つぶやきログ(科学技術とか)2010年3月01日~3月10日

cute_twitter2.png


●セルフふぁぼったー(科学技術とか情報通信とか感性とかサービスサイエンスとか)

2010年3月1日~3月10日分

ピックアップもろくにしてないつぶやきログ。

人の話を聞く機会多し。

●2010年03月10日(水)

・展示会とかポスター発表とか、やっぱり優先順位は低い。というかしょうがないイベントくらいな方が大多数。企業で言えばそれは営業か広報がやっておけよ的。


・電波資源の有効利用にも繋がる。 QT @ecochem 研究ブログ。 RT @az4u: 【RT希望】無限連鎖的TRTやタグの使い方、現地一時情報へのアクセスで考えることが多くおきました。この機会にソーシャルメディアの使い方考えませんか?http://bit.ly/9v7f4z

・激しく自戒。色々目途付かなくて心に冷や汗 QT @fujita244 うーん。耳が痛い。RT @k_2106: 上手くさばけば効率があがっていく雑用処理はなんとなくやってる気になってしまうところが怖い。頭に汗かく作業から逃げてはいけない。

・NICT,AIST両理事長が共演。 「産学連携はイノベーションを誘発できるか」(【3月16日】アキバテクノクラブ『レビュー&プロモーション2010』). http://bit.ly/9RWdub

・シンプルな可視化 QT @taguchi インターネットやソーシャルメディアに関する驚くべき統計をスタイリッシュにまとめあげた映像 - http://bit.ly/9vLqjE

・電波資源シンポジウム。副大臣が来るせいかいつもと雰囲気違う。技術シンポから政策シンポへの移行か。

・無線通信のトレンドが、利便性追求→環境対策→経済政策に移行してきている。

・全体理解のために、あえて知らないふりしてする質問。そんなことも知らないのかよ気分を害する人もいる。気をつけないと。


・確かに表明してましたね。メディアはどこかとりあげるのだろうか? RT @ichiyanakamura: 内藤総務副大臣「2010年ホワイトスペース特区創設」を表明。ビックリした@電波の有効利用に関する国際シンポ@明治記念館。

・わかり易く伝わったかなんて、相手の元々の保有知識や属性を調査しておいたうえでさらに確認試験でもしなければわからないわけで、単なるアンケートでは評価は難しい。

・一発勝負の展示発表をどう評価するか、フィードバックをどうかけるか。


●2010年03月02日(火)

・「今夏にも「ホワイトスペース特区」 空き電波で地域活性化(産経ニュース)」http://bit.ly/99hxQr

・RT @parsonii チリ地震 - 平松の活動記録 on tenpla.net http://bit.ly/dbstts #twitbackr

・同じく。社内外問わず。 QT @cam_ob1 多くの人に相談したり応援をお願いするのはいいけど、説明するのもまとめるのも大変だ、と思うこの頃。その先にきっとより良いものがあるのだろうと思ってがんばる。

・特定小電力ですかね。ソーシャルメディアを意識した災害時の通信制御は今後必要かも。 RT @az4u: 小型小出力(?あってます)とか、特にそれの違法が闊歩しないといいのですが。 RT @k_2106: 電波資源の有効利用にも繋がる。 http://bit.ly/9v7f4z

・謝礼金あり。「平成22年度(2010年度)電気通信サービスモニターの募集(総務省)」http://bit.ly/cZ7HDT

・ホワイトスペースよりホワイトベースの方が人気だな・・・

・そうか両方やるから混乱するのか QT @UJITOMO ブランディング、マーケティングといいつつセールスプロモーションしか見えていない人は多い。これは分かりやすい説明RT @noritakahiro: >セールスとマーケティングの違い:(略) http://ow.ly/1d4W0

・紙面の扱いが小さいな。 QT @hsylife SIMフリーの世界になりそう。:総務省, 「SIMロック」について廃止を議論へ http://bit.ly/bhrTfI

・「フォトレポート:アートで科学をもっと身近に--科学工学の視覚化コンテスト入賞作より(CNET)」http://bit.ly/9GvECy

・”ただ「良い」だけでは足りない”「ジャチェック・ウツコは問う「デザインは新聞を救えるか?(TED)」http://bit.ly/cmPDtY

ブラウザで斜め読みするコラムやブログ。移動時に読もうかとたまに印刷すると結構な分量なことに気づく。ネット上の文字を一日どのくらい読んでいるのだろうか。

・梅桃桜の見分け方。花弁の先→梅-丸い、桃-尖っている、桜-割れている http://bit.ly/aFomEX



●2010年03月03日(水)

・"Museums & Libraries as the “Third Place”" QT @ca_tweet 米国IMLS、博物館と図書館がディスカッションをするためのwikiサイトを開設 http://current.ndl.go.jp/node/15873

・同じものを見たとして、経営者は商売のネタを、研究者はリサーチポイントを探っている。このことをお互いが理解し尊重しあえれば産学連携は上手くいくのかな。

・でも官がからんだり主体が研究組織となってしまうと、ことは単純でなくなるので面倒。

・スパコンのことか。「革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ(HPCI)フォーラムの開催」http://bit.ly/aGS1Wr

・日本は情報通信分野が弱まっているのか。 QT @ts_pawn NISTEPから続報がでてるな.「 IEEE 定期刊行物における電気電子・情報通信分野の領域別動向ー 日本と世界のトレンドの差異 ー 」http://bit.ly/a8td7i

・サービスサイエンスやらサービスイノベーションやらがテーマのイベント案内が多方面からぞくぞく来る。いったいいくつあるのだろう。

・新卒を採れではなくて、既卒でも区別しない仕組みを要請もしくは支援することが大事なのでは。「新規学校卒業者の採用に関する要請(経産省)」http://bit.ly/aUDTaT

・「日本らしい月探査への夢と希望を皆で語ろう」か。 RT @JAXA_jp: 「月探査ナショナルミーティング」募集サイトオープン http://goo.gl/fb/s7oC #月惑星探査プログラムグループjspec

・有料公開の論文を個人で見るにはCiNiiがいちばん適当なのかな?

・RT @next49 このページに大学関連の各種統計資料が揃っています。 http://qurl.com/2cmw9 ご参考まで。

・中村征夫さんに反応 QT @kasoken RT @yanabo: 日経ビジネスオンライン 小生の企画も紹介 旭硝子と中村征夫、内田麻理香と考える化学の未来 東京湾に潜り続けた中村さんの実践的環境論、内田さんの化学工場ルポでつづります http://bit.ly/aEhCcp

・企業のIT投資におけるコスト削減分をまとめてうまく回収したiDCが伸びているということか。「国内通信事業者のソリューション/マネージド市場規模予測(IDC)」http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20100303Apr.html

・「製品とユーザを結びつけるテクニカルコミュニケーション(KIIS Quarterly 第5号)」http://bit.ly/ckDwpW


●2010年03月04日(木) 11 tweets

・これに触覚フィードバックが加われば。「次世代入力機器 - "COOL LEAF"」http://www.minebea.co.jp/press/2010/1185130_3997.html http://www.ouzak.co.jp/minebea/coolleaf.html

・来週開催のソフトウェアジャパン2010のアカントができていた。 QT @softjp2010 ソフトウェアジャパンは、情報処理学会が主催するITプロフェッショナル(実務家)のためのシンポジウムです。 #softjp2010


・”サービスか、余計なお世話かをきめるのは事前期待である””事前期待は青天井に上がっていく性格を持っている””事前期待のマネージメントはサービスビジネスには必須のマネジメント””事前期待の分析にサービスサイエンス”(諏訪・情報処理学会デジタルプラクティス)

・批判含めて色々意見を聞きたいなと覚悟決めて話すときに限って、感心されてあっさり終わったりする。

・[ブログ更新]「3月はでんきの月らしいから電気マニアは見逃さずに」http://bit.ly/bYCyeD

・RT @enodon 総合科学技術会議第4回 研究開発システムWG 研究開発独立行政法人の目的 http://bit.ly/crni9D 結構な数ある。ここにも仕分けのメスが入るのだろうか

・バイオ・アコースティック感知アレイって。「自分の皮膚をタッチスクリーンに変える技術(WIREDVISION)」http://bit.ly/9Sjx70

・科学技術と社会の関係性に関する調査研究情報誌。現在議論されているオープンイノベーションやら地域ネットワークやら感性・認知やら興味深い記事が多い。「科学技術と自律社会(HRI)」http://bit.ly/cIOaoj

・キーワードは”横串” 「ICT利活用による次なる成長のための5つの提言~横串機能による経済・社会システムの再構築を~(経済同友会)」http://bit.ly/dolIJX


●2010年03月05日(金)


・へぇ RT @gakujin (略): 『ポピュラーサイエンス』が Google Books でバックナンバーをモリっと公開! http://bit.ly/azOE0x

・国立科学博物館Webサイトで『ダイオウイカ ― 深海のミステリー』が公開されていた http://bit.ly/cy2T60 動物研究部窪寺恒己さんは世界で初めていきたダイオウイカを捕まえた人。

・おぉ。ついに QT @ryoudon http://twitpic.com/16iv1i - ここでチラ見せ。@kasoken さんの新刊『科学との正しい付き合い方ー疑うことからはじめよう』4.15発売です!

・いいですねぇ。お気をつけて QT @azuyama: 今日はこれから化石をとりにいきます。場所はないしょ。

子供のころから変わらず好き。 QT @keisuketanabe 社会科見学は大人になってすごく行きたいと思う。RT @showgo: 何このページ超面白そう!!>ロケットに、食品サンプル、コンドームまで。日本が誇る、モノづくり! - PRODUCT - X BRAND

みんなおしゃべりだ。カウンターが口にみえてきた。 RT @eto 10000000000 tweets超えましたねー。最後はかなり加速していた。

・「3月3日(水) 科学技術館ケータイメルマガ配信開始」http://bit.ly/96slbh

・あとで RT @ATM_09_TD: RT @yasuzySG: 必読/要回覧RT @raitu さっき配った経産省の日本経済分析pdf(http://bit.ly/aXElsI )を読むとさすがに皆「これはやばいなマジで」とケツに火が付くので職場の皆さんに配っちゃって下さいな。

・大手メーカーは顧客に向かう姿勢が違う。モノじゃなくてコトを提供しようとしていることをひしひしと感じた。

・学術会の研究者とメーカーの研究者のスタンスの違い。

・評価手法とかも特許になるのか・・

・「精緻化見込みモデル(ELM)」 あるメッセージを受け取った時、情報処理能力と情報処理への動機によって情報処理を行う経路が異なる。論理的、感覚的、双方のルートを把握して対策を取ることが肝要。

・「快適性」と「快適感」は違う。前者は人に及ぼす環境や製品の特性。後者は人が感じる感情。

・え、まだ途中?結構ギリギリまで書くものなのですね。楽しみにしてます。 RT @kasoken: @k_2106 よろしくお願いします!あともう一息頑張ります。

・情報処理学会も全国大会をライブ中継するらしい。USTじゃないけど。http://bit.ly/b1tWB4

・ふむ。 RT @next49: p. 148 科学論文のゴールはコミュニケーションである。娯楽のための読み物ではない。それゆえ、書き手は精一杯、第二のガイドライン "Simple is best"であるようにつとめなければならない

・企業の感性評価の手法が、技術展示の評価に活かせそう。今日はいい話が聞けた。


●2010年03月06日(土)

・結構詳細に載せてますね。私の発言も載ってた(一部間違いあり)。 QT @K_Tachibana 【話題】ミニサイエンスアゴラ2010(大阪および東京)開催報告がウェブにアップされる: ここ http://bit.ly/d5GmOR

・”出展者自身が自ら広報し、一般来場者を楽しませるという意識が足りないのではないか(略)意識付けをしないと、学園祭のように自分たちが楽しいだけで終わってしまう。”「ミニサイエンスアゴラ2010@東京 開催報告」http://bit.ly/a4TpQY

・初代一太郎も遺産入り。「情報処理技術遺産および分散コンピュータ博物館認定式」開催3月9日東京大学 小柴ホール http://bit.ly/avjCJJ


・ふむ。 RT @leeswijzer: 科学者にとっての科学史・科学哲学は短期的には「武器」/長期的には「素養」というのが私見です. QT @zepurple: @leeswijzer 先生、科学者が科学史・科学哲学を学ぶのは”武器”以前に”必然”ではないのですか?(略)…。

・乃木坂。情報学シンポジウム「情報学のロードマップ」白髪率高いな。

・「情報学シンポジウム」これから30年後の未来予想について

・実世界とサイバー世界の融合”意識・感情”、”統合QOL”、”超巨大・ダイナミックS”

・次代の情報学人材像は、T型、π型からカナエ型、MT(メタボリックT型(骨太なT型))へ。

・”ユビキタスの未来の半分は制度”(坂村)

・RT @zembutsu: クラウドの定義 NIST の翻訳された方が居ます #ldtech #scloud http://bit.ly/9Uq9zH

・”マウスイヤーからバクテリアイヤーに”

・”新しい学問分野、Cyber-Sociology”(喜連川)

・”ヒトの心から社会をオブザーブする”(喜連川)

・学術界のかたが産業界と言った時は恐らく経団連的なイメージがあるのでは。独自で研究組織を持つ大手を目線に産学連携を模索しても大手からは相手にされず、中小には敷居が高い、中途半端な立ち位置に。情報通信系学会における産業人離れの原因のひとつではないだろうか。

・ここのところグローバルメーカーの話を聞く機会を何度か持った。当たり前だがマーケティングやR&D戦略にかけるコストはやはり半端じゃない。ここから出てくるサービスや製品と戦いながら自分達の立ち位置を作るにはどうしていけば良いのか。焦りもあり何となく楽しくもあり。

・最初は出版業ではなかったの? RT @fujita244: #0306d21 ディスカバー発足から25周年。本を作って20年。

・展示物の配置の工夫による顧客導線の変化などもサービスサイエンスの範疇になるのか。

・「行動観察力育成講座(入門編)」セミナー東京4/21(行動観察研究所) http://bit.ly/bD8y4R

・ほう。 @smcjapan 科学技術関連の社会イシューに関しては、UST中継のお手伝いを致します。ご希望の方は、本アカウントあるいはinquiry@smc-japan.orgまでお気軽にお問い合わせ下さい。 #wwvjp live at http://ustre.am/dbzG

・学術研究者が未来予想をしなくて誰がするのか。事業仕分けを境に妙な縛りみたいのができてしまって何か面白みがない。

・”科学技術政策の欧米の違い。欧は社会問題の解決が主眼。米はプロダクトアウト色が強い”


●2010年03月07日(日)

・参加しようかな RT @discover21 @d21bookclub: お待たせしました!ブッククラブのお申込みページ作成しました。簡単なページですが、こちらからご覧ください。(略)http://www.d21.co.jp/contents/bookclub #0306d21

・12億円もの賞与を払って引き留めるバンカーってどれだけの能力を持っているのだろうか…(本日日経けいざい解読をみて)

・科学技術館のiPhone展示支援体験は今日まで。でもこの雨では子供連れ出すのは厳しい。残念。

・RT @asatohan: まとめ「ソフトウェア工学の手法・ツールの実務導入における障壁」更新。 @mnagaku さんからの情報を追加。 http://bit.ly/9j4WSk QT @mnagaku テストのコミュニティは産学連携とか上手くやってるように見える

・同意。電波資源は有効に QT @maruyama097: 乱暴なことを言えば、大画面のテレビを持ち歩くやつはいないのだから、それは、固定網のネットを使う。でも、携帯可能なクラウド・デバイスには、電波の利用は、不可欠です。そっちは、電波を使う。そうしたすみわけが合理的です。

・発散しているサービスサイエンス関連の内容について整理。「サービスサイエンスの業界地図(日一義)(情報処理学会デジタルプラクティス)」 http://bit.ly/9sKPyn

・身近な事例からサービスサイエンスを検証。「オオクワガタブリーダ,サービスサイエンスを実践する~事前期待のマネジメントの重要性を検証してみる~(柴崎辰彦)(情報処理学会デジタルプラクティス)」http://bit.ly/cZ9A9T

・大人も楽しめそう QT @likayumiko USTデビュー、ありがとうございました! RT @junkusuda: RT @ecochem: カガク。理科ハウスUst! RT @yeyshonan: (略) - http://ustre.am/9AF


●2010年03月08日(月)

・幻となった「国立産業技術史博物館」に収蔵されるはずだった産業資料の記録 『産業技術史博物館』 http://bit.ly/cvA1hT

・[ブログ更新]「「情報学のロードマップ」なんて描けません。なんて・・・ 第3回情報学シンポジウム」http://bit.ly/baSHHm

・いろいろ生データ。何かのヒントになるかも。「社会生活統計指標 -都道府県の指標-2010(総務省統計局)」http://bit.ly/9gfYiY

・今年のテーマは「食」なのか QT @morikana はこだて国際科学祭のプログラムを考えるワークショップの記事,感謝。(・(・・略・・)。青年センターの魅力は面白いことが起こるかもしれないワクワク感です。 http://bit.ly/dk5DRN

・バックチャネルの仮想化が気になってた。 QT @sasakitoshinao プレゼン中に観衆がTwitterで話者に反論したり非難するという「バックチャネル」問題。これを防ぐにはプレゼン中にTLを読んで参加し、回答するのが良いという話。 http://bit.ly/cJ5NO7

・アプリケーションプロセッサの流れ。 QT @sasakitoshinao ソフトウェア不在が日本のコンピュータ産業をダメにした。/ 150ドルの高性能E-Readerを実現するAチップ : EBook2.0 Forum http://bit.ly/9tUCmc

・「実践的ソフトウェア人材の育成」シンポ--大学・企業の教育担当向け」3/12 http://bit.ly/9qB4iy http://bit.ly/aX7DnH

・PlaceEngineの無線LAN電波情報の取得方法のどこが問題だったのか説明されているサイトってあるのかな? http://bit.ly/asQVQb

・驚愕。ピタゴラスイッチにおける大規模システムだな。単体試験や結合試験はどのくらいやったのだろうか。プロジェクトマネージャに敬服。「鳥肌物の超大規模“ピタゴラ装置”動画!最後の結末は(ガジェット通信)」http://bit.ly/8YBLfu

・RT @ATM_09_TD 無料でユーザー登録も不要。モックアップを直感で作成、PDFやjpgで保存できるLumzy - かちびと.net

・家族連れでラーメン食べにきていた建設会社の社長風の人。たまたま隣り合わせた職人を普通にリクルートしてた。人手不足なのか景気がいいのか。いずれにしろ大したものだ。

・RT @ubitw フィールド情報学入門 ―自然観察,社会参加,イノベーションのための情報学 - 情報考学 Passion For The Future http://j.mp/9eZYoU

・社会面にサイエンスカフェ 「広がる「サイエンスカフェ」 名古屋に常設店(TOKYOWeb)」http://bit.ly/cOcQKc

・なんだかいろいろ逆手にとった題目だな。「「ワクドキするポスト情報爆発」アラフォー世代の若手研究者による、これからの情報研究の展望についてのプレゼンと自由闊達なディスカッション(「情報爆発IT基盤」プロジェクトシンポジウム)」http://bit.ly/bXKLwS


●2010年03月09日(火)

・RT @kenjiitojp 漫画による科学コミュニケーション・科学アウトリーチ 『青葉日誌』 http://ow.ly/1fuOx

・RT @editage_jp_news 国立情報学研究所、パワポと動画を同期した教材共有サイトを公開(INTERNET Watchより)「20以上の大学で行われている、ソフトウェア科学・工学に関する授業のコンテンツが200件以上登録・・ http://bit.ly/94tfpZ

・題目を眺めているだけでも楽しい。特に学生セッション。でも明日はいけない。http://bit.ly/98pjhC

・説明について改めて整理するためちょうど今この本読んでます。『説明の心理学』http://bit.ly/c0bNim QT @MarineChiba 説明力を最近つけようと考えている。コミュニケーションを円滑に行うにはある程度説明力が必要になってくる。

・メモ「文章の判りやすさの定量的な指標について○石原亜紗希,中山伸一,真栄城哲也(筑波大)」情報処理学会学生セッション[3V会場](3月10日(水)9:30~12:00)http://bit.ly/dbcwqR

・メモ「顔表情識別による聴講者の評価取得システムの設計と実装○岩井祐太,西山裕之(東理大)」情報処理学会学生セッション[4Y会場](3月10日(水)15:30~17:30)http://bit.ly/dbcwqR

・メモ「博物館における学芸員ガイドのシナリオ分析に基づく解説モデルと学習コンテンツのデザイン○寺坂尚浩,加藤勇樹,杉山岳弘(静岡大)」情報処理学会一般セッション[2H会場](3月9日(火)15:30~17:30)http://bit.ly/c60O4D

・メモ「コグニティブ無線における基地局電力制御によるユーザ効用の最大化○森川貴康,相田 仁(東大)」情報処理学会学生セッション[5Z会場](3月11日(木)9:30~12:00)http://bit.ly/dmvvq5

・「情報通信審議会 情報通信技術分科会携帯電話等周波数有効利用方策委員会(第39回)会合の開催について(総務省)3/11」http://bit.ly/aVDr6H


・ほぉ。 RT @showgo: 技術科でまとめとして生徒たちに製作品の広告を書かせる。広告内に作品の用途・機能が書いてあるか、図が描いてあるか、作品の他の作品と違う特長やこだわりが書いてあるかを書かせることで、作った作品の美観以外の良しあしを見直す。 #gijutu

・RT @Android_now C++: Androidアプリ向けC/C++ライブラリ開発キットの新版、3DグラフィックスAPIに対応 -ITpro : http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100309/345543/ bsiyo

・私もついでにhttp://bit.ly/8dnZZp QT @canno696show 今更ですが、科学と芸術の集い「宇宙とヒトをつなぐもの」JST。http://bit.ly/a3n2In 恥ずかしながら僕のブログでもhttp://bit.ly/ahDMPj #utyuhito

・RT @AAAS_jstkoho 「研究以外で初めてテキストのメッセージが送られたのは1992年の12月でした」恐ろしい早さでITが進化する時代・・http://www.youtube.com/watch?v=kj9pR_b3u4E&feature=related 

・RT @bunkacho_watch 著作権表示のコピーライトCopyright(C)の書き方 | ブロガーが知っておきたいブログ著作権 http://ff.im/-hbIqp

・お。「<枝野担当相>事業仕分け第2弾対象選定開始 50法人公表(毎日新聞)」ヒアリングは非公開らしい。 http://bit.ly/aFGE3u

・メモ:「情報システム論文執筆ワークショップ~情報システムの論文を書こう~」情報処理学会3月10日15:30-17:30会場:第5イベント会場http://bit.ly/dkLmKo

・情報処理学会の全国大会イベント。目的の会場に辿り着ける自信がない・・・

・調査していると心理学?用語に辿り着くことが最近多い。こんどはSD法か。

・喜連川さんのアカウントだ。 QT @infoplosion: 情報爆発 研究シンポジウムこれからは smart education!が大切。


●2010年03月10日(水)

・”伝える”ための視覚表現の研究してたのに、だんだん文章表現や口頭表現にも興味が湧き、”伝わる”ための環境や心理についてまで発散してきた。

・豊洲にこんなのがあるのだね。『IHIものづくり館 i-muse』http://www.ihi.co.jp/i-muse/index.html

・コグニティブ無線について解説あり。「第5回:ソフトウエア無線が実現間近,部品の改良で特性が向上(2)」http://bit.ly/9Woam5

・科学博物館の講義でお世話になった解剖学の研究者に東大博物館でお会いした。

・別件で通りがかり混雑に巻き込まれたが勧誘はされず。 QT @yokodon001 そういえば、今日は我が母校で合格発表か。 (略)その時の赤門と正門の前の大混雑たるや。何故か進研ゼミとZ会(とWiMAX)の幟や関係者が目立った。

・安田講堂はイーモバ圏外なのか…

・デジハリが無料で「できるフォトショップ講座」提供3月26日まで http://bit.ly/9c5XAj

・RT @hatebu_science 科学技術政策に関するご意見募集について:文部科学省: 平成22年3月10日社会・国民とともに推進する科学技術政策の実現に向けて、皆様からのご意見を募集します。本意見募集の結果は科学技術週間中の4月17日に行われるシンポジウムにお...



関連エントリー
つぶやきログ(科学技術とか)2010年2月21日~2月28日
つぶやきログ(科学技術とか)2010年2月11日~2月20日
つぶやきログ(科学技術とか)2010年2月1日~2月10日
つぶやきログ(科学技術とか)2010年1月21日~1月31日
つぶやきログ(科学技術とか)2010年1月11日~1月20日
つぶやきログ(科学技術とか)2010年1月1日~1月10日
つぶやきログ(科学技術とか)2009年12月21日~12月31日
つぶやきログ(科学技術とか)2009年12月11日~12月20日
つぶやきログ(科学技術とか)2009年12月1日~12月10日
つぶやきログ(科学技術とか)2009年11月
つぶやきログ(科学技術とか)2009年10月
つぶやきログ(科学技術とか)2009年9月

:Twitterと言うコミュニケーションインターフェースに思う(備忘)2
:Twitterと言うコミュニケーションインターフェースに思う(備忘)
関連記事
.17 2010 未分類 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/335-b57da840

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター