B(toB)サイエンスコミュニケーション

サイエンスコミュニケーションに首を突っ込んでから、気になっていること。

それは、サイエンスコミュニケーションに関わる活動がどうも
ボランティア、無償ベースで行われることが多く、なんとなく
ビジネスに活用とか、有償とかを言いづらい雰囲気があること。

これはサイエンスコミュニケーションが
”一般市民と学術界”の橋渡し的な活動が中心で、
”産業界と学術界”や
”産業界と産業界”や
”学術界と学術界”などの
専門家同士、企業と研究機関間とのコミュニケーションには
まだあまり活用されていない(もしくはサイエンスコミュニケーション
という言葉の意識がない)せいもあるかもしれない。

ここに風穴を開けてみたい。

ボランティアベースからビジネスベースに可能性が広がることによって
今よりもっと関わる人が増えてくる。
引退した方や、一部の熱心な研究者だけではなく、若い研究者や企業内研究者。
クリエィターや技術者など、多種多様な専門家が活動のフィールドを広げる。

技術を”魅せる”手法も今よりずっと発展するに違いない。

そういった意味を込めたB(toB,toC)サイエンスコミュニケーション。

いろいろな可能性を探りたい。
関連記事
.14 2008 サイエンスコミュニケーション comment0 trackback1

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/2-24f54bcc
B サイエンスコミュニケーションのブログエントリーから.
2008.08.14 22:33 Science and Communication

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター