「科学における情報の上手な権利化と共有化」シンポジウムの案内

情報

知人よりシンポジウムの案内あり。

 「科学における情報の上手な権利化と共有化

ライフサイエンスの世界では、学術論文にならないデータは登録義務がないので測定されたデータが埋もれてしまうことがあるとのこと。また、加えて、期限付きプロジェクトが終わってしまうとデータの維持管理費が不足して、結果的にデータが行方不明になるという問題もあるようだ。

こうしたデータ共有の環境を作るためには、どんな仕組みや制度が必要かなどを
知的財産権の専門家とデータの利用者である研究者が議論するシンポジウムになる模様。

分野は違えど知財やデータ共有については興味ある分野。
参加してみようかな。

案内文は続きを参照。(興味ある方への転送可能だそうです)


-----------------------------------------------------------

ライフサイエンス統合データベースセンターでは、
10月5日(月)に弥生講堂(東京大学)にて
「科学における情報の上手な権利化と共有化」と題した
シンポジウムを開催する運びとなりました。

本シンポジウムでは、日米の知的財産権法の第一人者とともに
ライフサイエンスにおける科学情報の権利化と共有化のあり方を考えます。

参加申込みを http://symposium.lifesciencedb.jp/IPDS/
より受付けておりますので、ぜひお越しください。

【シンポジウムタイトル】
「科学における情報の上手な権利化と共有化」
Balancing IP Protection and Data Sharing in Science


【開催日時】 
2009年10月5日 (月) 10:00~16:40 (要事前登録・無料)


【会 場】
弥生講堂 一条ホール (東京大学本郷キャンパス弥生地区)


【詳細/参加申込先】 http://symposium.lifesciencedb.jp/IPDS/


【主催】文部科学省
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構
ライフサイエンス統合データベースセンター (DBCLS)
【協賛】北海道大学グローバルCOEプログラム
「多元分散型統御を目指す新世代法政策学」
【後援】内閣官房 知的財産戦略本部(申請中)、経済産業省、
社団法人日本知財学会、
特定非営利活動法人 クリエイティブ・コモンズ・ジャパン(CCJP)



○お問い合わせ先
DBCLSシンポジウム事務局
〒113-0032 東京都文京区弥生2-11-16 東京大学工学部12号館 
Email: public_relations@dbcls.rois.ac.jp Fax: 03-5841-8091


-----------------------------------------------------------
関連記事
.11 2009 イベント・セミナー comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/274-b0eeaef2

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター