つぶやきログ(科学技術とか)2010年2月21日~2月28日

twitter_icon03.jpg

●セルフふぁぼったー(科学技術とか情報通信とか評価とか技術士とか深海魚とか)

2010年2月21日~2月28日分

ピックアップもろくにしてないつぶやきログ。

いろいろせっぱつまりながらもつぶやき多し。

●2010年02月21日(日)


・かなりの衝撃 RT @Tomo_Kurata: 衝撃画像かもしれませんが、将来はこんな感じに・・・http://www.xenopus.com/tad2.jpg (#tkurata live at http://ustre.am/cLpU)

・"Google の製品は、どんなチームがどんな風にデザインしているのか、興味ありませんか?"「Google インタラクション デザイン & ウェブマスター オープンハウス」http://bit.ly/bbRu51

・RT @ishii_mit 世界は加速している。テクノロジーは1年ですたれる。アプリケーションは10年でおきかえられる。しかしビジョンは、強いビジョンは、きっと100年を超えて生き延びる。そして僕らがいなくなった未来を照らしてくれる。 石井裕 MITメディアラボ

・パワポの練習&相手の気持ちになって理解する訓練にこうした取り組みは面白いかも。「ペリーがパワポで提案書を持ってきたいら(DailyPortal)」http://bit.ly/aheS6L

・電子書籍は入るのかな? QT @Eng_Univ_Tokyo 研究成果】本から世界のトレンドを見るウェブサイトWorldBookTrends運用開始。運営チームは総合研究機構/知の構造化センター 松尾豊 @ymatsuo 研究室。http://bit.ly/d5oAxS

・技術史は大事。「100年前の技術から現代への教訓を学ぶ(My Life in MIT Sloan)」http://bit.ly/9g6D4A

・RT @dldb_bot ◇Webデザイン関連記事◇ [HTML/CSSのテンプレートがダウンロードできるWEBサイトのまとめ「25 Best Websi…] http://bit.ly/dvgu8W (詳細:http://bit.ly/d2KPcT)

・むむ RT @Android_now 誰も気にしていないため - Linuxカーネル開発者、LinuxカーネルからAndroidコード削除について説明 http://bit.ly/di3JVl Google側からの回答が見たいところ。 minamishinji

・RT @hatebu_science asahi.com(朝日新聞社):「竜宮からの使者」たびたび漂着 日本海側 深まる謎 - サイエンス: 福井県で見つかったリュウグウノツカイ=3日http://bit.ly/980fBS

・#s_literacy 「21世紀の科学技術リテラシー」第3回シンポジウムレポート QT @K_Tachibana だれになにをつたえるの?の「だれ」はどんな人たちなのか(Jiji-Memo) http://bit.ly/cwHvLW

・私も科博の講座で技術史の研究員にお会いしたのが大きい。それまで歴史って全然興味なかった。 QT @K_Tachibana 東大科学技術インタープリター社会人講座で学んだことで一番大きかったのは,科学史を学ぶことの重要性を知ったこと

・行きました。http://bit.ly/baOt9u QT @ecochem: 2008年国立科学博物館のもやしもん(菌類のふしぎ展)見に行った方います? ※私が新潟から見に行った記録: http://bit.ly/bzVRpO (#noitaminaAR

・何か業を興すときには様々な知識と技が必要。身につけるために日々学んだり訓練するわけだけど、限られた時間と能力の中で、どこまで自分でやってどこから人に託すべきか、その線引きを上手くやらないと、事業のタイミングを逃し、単なる自己満足で終わってしまう。決断は自分に。

・メディア芸術祭、芸術工学展、ノーマンズランド、土偶は行った。あとはサイバーアーツジャパンにICCにうーむ。

・「次世代ミュージアム用モバイル型展示キットの開発(東京大学産学連携プロポーザル」http://bit.ly/bn8EMc

・同じく QT @K_Tachibana 私も予定が合えばぜひ参加したい科学史カフェ @flatfish51 おお、これは参加したい RT @K_Tachibana: 駒場とか・・ RT @hari_nezumi 技術史とか、科学史とかをテーマに一回やってみたいな、カフェイベント。

・お。関係者の方ですか?博物館的展示手法の他展開を模索中です。。 QT @tomokihirano 赤坂に通って聞き取り調査をしたのがなつかしい。RT @k_2106 「次世代ミュージアム用モバイル型展示キットの開発」http://bit.ly/bn8EMc

・科博の収蔵庫見学は至福の時間でした。 QT @tomokihirano いま展示に出ているものが博物館の所蔵品のすべてではないこと(収蔵庫があること)、(略)博物館にはミッションがあって、それに基づく資料収集や研究をしていること、とか、そもそもあんまり理解されてないなー。

・技術(や研究)オリエンテッドな展示にワクワク感を導入する試み(抽象的・・)。 QT @tomokihirano: 「博物館的展示手法の他展開」おもしろそうですね。ぜひ詳しく聞かせてください! RT @k_2106 お。関係者の方ですか?博物館的展示手法の他展開を模索中です。。

・「ルーヴル-DNP ミュージアム ラボ」に絡めたデジタルミュージアムのセミナー。 「ミュージアムラボ - コミュニケーション技術展<セミナー申し込み>(DNP)」http://bit.ly/bHC0Xl


●2010年02月22日(月)

・オープンソース QT @dldb_bot: ◇Webデザイン関連記事◇ [無線LANの電波状況分析ツール inSSIDer - 情報考学 Passion For The F…] http://bit.ly/9vgnYL

・まさにこうした文脈の中でビジネスと絡めながらここ何年か動いてます。展示評価にも興味あり。いろいろ教えてください。 QT @tomokihirano: サイエンスコミュニケーションや科学リテラシー、鑑賞教育とも重なります。RT @k_2106 技術展示にワクワク感を導入

・「ユーザビリティとユーザエクスペリエンス(黒須教授のUser Engineering Lecture)」http://bit.ly/9SppQl

・お疲れ様でした。 RT @AAAS_jstkoho もう、配布物もほぼはけたので、撤収に入ります。Opinion Pod クローズします。Web上ではずっと見られます。 (#AAASJST live at http://ustre.am/cs4b)

・RT @openmeti: #openmeti いよいよ、アイディアボックスのオープンが明日に迫りました。バンクーバーに負けない熱い議論となることを期待しています。 http://bit.ly/bMaHhs

・てっきり中継が終わったものかと思ってました。おたまっぽいのがいますね。 QT @Tomo_Kurata 一日、ほとんど視界から消えてました・・・ (#tkurata live at http://ustre.am/cLpU)

・RT @rkmt ソニーコンピュータサイエンス研究所「三人の研究者」展@渋谷 今週金曜からです。 http://imposs.ible.jp/events/20100226/

・RT @MichiKaifu [携帯電話][日本][パラダイス鎖国] 周波数政策を誤れば「棺桶の蓋に釘」となる http://ff.im/gkXZM

・ふむ。”「営業とは売ることではなく知ること」”か。 RT @sohbunshu: 「トヨタ自動車がはまった本当の罠」をブログに公開しまた。トヨタ上層部とのお付き合いを通じて思ったことをありのまま書きました。http://www.soubunshu.com/

・携帯電話を用いた神楽坂商店会情報通知システム「神楽坂えくすぷろーら」のデモや解説 「神楽坂 人・未来フォーラム」3/10 http://bit.ly/boirCW

・ おぉ。大きくなって。中継ありがとうございました。たまに覗いていただけだけど愛着が・・ (#tkurata live at http://ustre.am/cLpU)

・おたまの時期から色素胞はあるのですね。大人になるにつれて色素胞の種類が増えるのですか? (#tkurata live at http://ustre.am/cLpU)

・RT @motoshirai: 科学技術プロセスのオープン化--テクノロジーアセスメント(TA)の新たな潮流とわが国での制度化. 3月9日 国際文化会館 http://bit.ly/bPnOZU

・これぞ工業ロボ。2月25日に公開実験するらしい。「エレベータシャフト内アスベスト除去ロボットを開発 NEDOと大成建設(NODO)」http://bit.ly/ahJ4aa

●2010年02月23日(火)

・RT @taguchi プログラマーの面接をするときに便利なシンプルツール『See[Mike]Code』 - http://bit.ly/am2SQ6

・結局のところどう使ったかだろうな。「「インターネットが人類の知能を向上」、IT関連の有識者の多くが認める」http://bit.ly/aZYdjl

・Androidでプロジェクター「【MWC続報】Samsungがプロジェクター内蔵Androidスマートフォン「BEAM」を披露(TechOn)」http://bit.ly/bC428P

・「技術評価に関する法律・指針(経済産業省)」http://bit.ly/9F2TEo

・費用対効果の導出方法等、『技術評価の効率性・有効性向上に関する調査』http://bit.ly/cLb34D

・「総務省情報通信研究評価実施指針(総務省)」http://bit.ly/aFE7jA

・評価者、もっといえば評価者を選定する人に評価はかなり左右される。

・最終的な評価者は市場。だが50年先、100年先の市場参加者の評価は想像できない。

・今の評価システムを替えるとして、学術研究者は何を評価されどう糧を得ていけばよいのか。

・この辺は企業にも散見。エビデンスなしに第三者に説得ある説明をどうできるか? @hkohno_abbr そして、実際は実務にかける時間より費用対効果を算出することに時間を奪われるようなシステムになりかねない(実際なっている)。役人騙しだ。

・論文(評価対象物)というか評価観点です。必要性、有効性、効率性とか。指針に批判はあれど、じゃどうすればOK?ってのが QT @fujita244: 論文以外ということ?RT @k_2106: 今の評価システムを替えるとして、学術研究者は何を評価されどう糧を得ていけばよいのか。

・RT @ichiyanakamura: 3月3日、13:00~ IPDCフォーラム@三田。モバイル放送、AMIO、ホワイトスペースなど電波ビジネスと政策の実験、展示、講演、パネル。 http://bit.ly/cogX7a

・資料や昨今の流れみてると効率・有用性の方向。だからこそ何か別の観点・仕組みが必要なのかなと。 QT @hkohno_abbr efficiency より、economy of discourseじゃないのか。何においても。効率・有用性を追い求めた果てに便利ボケになるのはやだな。

・ですね。私は「絵」を描くサポートしていて、良い絵はどんなものか、判断ネタの一つとして評価を眺めた次第。 QT @hkohno_abbr discourseやアジェンダを、簡潔に絵で示せないと、効率・有用性すら本末転倒だろうと、と思います。建築家は「絵」が描けます。

・自宅でやっていると言えばやっている。つきあいで。「「大人のためのワークショップ もう一度、図工の時間」参加者募集のお知らせ(東京都現代美術館)」http://bit.ly/9NArwt

・JSTの文献情報提供サービスサイトってもうちょっとわかり易くならないかね。使用方法も課金体系もよくわからん。http://bit.ly/boxqem

・RT @K_Tachibana: コンシェルジュなら当然かもね RT @fj_n: こちらから聞かなければ、それが、鉱物を掘ることによって、どんくらい周囲が削られるかを実感させるためにデザインされたものか、ということすら、特に教えてくれなかったりする、とのこと。


・この方ですねhttp://bit.ly/9gqi QF QT @ecochem: もやしもん撮り放題の08年「菌類のふしぎ」展を開催したのは作者を説得した科博学芸員のセンスと力量。それに感謝して再掲。Togetter…「そらのさんダダ漏れ http://bit.ly/dxRZrW

・ん?ツイートが誰かに公式RTされたのち、その公式RTされたツイートを誰かがさらに非公式RTすると、つぶやき元のユーザー名は消えちゃうのかな?


●2010年02月24日(水)

・ロードマップの本家ってなんですか? QT @K_Tachibana ロードマップの授業もとっといたほうがよかったかな RT @ts_pawn: ロードマップは意外と面白いな.やはり本家に教わるのは大事だな.

・なるほど。ありがとうございます。是非聴講してみたいです。 RT @ts_pawn: (cont) http://tl.gd/b78e4

・日本の通信技術の研究者が集積するパークでもワンセグはつながらない。

・放送には冷たいみたいです。初めてPCのワンセグ立ち上げたのに… RT @fujita244: 横須賀ですか?RT @k_2106: 日本の通信技術の研究者が集積するパークでもワンセグはつながらない。

・IFRSはブランド資産価値などの無形資産を積極的に評価するのか。だれがどう評価するんだろう?

・さまざまな活動、報告として文書化しておくのは有効。でも手間なんだよね。 RT @K_Tachibana JJSC第7号発行される http://bit.ly/63QKIl

・ほう。RT @kanaya: 物理出身の計算幾科学者として肝に銘じている言葉がある「物理学者は昨日の計算機で明日の問題を解いている.一方,計算機科学者は逆のことをしている.」RT @tsatucd: ... http://tinymsg.appspot.com/pKB

・まずは事象を簡潔に伝えること。出来てない理由、感覚的な見通しの報告は時間の無駄です。

・任せるのは自分でやるより数倍神経すり減らす。

・帰り道にある塾。列をなす送迎の車のほとんどが車載のTVをみてる。昼の営業マンしかり。この視聴率って調査対象外なんだろうな。


●2010年02月25日(木)

・のれんとは別です。例としてインターブランド(英)による評価。ブランド資産を将来に渡る債権とみなしブランドのリスク係数をかけて表すとか。ブランディングに関する書籍にでてきたので気になりました。 QT @A_xtu: @k_2106 のれんのことを指してますか? #IFRS

・景況感は電気機械業で改善したものの、情報通信業では若干悪化。情報通信製造業の生産・在庫は改善し、設備投資も改善、情報通信関連の消費支出は増加した。「「情報通信産業の経済動向報告(2009年第4四半期)」の公表(総務省)」 http://bit.ly/bVlLfD

・無線局数の増加、トラフィックの増加は著しい。「電波利用の現状について(総務省)」http://bit.ly/caOucd

・眠れないので積読本を読む。


・教育機関として科博はいつも外れるな。 QT @scienceshop 「高等教育での科学技術コミュニケーション関 連実践についての一考察」という論文でサイエンスショップなどについて取り上げていただいていました。http://bit.ly/9eFBJd

・RT @shigejam Project erewhon: モバイル向け大学情報サービスの研究・開発プロジェクト http://erewhon.oucs.ox.ac.uk/


・公的機関の方はやっと関係が築けたぐらいの時期に異動しちゃうな。

・なかば強引に環境・医療に結び付けてるのあるしな。 QT @enodon なんと!来月ではないか…11年度の科技予算仕分け、3月前倒し実施 文科など8省合意 http://bit.ly/b0smHj #f_o_s

・なるほど。件の書籍は今後の動向予測的なネタとして載せたのかもしれませんね。ありがとうございます。 QT @A_xtu: @k_2106 寡聞ながら「ブランドのリスク係数」とは初めて聞く言葉です。ブラン... http://tinymsg.appspot.com/7dG

・試作のための試作から量産のための試作への流れ。

・個人的に実現したいことと足元を固めることの行ったり来たり。

・工学系研究者を表すいいアイコンないかな。

・チェックする人の観点に依存してモノを出してくるのが間違い。考えるべきは最終的にそれを受け取る顧客の目線。要は想像力の欠落。

・RT @next49: 同書p.77で説明されている「どうしてその研究をやるのか」の学術的意義をどこまで遡って説明するかについての酒井氏の助言は、「その学術雑誌の読者の共通理解のところまで遡って説明する」


●2010年02月26日(金)

・場の場合はその場にいる人の共通理解になるのかな QT @next49: 同書p.77で説明されている「どうしてその研究をやるのか」の学術的意義をどこまで遡って説明するかについての酒井氏の助言は、「その学術雑誌の読者の共通理解のところまで遡って説明する」

・"特定市場、BtoB市場では、相手のニーズに応じた技術開発、モノづくりがポイントになる。相手の求めているものを正確に把握し、的確な機能と性能を盛り込み、届ける。しかしそれを求める相手と出会わないとその技術は世に出ない。・・・いかに自分たちの技術を知ってもらうか。”

・ICCの展示。オープンスペースも企画展示も今の奴は28日まで。「「オリガマイザ」http://bit.ly/azIEeQ 「ジャグラー」http://bit.ly/cyCdPR 他、南極基地関連がなかなかだった。

・ICCは図書室もある。デザイン系の書籍がたくさん。眺めているだけで楽しい。http://bit.ly/bhDCC1

・へぇ。RT @morikana ショッピングセンターの方が,ぜひ科学関連の展示物を,と営業に来られたので急遽同席。科学をまちに出すというコンセプトが一緒なので,まるで科学祭の宣伝をして頂いているかのような話だった。

・同意。 RT @cmrr_xxx 先達のエンジニアへの敬意を忘れたことは一度もありません。僕らは技術を提供して頂く代わりに、アイデアとユーモアをもって、時には体を張ってその技術の面白さを一般に広く伝え... http://tinymsg.appspot.com/pDM

・RT @fujita244 RT @renho_sha: 公益法人仕分け対象絞り込み条件。①行政から1,000万以上の公費支出②法令で権限付与あり③収入に占める公費依存率50%以上④天下り⑤正味財産10億以上⑥地方自治体からの支出あり⑦行政からの公費支出を受けた事業全部又は...

・以前一緒に仕事をしたネットワークの研究者のかたがサービスイノベーションの発表してる。『日本MOT学会 第1回年次研究発表会』http://bit.ly/a3ZihZ

・RT @next49 これか http://qurl.com/vmctk (PDF) RT .@ichita_y 今月、経済産業省がまとめた「日本の産業を巡る現状と課題」は、極めて優れた資料。経産省の担当課長の説明も、スゴく分かりやすかった。来週、もう一度、説明を聴きたい・・・

・展示会で研究者はとんがった別の研究者との出会いを求めているのだそうだ。

・なんて魅力的なイベント。 QT @enosui_com 深海研究者の写真解説を聴きませんか? 開催中の深海生物写真展「錨とどかぬ」開催場所にて、この土日の13時半と15時から。PC http://bit.ly/cpgJ2g 携帯 http://bit.ly/9c0pTm

・”生成力はカメさんであり、どれだけ叩かれても歩みを止めないし、どれだけ先行してもいつのまにか追い付いてくるものであり、観念してこれとうまくやっていく工夫をすべき”「ウサギとカメと生成力(アンカテ)」http://bit.ly/cNt7e5

・「第6回 HCD-Netサロン「ソフトウェア開発とHCD」」http://bit.ly/bOjb0W

・感覚運動統合理論に基づく「手と脳」の工学的実現。「SORSTシンポジウムロボット新時代」3/10日本科学未来館 http://bit.ly/brNnFD



●2010年02月27日(土)
・「D-EXPO ~蔵出し!東京電機大吟醸~」3/5~7 情報社会学科と情報システムデザイン学系が中心。 心理学や統計学をはじめとして、芸術表現、出版・印刷物、映像、プログラミングなど卒業研究の体験型発表会。http://bit.ly/db1WuV

・科学技術コミュニケーションに興味を持つ工学系の研究者いわく「”サイエンスカフェ”と名がついた時点で、アウェイ感があり、ゲストにはなれないのかなと思うのだよね」じゃ。テックカフェとかエンジニアリングカフェやりましょうかと話してみた。

・考えてみたら、参加者でもなく、運営者でもなく、ゲストとして関わりたいと言う研究者の話を初めて聞いた気がする。しかも工学系。

・「「ITとサービスの融合による新市場創出促進事業(サービス工学研究開発事業)」に係る委託先の公募(経産省)」http://bit.ly/9ZM7VR

・大手損保の法人セールスの人が@yahoo.co.jpアドレスでアポ取りメール送ってきたのだが如何なものか。

・チューリップが芽をだした。春はもうすぐ。

・お疲れ様です。楽しみにしてます。 RT @YS11k CoSTEPの生中継の準備は完了しました!10時30分から開始です。CoSTEPの中継職人からでした。 (#scsympo live at http://ustre.am/btH7)

・最初の一歩を踏み出す時の言葉の印象って大事だと感じてます。 QT @K_Tachibana 昨日もちょっと書いたけど,サイエンス,あるいは科学といっただけで評論で実践が伴わないものというフレーミングがつくと思われている場合があることを知った

・プログラムの詳細はどこかで見れますか? (#scsympo live at http://ustre.am/btH7)

・研究者プロフィール作成は興味あり。作成時の障害やノウハウ的なものをもう少し知り足りたい。 (#scsympo live at http://ustre.am/btH7)

・[ブログ更新」「情報通信系イベント案内2010年3月(備忘録)」http://bit.ly/9agznK

・RT @gnsi_ismr CoSTEPジャーナルの藤代さんの報告です。「「モジュールライティング」の開発と文章教育における実践事例」 http://ow.ly/1bPHw (#scsympo live at http://ustre.am/btH7)


●2010年02月28日(日)

・今から見る。「CoSTEP2009年度作品発表会後半部分シンポジウム」http://www.ustream.tv/recorded/5041041#scsympo

・サイエンスZEROは4月からリニューアルするのか”科学はかっこいい”がテーマ?

・Ustreamって二倍速とかで流せないのかな。

・AMの感想として西条さんのコメントに近い。”感動を伝えるには相手との距離感が大事”

・大学研究室の”自己”プロデュースの支援的なことしてます。 QT @YS11k: 興味あります。どんなことをしているんですか? RT @k_2106: 実は研究者プロフィールのモニタ実験進めています。 (#scsympo live at http://bit.ly/8jjCXd

・RT @sendaitribune: 【再掲】 @sendaitribune: 【お知らせ】日曜日のTwitter Lectureは15:00以降の予定です。「プレゼンテーションのコツ」をつぶやきます。

・シンポジウム。発散しすぎてちょっとついていけない感。

・本日科学技術館に行く時には東京マラソンに気をつけた方がいいらしい。九段下駅からいくかな。http://bit.ly/cKj38Z

・2006年から公開されている研究者インタビューの『Researcher Zukan』。研究者の人となりを引き出すコンテンツ。起業時に結構参考にさせていただいた。http://bit.ly/aNQZWp

・コスト的にどうやって維持しているのかと興味があったけど、財団法人KDDI財団(旧国際コミュニケーション基金)の支援があったのか。『zukan.tv』http://bit.ly/d172nW

・『オーサグラフ』I世界や空間を360度を上回る全方位で表記することができる。ICC展示中。http://bit.ly/d5SQ7g

・RT @K_Tachibana "(続き)サンチャゴには合同ALMA観測所のオフィスがあり、日本からも赴任者、出張者がおります。いまのところ、日本のALMA関係者については、赴任者、そのご家族、日本からの出張者については全員の無事が確認できているということです。(続く)"

・ガンダムまでいくのか。 RT @o_ob: 海抜+2mシミュレーション@台場。首都高とガンダム近辺が水没する見込み。満潮と東京マラソンゴールがぶつかるのも不安 http://bit.ly/Daiba-2m #tsunamijp http://twitpic.com/15s0sr

・tv-de-chile 再送信中 http://bit.ly/aVmiBQ

・「科学コレクションに関するワークショップ(国立科学博物館)」http://bit.ly/cNNqDV http://bit.ly/bEzbRD

・お台場 ライブ映像 http://bit.ly/9HcRcS

・自身が落ちつく間をつくる効果も QT @sendaitribune 【プレゼン】また、スライド枚数が20枚も超えるようなプレゼンの場合には、適宜「まとめ」スライドを折り込むことも良いでしょう。セミナーならこのタイミングで質問を受けたりもできます(その間に水を飲んだりもできますww

・RT @sendaitribune 【プレゼン】会場が明るい場合には、白い背景の方がベター。大きな会場で暗くなる場合には、黒バックに白い文字の方が見やすいです。これは視覚認知的に知られた事実です。

・RT @MichiKaifu チリにも「国境なきテレコム」が出動する模様。ハイチの直後で、関係者は本当に大変。 http://bit.ly/dwskZ2

・函館は動きがあるなぁ RT @sciencefesjp coordinator_ blog はこだて国際科学祭ムービー: はこだて国際科学祭のプロモーション動画です。 ケーブルテレビ局,NCV函館センターに制作して頂きました...http://bit.ly/aSTKDh


関連エントリー
つぶやきログ(科学技術とか)2010年2月11日~2月20日
つぶやきログ(科学技術とか)2010年2月1日~2月10日
つぶやきログ(科学技術とか)2010年1月21日~1月31日
つぶやきログ(科学技術とか)2010年1月11日~1月20日
つぶやきログ(科学技術とか)2010年1月1日~1月10日
つぶやきログ(科学技術とか)2009年12月21日~12月31日
つぶやきログ(科学技術とか)2009年12月11日~12月20日
つぶやきログ(科学技術とか)2009年12月1日~12月10日
つぶやきログ(科学技術とか)2009年11月
つぶやきログ(科学技術とか)2009年10月
つぶやきログ(科学技術とか)2009年9月

:Twitterと言うコミュニケーションインターフェースに思う(備忘)2
:Twitterと言うコミュニケーションインターフェースに思う(備忘)
関連記事
.02 2010 未分類 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/332-f1b55839

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター