「国立科学博物館新宿分館オープンラボ」で博物館の裏側を覗こう

新宿分館 オープンラボs


博物館が担う機能は以下3つに大別される。

 1)展示/教育 
 2)収集/保管
 3)調査/研究

普段、我々の目に触れるのは「展示/教育」機能のごくごく一部。

表に出ている展示物の数百倍もの収蔵品が、残りの二つの機能である「収集」や「調査」機能のため、大事に大事に保管されている。

そんな貴重な研究資料の一部が一年に一度4月に公開される。
それも国立科学博物館の収蔵物。
博物館マニアなら見逃せない。

公開されるこの新宿分館には、国立科学博物館のサイエンスコミュニケータ研修の中で通いつめていたことがあり、収蔵庫も何度か見学させていただいたことがある。

所狭しと並べられた骨や石や標本達に研修も忘れて見入ったことを思い出す。

こんなのや↓

kahaku_lab (8) kahaku_lab (7) kahaku_lab (6)

こんなの↓
kahaku_lab (10) kahaku_lab (5)

当日は収蔵品の展示のほか、実演実習やトークショウもある。

 日時:2010年4月25日12:00~16:00(最終入館15:30まで)
 場所:国立科学博物館新宿分館
 URL :http://www.kahaku.go.jp/event/2010/04shin_lab/

入場無料&予約不要。マニアな方は見逃さずに。

関連エントリー
科学博物館は経済的効果を考えよ?

春だ桜だ博物館にいこう
マニアな博物館4「ハウステンボス美術館・博物館」で自動演奏装置に唸る。
「わくわくグランディ科学ランド」でわくわくした
「三菱みなとみらい技術館」 実機と模型で技術を体感
微妙にマニアな博物館 京都大学総合博物館
マニアな博物館3「船の博物館」からみるガンダムも粋
マニアな博物館2 『初島灯台資料展示館』
ひさしぶりの日本科学未来館は展示が結構かわっていた。
商業展示会に博物館出現。「セラミック博物館」
科学技術館を駆け足で周ってみた
ハンズオンがいっぱい。「宇宙の謎を解き明かす」企画展で宇宙探索技術を知る。
魅力的にかつ本質を伝える。それはできるのか。
王立科学博物館(小市民的)大人買い
~未来技術遺産~
下から目線
関連記事
.06 2010 イベント・セミナー comment0 trackback1

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/342-e8c8a407
先日のエントリーで紹介した国立科学博物館分館の一般公開に行ってきた。  >「国立科学博物館新宿分館オープンラボ」で博物館の裏側...

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター