「Mobile Society Review 未来心理」休刊に残念

msr15_s.gif

モバイル社会研究所から残念なお知らせメールが届いた。

 「Mobile Society Review 未来心理」休刊のお知らせ

HPにも掲載されていた。

2004年12月の創刊より足掛け6年に渡って、「モバイル社会」に関する論点や知見について広く社会と共有することを目的に、研究者を中心とする専門家の論文やエッセイなどを掲載し、モバイルの普及が社会に与えるインパクトを考察してまいりましたが、しばらくの間、休刊させていただくこととなりました。
(HP記載文一部抜粋)


NTTドコモの関連機関でありながら、技術ネタでもなく、かといってサービス寄りでもなく、モバイルをとりまく状況を多方面から考察。
現実のような近未来のような、なんとなくフワフワした感じの紙面が好きだった。

このところ景気の底打ちネタがニュースで良く流れるが、先日のこれも同様、このような小さな縮退はまだまだこれから続くのだろうな。
残念。

なお、「Mobile Society Review 未来心理」のバックナンバーはこちらでみられる。

関連エントリ-
草の根科学技術活動とお金
増えるバーチャル積読書
残念なパネルセッション「モバイル社会シンポジウム」
モバイル社会シンポジウム 「ユースカルチャーの生態系」
「『未来心理』という「場」(バー)?」もいいね
ノーベル賞からパチスロまで
関連記事
.24 2009 未分類 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/196-422128a7

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター