スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

つぶやきログ(科学技術とか)2009年11月

twitter_icon_CD.jpg

●セルフふぁぼったー(科学技術とか情報通信とか展示とかプレゼンとか経済とか)

11月分

・ふむ。”痛みを感じてからやったほうが効果がある” RT @tmtk:
「ほんとうに苦しんだ人々のみ設備投資は与えられるものであり、生きるものである。」実感としてハラに落ちる。 - [BM]
[Column]自動化、システム化についての雑感

・いつもながらの詳細レポート。必見 「"ツタエルコト"はどこにある!?
科学コミュニケーションと学術コミュニケーション(かたつむりは電子図書館の夢をみるか )」http://bit.ly/2MowwA
#sciagora09 #sci_soc

・確かに外野の議論が最近多いきもする。:"当事者である総務省をいれずに、周辺からの感覚的な評価だけで、その場にいない役所の手腕を避難するだけでは、折角の議論もその場で終わってしまうのでは"「電波行政の改革」http://bit.ly/fLbDt

・「”ネットワークの遅さに対応したコンシューマサービスが全世界を席巻する”(My Life in MIT Sloan)」http://bit.ly/4dPWqb

・「インターネットにおけるサービス・イノベーションへのアプローチ(その2)(日経BP)」http://bit.ly/2oogoE

・最近キャリア主導のサービスが耳に入ってこないなぁ。「mobidec2009~3キャリアのコンテンツ戦略と2010年のモバイルビジネス戦略を知る!~」http://bit.ly/3oTLfV

・これは便利。当社のサイトは69点・・・。 RT @noricoco NttD社がおつくりになったアクセシビリティーチェックサイト
http://harel.nttdata.co.jp/...

・おぉ。 RT @nextdesign Modulobeのデモ。http://bit.ly/ph6w6
物理シミュレーション技術とWeb2.0の共有知。コンピュータによって可能になる新しい表現の追求。

・ふむ RT @nextdesign
先日のサイエンス・アゴラでのシンポジウムでした話をかいつまんで。かつて、児童館の工作教室に通っていたとき、突然自分が教える立場になったことがあった。教わる立場と、教える立場が逆転するような状況。それが科学コミュニケーションの原点だと思っている。

・このプロジェクトの方針や内容には賛同なのですが、プロジェクト名はちょっと・・。研究”者”著作権としてしまうと集う参加者を狭めてしまう気がする。非研究者のおせっかい意見として
RT @keitabando 研究者著作権プロジェクト

・行きたかったな。:「[jp] TechCrunch Japan
“東京Camp”参加レポート((TechCrunch)」http://bit.ly/35DnoC

・考え方としては近い「21世紀型経営の真髄は“タモ理論”(日経ビジネスオンライン)」http://bit.ly/2tKmbi

・おぉ。タイムリーな論文と思って覗いたら毛利さんの巻頭言だった。 RT @ronbuntter: こんな論文どうですか?
研究者の評価と責任,2004 http://ci.nii.ac.jp/naid/110003827685 #shiwake3

・「【JSTの産学連携・技術移転事業】の新サイト「tt」がオープン」 http://bit.ly/3lKoJM

・RT @noguchiyk:
ちなみに、このようなパテント・トロールに対抗する方法としては、複数企業の共同戦線の構築が最も有効と言われています。つまり、同じパテント・ポートフォリオをもとに訴えられている会社が複数社であつまり、弁護士費用をシェアしながら、徹底抗戦する方法です。

・元金(税収)を増やすことも考えないと:『「イノベーションの議論を超えて」第5回 少なすぎる研究投資(ScinecePortal)』
http://bit.ly/41egjH

・これはもう組織としてNGだろう。「北海道庁が違法ソフト4千本 MSに1億4千万支払いへ」http://bit.ly/4cNwEO

・パッシブタグの技術についての報告書。勉強になる。「小電力無線システム委員会 報告(案)に対する意見の募集」http://bit.ly/19EFbt

・TCP/IPスタックと暗号化ライブラリは対象外・・ :『Microsoft,小型機器向け「.NET Micro
Framework」をオープンソース化(TechOn!)』http://bit.ly/4fAny3

・これがあるから総務省のICTベンチャー支援はいらないと言われた「産業革新機構」って株式会社なのか。ICTはあまり力をいれてないようだが・・・
http://bit.ly/47WwiO

・へぇこれは面白い。 RT @waitinggodot: RT @himanainu_kawai:
今日のプレゼンの背景に表示されるリアルタイムつぶやきはこのアプリを使っています。 http://tweetbubbles.net/
#twdh02

・メモ RT @Android_now: MOONGIFT: Androidの開発者は必須「Android
Icons」:オープンソースを毎日紹介
http://www.moongift.jp/2009/11/android_icons/#more-19239 koubemise

・情報理論の父『2進数でITを変えた!伝説の「修士論文」とは?(キーマンズネット)』http://bit.ly/TdCh0

・現在、事業仕分とは関係なくプレゼン手法について整理中。参考サイト http://www.presentationzen.com/

・講演資料公開された「役に立つことを主張するネットワーク研究の危険性」http://bit.ly/4ssme4 http://bit.ly/5jhPle

・心に残るアイデア6つの法則「単純明快」「意外性」「具体性」「信頼性」「感情に訴える」「物語性」『アイデアの力』

・「厳しい制約の中で仕事をすることを強いられたとき、想像力は最大限に引き伸ばされる。そしえ最も豊かなアイデアが生まれてくる。完全な自由を与えられると、仕事が散漫になる可能性が高い(T.S.エリオット)」

・プレゼン方法向上法「読書なとを通じて独学する」「とにかく実践する」「右脳を働かせる」「外へ出てみる」「ヒントはどこにでも転がっている」『プレゼンテーションZen(ガー・レイノルズ)』

・おっ。今度は深海か。「深海探査ロボ・江戸っ子1号開発プロ始動へ、下町の中小企業のほか大学などが連携(ロボナブル)http://robonable.typepad.jp/news/2009/11/20edo.html

・ニコ動みるのは初めて。 TLで知ったこれ見たくなったからつい登録してしまった。 http://bit.ly/TVCFk 「こんなこともあろうかと」

展示評価。制作段階の5つの力。「引き付ける力」「保持する力」「手順の力」「コミュニケーションの力」「感情的な力」

・「「コンピュータ博物館」で過去の技術を伝える意義とは」http://www.hummingheads.co.jp/column/interview/interview38_01.html

・「例えば「IT業界にはプレゼンが下手な人が多いですよね」なんて言ってしまうと反発をくらいやすいです。でも「個人的な意見ですが、IT業界にはプレゼンが下手な人が多いと思っています」と言えば聞いているほうは受け入れやすくなります(すごく微妙な違いではありますが)IDEA*IDEA」

・メモ: RT @Android_now Android を手に入れたらインストールするべきアプリ20(前編) | Weboo!
Returns. - http://myl.me/21Z tchista

・博物館の展示評価ノウハウを研究開発のデモ展示に活用できないか模索中。http://www.bunkanken.com/archive/today_hyoukakankyou/hyoukakankyou1.html

展示に限ったことではないが「展示開発に関わる者たちは、こうすれば伝わるだろう、こうすれば楽しいだろう、と利用者のことを考えながら開発をすすめてはいるものの、実のところは自分たちの思い込みや経験値に頼っているだけで、そこにしっかりとした根拠はないことも多い『文環研レポート』14号」

・ちょい古いデータだが、技術職としてこんな枠があるんだ。「タイトル講義用スライド、プレゼン資料等の作成を担当する、写真技術とカラーコーディネーター資格を有する者を常勤技術職員として採用(群馬大学)」http://www.zam.go.jp/pdf/00000142.pdf

・ユーザに判断を委ねる図表 RT @sasakitoshinao 双方向性を生かした「誘う」図表 - Distribution
Revolution - インターネットとコンテンツ配信 http://d.hatena.ne.jp/drevo...
これは凄い。見やすい。

・システム創成学講演会II 「リソースの創成と流動」地球資源、人、知識、そしてアート、音楽まで創成し流動させようとする未来の工学
http://bit.ly/2w2sLB

・メモ: RT @arifumi: 小林さんの発表で紹介されてたのか。^^; RT @reo_kashiwazaki:
小林さん@NTT。トラフィック監視、ツールの紹介。トラフィック監視系ツールのいいまとめサイト。http://bit.ly/8kIy63
#iw2009

・企業人はまず動く。 RT @retz
飯田哲也氏も出ていたGEWの発言録。過去を対象とした事業仕分けよりも、環境産業の育成に注目すべきと思います。『CO2の25%削減はイノベーションのチャンス』http://ow.ly/Fcss

・「電子経済産業省アイディアボックスの実施結果について(経済産業省)」登録ユーザ数が1,063。多いような少ないような。
http://bit.ly/6o5PDK

・ホワイトスペースの活用法などについて議論「新たな電波の活用ビジョンに関する検討チーム発足」 http://bit.ly/8susFw

・"知的好奇心は心の栄養゛ RT @ecochem: RT @yokodon001: #def_univ09
#f_o_s「役に立つ」とは?というのも難問だが、「役に立つ」という表現に語弊があるのかなとも思い始めた。そんな最中、絶妙の随筆が。http://bit.ly/6eHFZa

・国立科学博物館サイエンスフェスタ。第一会場は大人向け。第二会場は体験型で子供も楽しめそう。29日(日)まで。

・国立科学博物館サイエンスフェスタ。京都工芸繊維大学。異色のデザイン展示。メッセージ色がちょい強い。

・国立科学博物館サイエンスフェスタ。熊本大学。衝撃エネルギー科学。超高圧や超重力を発生させる仕組みや新物質の合成についての説明。

・国立科学博物館サイエンスフェスタ。熊本大学。衝撃エネルギー科学。「衝撃波でリンゴが一瞬でジュースに」荒っぽい料理法。

・国立科学博物館サイエンスフェスタ。静岡大学「スキーマ―(物事をどう記憶したかの知識」を用いた認証方式」。要は画像を使った認証方式。本人には記憶が容易で、他人には記憶が困難な画像を利用。試すと面白い。

・国立科学博物館サイエンスフェスタ。静岡大学「瞳孔マウス」視線と瞬きでマウスのを操作し文字を打てる。眼鏡をかけていてもOK。かなり精度が高かった。

・国立科学博物館サイエンスフェスタ。静岡大学「光距離センサー」。距離測定結果をサーモグラフィー的なGUIで表現。

・「周波数再編アクションプラン」の見直しに係る意見募集http://bit.ly/4ofNBa アクションプランはこちらhttp://bit.ly/7pdNBu

・これからは4へ RT @tohkichi2 北澤宏一:1・食べる、2・もの=使う、3・サービス=楽しむ。4・個人で実現しにくい欲求

・企業からみればまさに。”投資・寄付を呼び込む仕組み(インセンティブ)を用意することが必要”

・”パチンコ産業規模は30兆円/年、一人頭2万円/月使っている。じゃ太陽電池やリニアにはいくらかかる?”

・"貯まった対外純資産は250兆円(2007)”

・”日本の貿易黒字は10兆円で横ばい.”

・”国内では国全体として後世に貯蓄を残すことはできない。→借金も残すことができない”

・”1990年代国民の貯金増大=政府の借金増大”

・北澤宏一さん:”誰かが貯めたお金は誰かが借りてる。借りたお金は使われる。”

・タグあったんだ。私も少つぶやいた RT @enodon: タグもあったんですね。勝手にまとめてしまいました。DIS+COVERサイエンス
創刊発表& 記念講演会(北澤宏一氏「科学技術が日本を救う」)http://togetter.com/li/1208 #d21_science

・RT @hamano_satoshi: 先日のORFをまとめてみた。Togetter(トゥギャッター) -
まとめ「村井純×新保史生×田中浩也×濱野智史×神成淳司「情報社会の近未来ビジョン」@ORF2009 実況まとめ」
http://bit.ly/8xk1L1

関連エントリー
つぶやきログ(科学技術とか)2009年10月
つぶやきログ(科学技術とか)2009年9月

関連記事

2009/12/06 22:00 | サイエンスコミュニケーションCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。