マニアな博物館4 『なるさわ富士山博物館』

富士山博物館0

富士山の麓、富岳風欠の近くにある道の駅、鳴沢道駅。
昼飯食べてたら、敷地内に博物館が。
 
 『なるさわ富士山博物館

入館無料!の文字に、怪しげなのぼりと奇石。
これはお土産屋の悪乗りに違いないと食後の運動兼ねて覗いてみることに。

中は予想通りお土産屋。しかし左手にはちゃんとした博物館ゲートあり。
ゲートはあるものの、解放状態。
おそらく、当初は有料にしていたものの、何らかの理由で無料にしたのだろう。
富士山博物館1

入場してびっくり。いきなり現れたのはT-REX
かなり巨大でリアルなT-REXが断末魔の叫び声をあげながら怪しく動く。
どうやら噴火によって溶岩に閉じ込められた恐竜を表現している模様。
しょっぱなから無茶苦茶。
富士山博物館2富士山博物館4
いつもどおり泣きながら逃げ出した下の子抱えて更に中へ。

富士山の映像流すミニシアターを通り過ぎ次の展示へ。
ここから一転してまともな展示に。
富士山の模型を中心に、富士の自然や鉱物を紹介。
富士山博物館5

くちばしの部分を押すと鳥の声が聞こえる仕掛けを始めとして真面目な教育展示が多数。
富士山博物館6

全般的に無防備なまでに展示品が晒されていて、触り放題。
富士山博物館7

「溶岩観察室」って顕微鏡か何かを置いてある暗い部屋を想像しながら扉を開けたら、
富士山博物館8

ただ外の溶岩が見えるだけのガラスの部屋。期待を裏切らせるのがうまい博物館。
富士山博物館9

隕石も素手で触ってOK。証明書?付きの本物。
富士山博物館11

富士山博物館らしい溶岩展示
富士山博物館10

階段昇るとお土産屋。外国のDFS並の導線。

お土産屋は鉱物を中心としたストーンショップ。
しかし博物館隣接ならではのディスプレイ。
”二流の水晶はどれ?”とか”どの水晶が本物?”など問題が提示されている。
富士山博物館13
にくいのは”答えは近くの店員へ”となっていて、こちらから店員に声をかける仕組みを導入しているところ。
答えを伝えたご婦人方は、まんまと店員の「さすが奥様目が肥えてる」の言葉につかまり、
商品説明をされていた。


帰宅してからHPみたら、私がみた展示は博物館の一部で、
外には散策しながら富士の自然を学べる自然探索路もあったようだ。

 http://fujigoko.info/fujisan/map.html

真面目と遊びと商魂が混在した不思議な博物館。

富士五湖観光に行ったついでに寄ってみるのはいかがだろうか。
(タダだし)


ちなみに、今回は富士の麓でキャンプ。
キツツキの巣もある自然あふれる森の中、王道のカレーを作って子供たちの夏休みを締めくくった。
富士山博物館14富士山博物館15


でも私の仕事は別に締まってないので日曜出勤でカバーだな・・・

その他博物館エントリー
微妙にマニアな博物館 京都大学総合博物館
マニアな博物館3「船の博物館」からみるガンダムも粋
マニアな博物館2 『初島灯台資料展示館』
「神奈川県立生命の星・地球博物館」に行ってきた。
商業展示会に博物館出現。「セラミック博物館」
科学技術館を駆け足で周ってみた
ハンズオンがいっぱい。「宇宙の謎を解き明かす」企画展で宇宙探索技術を知る。
魅力的にかつ本質を伝える。それはできるのか。
王立科学博物館(小市民的)大人買い
マニアな博物館『箱根駅伝ミュージアム』
大人のための博物館ガイド
「菌類のふしぎ」展で展示について考えた
大自然に囲まれた博物館「黒耀石体験ミュージアム」
~未来技術遺産~
下から目線
川の博物館
関連記事
.30 2009 展示 comment2 trackback0

comment

さかさパンダ
入館無料になったいきさつが気になるところですね。
さかパンは、入口の楽しいガチャポンも琴線に触れました♪
なるさわ富士山火山博物館鉱石ミュージアムのガチャポン http://sakasapanda.jugem.jp/?eid=409
2009.08.31 12:27
M322
>さかさパンダさん

さすがさかさパンダさん。既に訪問済ですね。

ガチャポン(私の地元ではガチャガチャと言いました)まだありましたよ。
私は土産屋の”三葉虫の化石3150円”が気になりました。
でも、子供たちに「土産はみるだけ!」と言った手前、購入は諦めました・・
2009.09.01 09:28

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/260-abeb0a57

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター