせてくれる展示

2009年7月20日まで。

こちらで様子が一部見られる。

 >企画展「宇宙の謎を解き明かす」に行ってきた!(上野公園探索隊)


関連エントリー
「菌類のふしぎ」展で展示について考えた
あと5時間 『世界中で宇宙を観ようよ100時間』
進行中!見れそで観えない『世界中で宇宙を観ようよ100時間』
花より宇宙?『世界中で宇宙を観ようよ100時間』
電波の窓「宇宙電波観測所」に行ってきた。
関連記事
.13 2009 展示 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/187-f01b2376

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター