スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ジンベエザメがたまらない

hakkei (57)


ジンベエザメと言えば世界最大級の類。
ダイバーなら一度は出会いたい海の人気者。

そのジンベイザメが最近、「横浜・八景島シーパラダイス」にやってきた。
しかもペア。

これは見に行かねばと行ってきた。

生ジンベエザメを初めて見たのは大阪の『海遊館』。
沖縄の『美ら海水族館』の大型水槽でゆったりと泳ぐジンベエも素敵だった。
今度はダイビングで逢えたらなと思いつつなかなか実現せず。

そしたらなんと横浜にきているという。


10月、11月と一匹づつやってきたジンベイ。
放たれたのは普通の水槽ではなく、イルカショーをやる大型プール。

これが良い。

上から下から横から斜めから。
さまざまな角度からジンベイを眺められる。


上から、
hakkei (26)

hakkei (23)

hakkei (24)

この影感がたまらない。


下から、
hakkei (60)

hakkei (52)
騒ぐ子も黙る存在感。


そして圧巻は横からの至近距離。
hakkei (20)

hakkei (21)

ジンベエがブハブハと餌を食べる息遣いまでも身近で感じることができる。


 たまらない興奮!


このジンベエを展示するために、イルカのショーは休業中。

イルカ達がジンベエにビビってしまってショーにならないらしい。
また、悠然と泳ぐジンベイに衝突しないようにタイミングをとるのにも一苦労だとか。
いまは慣らし運転中で、公開訓練もおっかなびっくり状態だった。
イルカとジンベイ混在ショーが実現すれば恐らく世界初。


海獣やペンギンのショーは健在。

海獣がショーをやっているそばをゆったりとジンベイが通り過ぎていくというシュールなシチュエーション。
hakkei (65)


寒さも(子供も)忘れ、なんどもなんどもジンベエプールに見に来てしまった。


でも、こんな贅沢な展示なのに宣伝は控え目。
いまはまだ準備中だからなのか、それとも自分が気付かなかっただけか、
好きや、ダイバーならいくら出しても惜しくない環境だろう。


有名になる前のいまがお薦めかもしれない。




そしてシーパラダイスはジンベエ以外にも見どころは多かった。


十何年振りかに訪れたシーパラダイスは建物も展示も結構変わっていて、


ふれあいラグーン』では、イルカやクジラをこれまた間近でみられる。
上手くいけば触れることも可能。
hakkei (33)

hakkei (37)
シロイルカもひとなつっこくこっちを見ている。

hakkei (43)
いま流行りの行動展示も豊富で子供たちも大喜び。


訪れた日はちょうどクリスマス。

 「ドルフィンクリスマス'10

イワシが織りなすクリスマスツリーや
hakkei (7)

海上花火も
hakkei (77)


いい歳した自分にはサンタは来なかったけれど。
ジンベイ達からたまらないプレゼント。
大満足のクリスマス。
hakkei (100)


関連エントリー
クジラと見つめあってきた
大哺乳類展 海の仲間たちに会ってきた
深海特集が始まった『milsil(ミルシル)2010年第3号』
銀座で美ら海
深海ワンダー」潜りすぎ
興奮冷めやらぬ夜。カフェ・シアンティフィーク東京「「化石のサメが泳ぎ出す。サメの目で見た、地球史4億年」
あとはブログで

関連記事

2010/12/26 23:21 | 行って来たCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。