スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

祝 「大学プロデューサーズ・ノート」1,500日目

大学1

大学に関する最新の情報が集まるブログ
大学プロデューサーズ・ノート」が1,500日目を迎えたそうだ。

 >「大学プロデューサー」のための、より刺激的な場をめざして(大学プロデューサーズ・ノート)

大学(研究室)向け支援サービスを考えるにあたっての参考サイトの一つとして活用している。
そして同時に、情報の発信の仕方、物の伝え方の勉強をさせていただいている。

一般のニュースからだけでは見えてこない、大学内部の事情、問題の経緯、置かれている環境などをアカデミック寄りでもビジネス寄りでもなく、ニュートラルな立ち位置から伝えてくれるサイト。
大学に批判的なニュースでも取り上げ何が問題でどうしたら良くなるのかを提案する姿勢に関心。

大学プロデューサー」はもうちょっと広い、草の根的な考え方。
世の中のみんなで大学を素敵にしようよ、という発想です。

大学に限らず、教育においては、「学校」がひとつの重要な拠点になります。でも、学校だけでは、教育は成立させられません。
社会には家庭があり、地域があり、企業やメディアなどの様々な民間組織があり、行政や政治があり、NPOなどの活動があります。
学校だけに丸投げするのではなく、様々な人が少しずつ知恵を出し合い、汗をかき、自分の立場から教育を良くしていこうと動いていくことで、理想の教育に近づけるんじゃないか、と私は思います。



科学技術の中身を伝えるのももちろん大事だが、こうした大学(研究機関)の日々の行動、向かうところを伝えていくこともまた大切なのではないだろうか。
上記で引用した管理人の発想は(教育に特化しているものの)、社会科学をも含めたサイエンスコミュニケーションにもつながっていくように思える。

今後は発信に加えて、繋がりの場にもしていくそうだ。

単に情報をご提供するだけでなく、リアルに人と人をつなげるネットワークの結節点として、このブログを育てていきたいと思います。


私も大学を支援する一企業人としてなんかの形で貢献できるようになりたいな。
関連記事

2009/07/06 23:00 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。