スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

大哺乳類展 海の仲間たちに会ってきた

honyu_umi (9)

国立科学博物館で開催されていた特別展、

 『大哺乳類展 海の仲間たち

を滑り込みで見てきた。

所狭しと並べられた海棲哺乳類の骨や標本に大興奮。


イルカとかシャチのはく製が展示されているのかなと思ったら、

クジラの骨格標本を始めとした巨大標本あり、体験物あり、環境啓蒙ものありと盛りだくさん。

なんといっても迫力は全長25メートルのシロナガスクジラの全身複製骨格。

honyu_umi (5)

もう、ブースをまたいじゃってるし。

世界最大の哺乳類。
目の前の実物大標本に改めて大きさを実感。

さらに、ダイオウイカと闘うマッコウクジラの頭も本物サイズ。

昔、必死で集めた海洋堂のボトルキャップ深海生物シリーズの巨大版。

この二つが見られただけでも、見に行った甲斐があった。

下の子はこのマッコウクジラの標本がいたく気にったらしく、

「タコが食べてたんだよね。おっきなタコが食べてたんだよね」と帰ってからもずーとしゃべってた。

いや、イカだから・・・。


他にも、シャチの骨格標本や
honyu_umi (2)

海獣の骨格標本
honyu_umi (11)

クジラの声の聴き比べができたり、
honyu_umi (8)

ヒゲクジラとハクラジラの違いを触って体験できたりと
honyu_umi (10)

ただの骨骨展示だけでない、博物館ならでは教育展示も豊富。


印象的だったのは、後半部分の展示

大抵の特別展はメインブースの裏の通路あたりからは、ポスター中心の堅苦しい展示が続いて、面白みがなかったりするのだが、今回は絶滅の危機にある海洋生物達の現状を訴えるはく製や、動画も豊富で、見ごたえがあった。


今回は展示の仕方がどうこういうより、実物大の迫力にやられた感じ。
多分、一人で見に来ていたら、シロナガスクジラだけで1時間くらいボーと見てたであろう満足展示。


子どもに「無駄なもの買っちゃだめ!」といいつつ、自分だけクジラグッツを購入。
honyu_umi (13)


骨格標本見ていたら、今度は本物がみたくなってきた。
honyu_umi (12)
こんなのが泳いでいるのをナマで見てみたい。


ちょっと調べたら、やっぱり高い。

 >バハ・カリフォルニア クジラと出会う旅(西遊旅行)

稼がないと。



関連エントリー

「光の謎を解き明かせ!」探偵ウェーブと体感型実験装置で光の原理を学ぶ
天空の博物館 『地球最古の恐竜展』 
虫だらけ「大昆虫博」は虫取り気分な展示
エキゾチックジャパンなショールーム「長崎歴史文化博物館」
マニアな博物館4「ハウステンボス美術館・博物館」で自動演奏装置に唸る。
「わくわくグランディ科学ランド」でわくわくした
「三菱みなとみらい技術館」 実機と模型で技術を体感
「恐竜博2009」 研究者をアピールする展示
微妙にマニアな博物館 京都大学総合博物館
マニアな博物館3「船の博物館」からみるガンダムも粋
マニアな博物館2 『初島灯台資料展示館』
「神奈川県立生命の星・地球博物館」に行ってきた。
滑り込み 大恐竜展
ひさしぶりの日本科学未来館は展示が結構かわっていた。
商業展示会に博物館出現。「セラミック博物館」
科学技術館を駆け足で周ってみた
ハンズオンがいっぱい。「宇宙の謎を解き明かす」企画展で宇宙探索技術を知る。
魅力的にかつ本質を伝える。それはできるのか。
王立科学博物館(小市民的)大人買い
~未来技術遺産~
下から目線
「菌類のふしぎ」展で展示について考えた

関連記事

2010/09/28 02:00 | 展示COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。