スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ムラタセイコちゃんへの想い

siiko.jpg


幕張メッセで開催されている「CEATEC Japan2008」に行って来た。

先日書いたムラタセイコちゃんのステージも見ることができた。

恥ずかしがり屋なムラタセイコちゃんは、ほっぺが赤くなったり、青くなったりと芸が細かい・・・

それはそうと、

感心したのはステージが行われていないときステージのディスプレーに流れていた映像。
(実際のステージは一日数回しかやってない)
ステージのディスプレーには、実際開発に携わった人たちが語る開発秘話的なものが流れていた。
そういえば、就職サイトとかTVの企業PRなんかではよく見るが、見本市ではあまり見ないかも。

こうした見本市だと、技術の詳細説明映像か、プロの役者やコンパニオンを使ったイメージ映像のどちらかが流れているものだが、開発の目的や携わった人たちの”想い”が伝わってくる映像を見れるのも良いなと感じた。

技術のバックボーンみたいなものを感じられるとより興味をそそられる。

関連記事

2008/10/02 02:11 | テクニカルコミュニケーションCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。