「科学記者の心得、科学取材の12カ条」

283.jpg

dokodemo173さんが科学技術ジャーナリスト塾の講義で『Science Window』編集長の佐藤年緒さんのお話を聞いてきたらしい。

そこで教わったという「科学記者の心得、科学取材の12カ条」が興味深い。

1.まずは現場に
2.「知らない」ということを恥じない
3.どんな分野にも飛び込んで取材に臨む勇気
4.専門家の閉鎖的な言語には負けない
5.何よりも事実を伝える
6.批判力、多面的な見方を持つ
7.全体の中で専門の位置づけを意識する
8.その人のトータルな生き方を伝える
9.誰のための科学・技術かを見極める
10.読者は誰か
11.科学記者である前に記者。記者である前に「常識人」に
12.記事は編集者や読者との対話で作られる

『Science Window』の編集方針とかおもしろかったです」(そこ、ゴハン粒ついてますよ?)


私はジャーナリストではないので、記者としてインタビューすることはない、
しかしながら、研究者からヒアリングして(時には2進数のプログラムに落として)アウトプットする仕事をしている。
ペンとコンピューター、手段は違えど参考になる部分も多い。

でも、非専門分野のことを
”11.科学記者である前に記者。記者である前に「常識人」に”として見ることはできても、
”5.何よりも事実を伝える”真実をきちんと判断できるかどうか、これは簡単ではないよね。

関連エントリー
科学をつたえるといふこと
うまくいかないという体験がとても大切
関連記事
.25 2009 サイエンスコミュニケーション comment2 trackback0

comment

「TAK」さん
とっても参考になる言葉です

ただ、ご指摘のように、「事実」「常識人」の定義は?というと苦しそう

記事は編集者や読者との対話で作られる

は、「本当?」という気もします
2009.06.25 08:24
M322
そうですね。

言われてみれば「常識人」の定義も難しいですね。

7.全体の中で専門の位置づけを意識する
8.その人のトータルな生き方を伝える

このへんが私は参考になりました。
2009.06.26 01:38

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/197-c8040edf

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター