「鉄道総研技術フォーラム 2009」で鉄道技術に触れてみよう

鉄道1

(財)鉄道総合技術研究所はJRの前身である日本国有鉄道が行っていた研究開発を承継する法人。
その研究所が技術フォーラムを開催する。

 鉄道総研技術フォーラム 2009
 日時:平成21年8月27日(木) 9:30~17:30
    :平成21年8月28日(金) 9:30~17:00
 場所:鉄道総合技術研究所 東京都 国分寺駅 徒歩7分
 概要:展示会、後援会、実験設備見学ツアー、製品プレゼンテーション
 その他:入場無料、事前申込み不要

私は別に鉄っちゃんではないが・・・
以前、新幹線へ無線LANを導入するプロジェクトに間接的に関わったことがある。
そのとき、鉄道に関わる技術情報を周辺技術含めていろいろ見聞きした。

そこで、鉄道は車以上に走る技術の塊であることを知った。

鉄道をとりまく技術は広く・深い。
情報通信はもちろんのこと、
車両、土木、電気、材料、環境、人間科学など、工学から社会科学までありとあらゆる科学技術が詰め込まれている。

こうした鉄道技術に関する基礎から応用までの様々な分野の技術展示や講演が一度に見れる。
社会インフラってそこにあって当たり前、普通に動いて当たり前と思いがち。
普段何気なく使っている鉄道が、どういった科学技術によって支えられているのかを知る良い機会ではないだろうか。

展示会
○メインテーマ(より安全な鉄道を目指して) ○総研開発製品
○車両 ○構造物・防災 ○電力・信号通信 ○情報技術
○軌道 ○環境 ○人間科学 ○浮上式鉄道と応用技術
○鉄道技術推進センター ○情報発信・国際業務 ○協力会社

講演会
 ・無線を用いた信号保安システム
 ・駅ホーム上の旅客の安全
 ・鉄道沿線の強風特性
 ・鉄道システムのリスク評価への取組
 ・既設鉄道施設の耐震性評価

実験設備見学ツアー
○電気部門
○施設部門
○車両部門

●総研開発製品のプレゼンテーション(AV会議室)
○構造物診断用非接触振動測定システム「Uドップラー」
○ラダー軌道
○車輪/レール摩擦緩和システム「FRIMOS」
○緊急地震速報システム
○早期地震防災システム

詳しいプログラムはこちら

関連エントリー
「muetrain」ってなんだ?
関連記事
.19 2009 イベント・セミナー comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/254-5e5a8a28

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター