スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

プレゼンノウハウを集めてみた: その4.プレゼン技術(資料作成術)

softbunk_sl2.jpg

------------------------------------
 その1.プレゼン極意(学術編)
 その2.プレゼン極意(ビジネス編)
 その3.プレゼン技術(話し方・伝え方)
その4.プレゼン技術(資料作成術)
 その5.プレゼン技術(ツール・素材)
 番外.参考書籍
------------------------------------

前回の『その3.プレゼン技術(話し方・伝え方)』では、構成の組み立て方や話し方について、主に本番での伝え方に言及している情報リンクを紹介した。

今回はプレゼンで使用する資料の作り方。
プレゼンを補完するスライド資料。
わかり易いスライドはすっと頭に入ってくる。
印象的なスライドはグッと心に響いてくる。

パワポのテクニックを中心に、資料作成の際に気をつけたい点についてまとめたサイトのリンクを集めてみた。




まずは基本的なものから。

 >要点を押さえてすっきり!できる「プレゼン資料」の作り方(飯塚朋子)


次にMSパワーポイントの使い方。
アウトラインの使い方など参考に。

 >パワーポイント使い倒し術(BIGLOBE) 

VOL.1: 【ウォーミングアップ】企画書なんてカンタンだ!
VOL.2: 【素材集め】見て、さわって、なめてくる!
VOL.3: 【組み立て1】アウトライン機能で並び替え!
VOL.4: 【組み立て2】階層構造で掘り下げる!
VOL.5: 【装飾1】スライドのデザイン
VOL.6: 【装飾2】スライドを仕上げる



デザインも重要。
配置やフォント、配色。ちょっとしたテクニックで見栄えが変わる。

 >パワーポイント使い倒し術~デザイン編(BIGLOBE) 

VOL.1: よい企画を後押しする「デザイン術」
VOL.2: タイトル、文章、オブジェクトにプライオリティーをつける「デザイン術」
VOL.3: グリッドを使った読む気にさせる企画書「デザイン術」
VOL.4: 読みやすい文字の大きさと行間を学ぶ「デザイン術」
VOL.5: イメージに合った配色をする企画書「デザイン術」
VOL.6: オブジェクトの効果を最大限に引き出す「デザイン術」
VOL.7: スライドマスタを使った美しい企画書「デザイン術」
VOL.8: コンペに勝つ! 雑誌に学ぶ企画書「デザイン術」



数値を表現する場合にグラフや表が有効。
ただし、的外れな図表はかえってわかりづらくなったりするもの。
図表の選択に迷ったらここを参照。

 >どのグラフを使えばいいかを1枚の画像にまとめてみた…の図を日本語化してみた(適宜覚書はてな異本)


意外と見落としがちな和欧混在時の見え方。
和文と英単語を同一行に組む場合にいろいろな問題が介在している。そこで和欧混植組版に関する留意点
なんとなく違和感を感じたらこちらを参照。

 >和欧混植の問題点 - 欧文フォントと組版(4)(日本印刷技術協会(JAGAT)澤田善彦 著作集)


色にも気を配りたい。
日本人の20人に一人は色覚に異常があるらしい。
50人の会場なら二人はいる計算。
カラ―ユニバーサルデザインの基礎知識はもっていた方が良い。

 >色盲の人にもわかるバリアフリープレゼンテーション法(東京大学分子細胞生物学研究所)


最後に変わったところで

 >プレゼンテーションと情報管理(轟 眞市)

解かり易いプレゼンテーションを行なうための基本原則は、「適切な型」に則った上で「推敲/練習を重ねる」ことにある。限られた時間の中でこれらを効果的に実行する鍵は、収集・蓄積した情報を必要な時に取り出せる環境を構築し、また避けて通れない定型的な作業をパソコンに任せることで、推敲/練習などの頭脳労働(創造的作業) の割合を増やすことである。筆者が実践している情報管理手法を紹介する。


 プレゼンは一度にあらず、何度も繰り返し推敲を重ねて洗練されていく。
 限られた時間中で、推敲を重ねるために作業を効率化する必要がある。
 そのための、定型作業の自動化と文書の再利用強化方法を紹介している。
 
 情報発信は誰にでも取得できる”技術”であり、それは感覚的なセンスではないと説く 
 轟氏はこの他にもいくつかプレゼンに関して書いていてWeb上でも公開している。

 >プレゼンテーション技術(轟 眞市)

 学術でもビジネスでも通じる汎用的なプレゼンテクニックを独自の視点で解説。必見。

<追記20100311>

 ライフサイエンス分野などの研究者には画像を効果的に魅せることも大事。

 >科学者のためのPhotoshop活用ガイド

<追記/>

次回は資料作成時に使えそうなツールや素材集を紹介(予定)。


------------------------------------
 その1.プレゼン極意(学術編)
 その2.プレゼン極意(ビジネス編)
 その3.プレゼン技術(話し方・伝え方)
その4.プレゼン技術(資料作成術)
 その5.プレゼン技術(ツール・素材)
 番外.参考書籍
------------------------------------

関連エントリー
伝える状態をつくる
わかり易い研究をどう届けるか
「デジタルジャパン」戦略に想う。伝わる仕組みの重要性。
「経営者」に伝わる科学技術
「伝える」のではなく「伝わる」

関連記事

2010/02/10 00:30 | テクニカルコミュニケーションCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。