大人の社会科見学『大橋ジャンクション現場見学会』に行ってきた。

大橋J_20

完成すれば首都高の流れを変えると言われている中央環状新宿線。
その要となるジャンクション。
国立競技場ほどのスペースに最大70Mの高低差を二回転のループで結ぶジャンクション。
その名は『大橋ジャンクション

知人から現場見学会があることを教えてもらってダメ元で応募した。
応募ハガキには同行者まで詳細に記入。同行予定者は上の子。
運よく当たった。嬉しくって嬉しくって、
嬉々として子供に報告したら、
 「暗いの嫌いだし、トンネル別に楽しくないし、別に行きたくないし」
と一蹴。
・・・ということで一人での参加。(あとで後悔するなよ娘)

見学会は単にトンネルを歩くだけかと思いきや、土木や建築のミニ基礎講座付き。

現場の綺麗な写真はいくらでも公開されているので、講座関係を中心に。
ちらっと科学技術コミュニケーションも。
受付でヘルメットとうちわを渡されれる。
大橋J_1

注意事項を一通り聞いたあと早速現場へ。
19人の参加者に5人も引率がついて安全確保。
大橋J_3

まずは大橋ジャンクションの基礎講座。
トンネルの壁面にプロジェクター照射。It‘s Cool!!
大橋J_4

次はアスファルトの実験。最近よく使われている浸透圧の高いアスファルトに水を通して凄さを実演。
でも、トンネルのアスファルトは従来のアスファルトを使用しているとのこと(なんじゃそりゃ)
大橋J_6

流れるように、シールド工法の紹介。
大橋J_7

実際トンネルに使われているコンクリートの説明。怖いほど説明員の皆さんサービス精神旺盛。
大橋J_8

換気システムの紹介。これだけの規模のトンネルの排気換気はかなり大規模。
大橋J_9

巨大な換気システムからでる騒音もかなりのもの。それを抑える消音システム。
大橋J_10

防災設備も強固。50mおきに置かれた消防施設。一般ユーザが使えるように最適化されている。
使い方は習ったので、こんど高速で車に火がついても安心。
大橋J_11

もはやトンネルの見学会ではなくなってきているサービス展示。
マニアにはたまらないだろう特殊車両。乗り放題、触り放題、記念撮影し放題。
大橋J_12大橋J_13

講習会は一通り終わり、
トンネル抜けると首都高が真上に。これから屋上まで一気に階段を昇る。
大橋J_14

大橋J_15

屋上。ここは将来空中庭園になる予定。スコーンと景色が抜けていて、東京タワーや六本木ヒルズも見えた。
大橋J_16

そのうち接続される道達。
大橋J_17

ゴールには大橋ジャンクションのドライブシミュレータの体験コーナー。
大橋J_19

お土産色々いただきました。
大橋J_21

なんだか申し訳ないほどに丁寧な扱い。行き届いたサービスだった。

巨額の税金を使うプロジェクト。
それだけにタックスペイヤーからのチェックも厳しく、説明責任が強く求められるのだろう。
現場全体にそんな雰囲気が感じられた(というか意思統一がされていたように感じた)

また住宅密集地に作る大規模な建造物。
公害対策や環境保護に、最先端の技術を詰め込んでいるようだ。

”箱モノ”はとかく批判されがちだけど、現場レベルでも色々苦労がありそうだ。
大橋J_2

問題が起きてからの相互理解は困難を極める。
こうした現場の見学会を通した事前の市民との交流もサイエンスコミュニケーション(この場合は科学技術コミュニケーションが適当か)の一つになるのかな。

つい最近読んだこの本にも載ってたような。また見返してみよう。

関連記事
.10 2009 行って来た comment2 trackback0

comment

若だんなat新宿
タモリ倶楽部でもやったらしいのですが、見逃しました。

これ、男の子には見逃せないイベントですが、娘さんじゃ食いつき悪いかもしれませんね。

工事現場と、土木技術と、産業車両って、男の子ならば走り出しそうになるくらい好きですよねえ。
行きたかったなあ。誘ってくれれば行ったのに(そうも行かなかったりしますが)
2009.08.10 10:12
M322
写真の他にも巨大クレーンとか鉄筋剥き出しの壁とか、もうたまりませんでした。

ちなみに
一週間前にはブロガーを集めた見学会も開催されたようです。

http://roadkawasaki.blog36.fc2.com/blog-entry-35.html

ちょっとした商品PR戦略みたいですね。
首都高速道路も”粋”な手を使います。

今度は誘います。
三つ編してきてください。
2009.08.10 18:14

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/246-ad24d198

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター