Dis+Coverサイエンスシリーズ創刊記念トークイベント「サイエンスが、日本の未来にできること」に行ってきたメモ(途中)。

top.jpg

@d21bookclubさん曰く「雨があがってサイエンス日和!」な土曜の午後。

Dis+Coverサイエンスシリーズ創刊記念トークイベント
「サイエンスが、日本の未来にできること」

に行ってきた。

主催者側より「どんどんTwitter中継してくださいね」とハッシュタグが提示されたこともあって、トーク中もトーク後もかなりの数のツイートが投稿された。
せっかくなので自分のメモ代わりにトゥギャッター。

 >Dis+Coverサイエンスシリーズ創刊記念トークイベント「サイエンスが、日本の未来にできること」つだり #d21bc

本イベントは

日本と世界の明るい未来のためにディスカヴァーから創刊されたサイエンスシリーズ
第一弾3冊の著者によるトークイベント。

このサイエンスシリーズは創刊前から興味がありプレイベントも参加した。

 科学技術で日本に夢を(DIS+COVERサイエンスシリーズ)(追記あり)

発売後は、さっそく3冊買い込み(珍しく積読書にせず)読了。

納得する箇所、しない箇所。
感心する意見、それはどうかな意見。
内容を咀嚼しきれてないうちから、ネット上に書評が流れ出し、それをみて、またもやもや。

ちょうど自分と自身の事業の今後について再考してた時期でもあり、
もやもやついでにトークイベントも参加してみた。


3人とも著書と似たようなポジションでトーク。

・まずはパイを増やさねば。経営者。→ 北澤氏
・パイの中で悩みながら進め。秘書室長orやり手中間管理職 → 長神氏
・パイとかそんなことじゃないでしょう。CSR担当or消費者団体代表 → 内田氏

※あくまでイメージです。冗談です。

三者三様。話がまとまるわけもなく、それはそれで多様な意見が聞けて有意義だった。

イベント開催ありがとうございました。
→登壇者の御三方及びディスカヴァー・トゥエンティワン関係者の方。



以下は印象的だった発言や感じたメモ。

時間を見つけて掘り下げたい。


●発言
・科学の進歩=人類の知への貢献だとしても、それを”善”とみなしていいのか?(長神氏)

・DISコミュニケーションを解決する科学。人間の問題を考える科学があるかも(長神氏)

・サイエンス(サイエンスフォーエクセレント)がなんでもできるということは危険、科学万能の思想は危険。科学ができることできないことの理解が必要。(内田氏)

・「環境にやさしい研究。高齢者にやさしい研究」と画一的な研究動機が増えている。これでいいの?(内田氏)

・夢の共有。一つの価値観による全体主義で進めるものではない(内田氏)

・研究者だけでなく、科学を支える人、科学を取り巻く人にも目を向けるべき(内田氏)

・環境対策は、やれるかやれないかではなく、やるかやらないか。その上でどうやるか。課題はサイエンスによるブレークスルーで解決していく。(北澤氏)


●感じたこと(雑多)

・サイエンスコミュニケータが職業化する危うさ。
 →伝える人に丸投げする流れにならないか
 →サイエンスコミュニケータ専門職が確立するということは、本来あるべきサイエンスコミュニケーションが失敗していることにならないか。

・巨大な組織の長に届けられる情報のバイアス度。市井の声を正確に届けるにもサイエンスコミュニケーションが必要だな。

・そもそも無関心層に科学を届ける必要はあるのか?合理的無知をどう考える?かなり根本・・

・(養成機関の講義を受けた)第2世代?のサイエンスコミュニケータ自体がタックスイーター的扱いになってないか。

・ツイートや会場の声から、”内容が難しい”との意見があったが、本日の内容では特に自分は感じなかった。自分はどちらかというと文系側にいる気でいたのだが・・・。こういった感覚差は忘れないようにしないと。

・干場さんの事業紹介は惹きつけられる。参考に。

・この手の科学イベントにはない、いつもと違う参加者層。若い。
 ディスカヴァー・トゥエンティワン社ブランドか登壇者ネームバリューか。


・『科学技術は日本を救うか(北澤さん)』は、JSTの経営者が書き起こしたホワイトペーパーであり、プレゼン資料であり、IRでもあるな。

・内田さんの主張は、ひとりの親としていち科学技術好きとしては一番近い感覚。

・でも内田さんの活動対象は果てしなく荒野。

・長神さんは経営者からみて欲しい逸材。



その他もろもろは気が向いたら追記予定。






関連エントリー
科学技術で日本に夢を(DIS+COVERサイエンスシリーズ)(追記あり)
人たらしサイエンスコミュニケータ


サイエンスコミュニケーションぐらいは付きあってもよいけど?
なんとかリテラシーは誰のため?
経済界が求める科学技術コミュニケーション
「合理的無知」とサイエンスコミュニケーション
事務職がコミュニケータ-
「経営者」に伝わる科学技術
リスクコミュニケーションもサイエンスコミュニケーションも
サイエンスコミュニケーションするのはいつまでどこまで?
顔の見える研究
科学をつたえるといふこと
社会科学のコミュニケーション
謎の肩書き エバンジェリスト
産業観光でテクニカルコミュニケーション
BtoBto教育機関?
B(toB)サイエンスコミュニケーション
関連記事
.10 2010 サイエンスコミュニケーション comment2 trackback0

comment

suikyo
3人のポジションの例えが絶妙ですね(笑)。
イベントは行けませんでしたが、
まとめ、興味深く拝見させて頂きました。
どうもありがとうございました。
2010.05.10 21:11
M322
どうも経営目線で見てしまいますね・・・

> 3人のポジションの例えが絶妙ですね(笑)。
> イベントは行けませんでしたが、
> まとめ、興味深く拝見させて頂きました。
> どうもありがとうございました。
2010.05.17 20:33

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/355-17d571f5

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター