スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

つぶやきログ(科学技術とか)2009年12月21日~12月31日

29649db8336970317780349e3a18792a.png


●セルフふぁぼったー(科学技術とか情報通信とか展示とかプレゼンとか博物館とか)

12月21日~12月31日分

クリスマスとか年賀状のボヤキを省いたピックアップログ

今年もお世話になりました。

良いお年を。

●2009年12月21日(月)

・先日某博物館関係者に技術展示の相談にいったとき、同じような感じでした。 RT @gnsi_ismr: いや、でも展示は未だに難しいです。よくわからないですよ。

・RT @gnsi_ismr: 結局信念だよな。信念を持っている他人を技術で助けるか、自分が信念を持って他人の技術で助られるか、希に両方を兼ね備えるか、のどれか。

・提案にいくときは相手のことをあれやこれや調べるわけだが、相手が知りたいのはこちらのことであったりして。煮つめれば煮つめるほど相手のことばかりになって、自分が何者であるか何に貢献できるのかの説明が弱くなりがち。イケイケ営業とは逆だが、これもまた問題。

・ですね。毎回「初めて」 の展示の評価のやり方を模索しています。 RT @gnsi_ismr: つまるところ、毎回「初めて」ですからね。RT @k_2106: RT @gnsi_ismr: いや、でも展示は未だに難しいです。よくわからないですよ。

・会社紹介のパンフ作成。配布して説明するあらゆる場面を想定しまい遅々として進まない。やっぱり冷静な第三者に入ってもらうべきかな・・・

・取りあえず形になった。年末のプレゼンはこれいく。そろそろ自前主義から抜け出さないとですね。 RT @fujita244: ちゃんとした人じゃないと大変だけど入ってもらった方がいいでしょうねRT @k_2106: 会社紹介のパンフ作成。やっぱり冷静な第三者に入ってもらうべきかな

・メモ: RT @enodon: 岩波科学が科学技術政策の特別ページを立ち上げ、意見募集を開始。http://bit.ly/84p33w 村上陽一郎氏のメッセージmo

・「熟議」には時間とコストがかかる。時間を短縮するためにもコミュニケーション能力が必須。という感じだろうか。

・メモ: RT @ecochem: Webデザイン。 RT @yukawasa: ランディングページ集めました。|WEBデザイナーの為のデザイン参考サイト http://ff.im/-dbGOg

・参加してみたい。 RT @atmarkitevent: 今日の@ITイベント記事「「外の視点」を導入するソフトウェア開発」開発を愛するコミュニティ「DevLOVE」がイベントを開催。SaaSから建築学まで、幅広い視点で開発現場の未来を探る http://bit.ly/8PUqRB


●2009年12月22日(火)

・廃道探検家ってのがいるのか。日経文化欄

・年末年始の楽しみに。 RT @yu_kubo: [教育][宇宙][flash]ゲームを通じて宇宙を学ぶ宇宙ワンダー/これはなかなかいい感じ。深海ワンダー、南極ワンダーに続く第3弾 B! http://ow.ly/OpqA #rikanoheya

・内容的に子供を連れて行っていいのか、無理なのか判断に悩むな。コンサートとかもよさそうなのだけど。 RT @KyotoUniversity: 京都からの提言 これからの社会のために-子どもを導く切り札- http://bit.ly/8mmkHk


・RT @TakahiroPEJp: [blog] 技術士って?という方のために http://bit.ly/fMSJA

・メモ、昨日の早稲田でのシンポ。:「仕分け人が早稲田に集う! 現在録画放送中!(NewsSpiral)」http://bit.ly/7D3lTx

・プレゼン資料。人には”KISS(Keep it short and simple.)の原則と教えておきながら、自分の資料はそうでなくなっていく・・・。

・RT @hari_nezumi: RT @FromSirius ロゴはもちろん。場合によっては協賛広告枠も。でも「スポンサー」だけでなく、「企画」側も情報を詰め込みたい欲望を持ってしまいがち。信頼できるグラフィックデザイナーや、何よりも「鑑賞者」の視点をよく受け入れることが肝要>

・いま丁度自社のチラシ作っててTL見るたび我に返ります・・ RT @hari_nezumi: それにしても、文字が小さいチラシがものすごく多い。紙面に対して情報量を詰め込みすぎている気がするのは気のせいだろうか・・。1館、QRコードつきのチラシがあってユニークだと感じた。


●2009年12月23日(水)

・養成講座はコミュニケーターを育てるところであって職を産み出すところではないのでは。科博は少なくとも得た知見の使い道、発展のさせ方は受講生に委ねられている。(W大はジャーナリストという職を育ててるのかも)たかだか数100時間程度の受講”だけ”で職はないだろう。


・児童手当廃止→こども手当新設。どのみち企業負担枠は残るのか。どの程度になるのか明確に示して欲しい。個人の所得増減割合だけではなくて。

・「サイエンスコミュニケーションやります」といってお金を取りにいくこと想定して実際手を動かしてみる(もしくは実行してみる)。誰に、何を、どんなタイミングで。パンフなり、サービスメニューなり、プレゼン資料なり。いまあるかどうかを考えるより作りだせるかどうか。


●2009年12月24日(木)

・第一回目は書類審査のみ。だだし普通の人はまず無理。1月8日まで。「認定人間中心設計専門家の応募要領を公開しました(HCD推進機構)」http://bit.ly/4OnLEB


・メモ: RT @tsuda Nyzilla公開。こういう形で社会的なメッセージをソフトウェアで伝えるというのはいろいろな意味で衝撃的。Winny問題が次の段階に行くのに必要な1つのプロセスなんだろうな。http://takagi-hiromitsu.jp/Nyzilla/


●2009年12月25日(金)

・元文書をみたいのだが見つからない。「大学の慣行、既存ルール重視…北大が自らの「産学連携失敗例」検証」http://bit.ly/8sWNEO

・予算で動いてる人は予算の枠内でしか考えない。当たり前だけど。減らされる前に別枠を生み出すことしないとじり貧だよね。新しいことするのに予算なんてものはないのに。思考停止にさせる仕組みがそこにある。

・そんなことはとっくに知ってるよと言う人はよくいるが、それを実行している人は少ない。

・何銭単位で勝負している人たち。こうしてつぶやいている間にも円単位の人件費。『カネがないから仕方ない」なんて泣き言、ハママツでは許されません(日経ビジネスオンライン)』http://bit.ly/5yIueQ

・積み上がった書類を整理。セミナーやシンポの資料がかなりの量。今年は何かヒントになりそうなもの、気になったものにかなり手を出した。血となったか肉となったかは来年の動き次第。とりあえず年末までに皮くらいにはした感。

・平成22年度予算政府案(総務省)。地デジ対応は結局去年よりは増えてるじゃん。http://bit.ly/4pMcIn


●2009年12月27日(日)


・まさにこの辺のことを先週某大学者と議論してきたところ RT @h_hirakawa また個別のプロジェクトごとじゃなく、大学や研究機関として、そういう「つなぐ人・活動・研究」をするプラットフォームを設置し、その運営費や人件費を、個々のプロジェクトからの拠出金で賄うとか。(略)

・RT @h_hirakawa (略・・・)文科省の科学技術基本計画特別委員会の中間報告案の「Ⅳ.社会と科学技術イノベーションとの関係深化」(p69~)がとっても重要。http://tinyurl.com/y9g6jh6

・いまなら餃子5個100円。 RT @K_Tachibana ひとり当たり300円 学食より安い~ 餃子の王将が安いというのは首肯しないけど幸楽苑なら安さを実感できそう RT @k_2106: 幸楽苑。餃子も食って家族四人で1200円。うーんデフレの味がする。

・RT @yu_kubo[科学][政策]"Science the Endless Frontier" なぜ国家は基礎科学を支援すべきなのか。 B! http://ow.ly/Q2CY

●2009年12月30日(水)

・科学技術関連予算は文科省のみにあらず。「平成22年度総務省所管予算(案)の概要」事業仕訳の反映状況表もあり。http://bit.ly/4HR6vd

・RT @hari_nezumi RT @yorihito_tanaka 世界のトップクラスの科学者による講義動画100選 - YAMDAS現更新履歴 http://d.hatena.ne.jp/yomoyomo/20091229/lectures

・『アートとテクノロジー』2/8 RT @bunkacho_watch 文化庁メディア芸術プラザ(MAP)ブログ 文化庁メディア芸術祭の最新情報やメディア芸術関連ニュース: 「メディア芸術とは何か?」をテーマにした5つのシンポジウムを開催。 http://ff.im/-dusGZ

・RT @kazikeo 直ぐに役に立つ知識は直ぐに役に立たなくなる知識でもありますから、おっしゃる通りです。ただし、慶應義塾でいう「実学」とは、実証科学(サイエンス)という意味ですので、誤解なく。RT @suzukimasatomo: まっとうな企業なら大学に実学を求めない(略)

・共感すると同時に”職”として確立させようとしている人も否定しません。 RT @lutana2 科学技術コミュニケーターは「職業というより、社会的役割」。共感します。 http://hos.sci.hokudai.ac.jp/pbc/2009/12/post-26.html

・RT @JMediaArtsFes 「可能世界空間論」展は、ICCで1月16日から。インターネット上に構築される3D仮想空間であるメタバースが現実世界とどのように違うのか、また現在の情報技術によって社会や都市や建築はどのような変化(略)・・http://bit.ly/4uERz3


・「日本MOT学会第1回年次研究発表会講演募集【応募締切延長しました】」http://bit.ly/4A1WCC

・『グラフィックファシリテーション』って言う技法があるのだね。システムエンジニアのホワイトボード談義とかマインドマップとも繋がる。http://bit.ly/4EF3qc

・海とともに暮らす知恵。ダイバーの中村征夫さんを中心に中村桂子さんのエッセイとか。ちょっと変わったプロジェクト。『日本列島知恵プロジェクト』http://bit.ly/8EZ9qr

・初日の出は何時頃?場所と日付を入れるだけ。「おはこん番地は!?API」http://bit.ly/8EZ9qr

・決まりだからと思考停止にならぬよう気をつけないと。:”海外の連携強化に向けての障害は規制などではなく意識の問題”(三菱商事社長小島順彦)

・Blogをはじめて1時間、Twitterをはじめて更に1時間、寝る時刻が遅くなった。

・携帯電話のトラフィック制御システムに関わっていた頃、年末年始は正月の”おめでとうコール”対応で、生きた心地がしなかった。このトラウマでいまだに年越しは緊張する。今年は”おめでとうTwitter”かな。運用担当者のみなさん頑張って乗り切ってください。

●2009年12月31日(木)

・おぉ。新年の挨拶文で”レールは自分で敷いていこう”と決意を書いていたところ。読んでみよう。 RT @hoshibay 久しぶりにブログ更新! 「ずるい!? なぜ欧米人は平気でルールを変えるのか?って思ったことないですか?」 http://bit.ly/7yKGAr

・RT @K_Tachibana "すべての独立行政法人について、以下の基本的姿勢及び見直しの視点により、抜本的な見直しを行う。 1.基本的姿勢 (1)..." http://tumblr.com/xra53osrn


・産学連携ニュースなるサイトが立ち上がっていた。 RT @san_gaku_renkei: 産学連携成功のために大学が行うべきは http://bit.ly/6IXqSI

・17時以降の全品10%オフを狙ってきたわけだが、私の好きな゛たづくり゛が売り切れ。煮干しを買って自作することとなる。

・RT @gizmodojapan: 【最新記事】 書評系アルファブロガーがおすすめする2009年のサイエンス本3冊 http://bit.ly/7PaAo7

・「つぶやきログ(科学技術とか)2009年12月11日~12月20日」 http://bit.ly/5206XN


関連エントリー
つぶやきログ(科学技術とか)2009年12月11日~12月20日
つぶやきログ(科学技術とか)2009年12月1日~12月10日
つぶやきログ(科学技術とか)2009年11月
つぶやきログ(科学技術とか)2009年10月
つぶやきログ(科学技術とか)2009年9月

:Twitterと言うコミュニケーションインターフェースに思う(備忘)2
:Twitterと言うコミュニケーションインターフェースに思う(備忘)

関連記事

2009/12/31 20:51 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。