スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

「きみのみらい・みらいのきみ―― かこさとしと探しにいこう、絵本の中へ」でみらいを思う。

yourfuture_01_01.jpg
※http://www.miraikan.jst.go.jp/spevent/yourfuture/より

清澄白河の東京現代美術館で開催されていた「サイバーアーツジャパン」を見た帰り、
閉館までまだ時間が少しあったので日本科学未来館にも寄ってきた。

そこで開催されていた企画展。

 「きみのみらい・みらいのきみ- かこさとしと探しにいこう、絵本の中へ

50年にわたり、絵本を通して科学を伝えてきた絵本作家のかこさとしさんが、
科学技術が見すえる未来を、グラフィック展示で分かりやすく伝える企画展。

Geo-Cosmosが浮かぶ吹き抜け空間にパネルがならぶシンプルな展示。


miraikan0321_1.jpg


図書館の児童書コーナーのように座敷コーナーも用意され、絵本が読み放題。
miraikan0321_2.jpg


パネル展示は章だてられていて、「人間:地球に生きる私たち、どこから来て、どこへ行く?」をテーマに

 第1章: いろいろな君(現在)
 第2章: 君を君としているもの(過去)
 第3章: 君はどこへいくのか(未来)

時間と空間の中で人間の存在を改めて見つめ直す構成になっている。
単なる夢の未来を語るだけでなく、現実世界の負の側面にもやんわりと触れている。

子供向きと思いきや、大人が見ても十分考えさせられる内容。

もちろん覗き穴があったり、簡単な仕掛けがついていたりと子供の目を惹く工夫も随所にある。
miraikan0321_3.jpg



正直、”かこさとしさん”の名前も聞いてもピンと来なかった。

かこさとしさんは絵本作家であり、児童文化研究者であり、工学博士、技術士(化学)でもある。
現在まで550点にも及ぶ作品を世に送り出しているらしい。

恐らく、名前を知らないだけで、いくどどなく世話になっているはず。
あぁこれみたことあるなぁ的な絵本をいくつか見つけた。

絵本を通じて科学を伝えてきたサイエンスコミュニケータの大先輩。

展示の最後には「あとがき」としてかこさとしさんからのメッセージがあり。
miraikan0321_4.jpg

 ”どうぞ、科学へのあついおもいと希望をもって、すこやかにいきてください”

と、あたたかいことば。


本企画展は2010年5月10日まで。
入場料は無料。

春休みやGW。
お台場に来たついでにでも覗いてみてはいかが。


ちなみに・・
ものしりの”さかさパンダさん”も早速みにいかれたようだ。ニアミス? パンダは見かけなかったな。
「きみのみらい・みらいのきみ ―かこさとしと探しにいこう、絵本の中へ」(さかさパンダサイエンスプロダクション)
関連記事
.22 2010 行って来た comment2 trackback0

comment

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.04.03 23:21
-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.04.03 23:35

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/337-439e9604

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。