スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

梅雨でも行きたい博物館・美術館メモ(追記あり)

MP900438466.jpg

台風一号がやってきたと思ったら、
梅雨はもうそこ、夏はもうすぐ。


分野に節操は無いけど、
見たいもの見られるものは見ておきたい。

混乱したこの春も全部じゃないけどけっこう見に行けた。

早春、行きたい博物館・美術館メモ(追記あり)

無理めなものも書いておけば行く機会に恵まれるかもしれないし(願望)

写楽に五百羅漢に東大博物館など。
梅雨でも行きたい美術館・博物館備忘録。




------------------------------
写楽展

写楽展

期間:2011年5月1日(日)~6月12日(日)
場所:東京国立博物館 平成館(東京・上野)
内容:
URL:http://sharaku2011.jp/

<追記>

 いった。
 写楽 (3)

  >役者は揃っている。「写楽展」はあと二日

</追記>

------------------------------

五百羅漢展

五百羅漢

期間:2011年4月29日(金)~7月3日(日)
場所:江戸東京博物館(東京・浅草)
内容:増上寺秘蔵の仏画100幅一挙公開 幕末の絵師 狩野一信
URL:http://500rakan.exhn.jp/top.html

<追記>

 いった。
 羅漢が悪者にしか見えない。

</追記>

------------------------------

博物図譜とデジタルアーカイブ

博物図譜とデジタルアーカイブ

期間:2011年4月4日(月)~6月12日(日)
場所:武蔵野美術大学 図書館展示室(東京 鷹の台)
内容:博物学を中心とした動・植物図譜、航海記、地図、民俗学的図譜、解剖図譜など図版全ページを高解像度スキャニングしデジタルアーカイブ化、タッチパネル式高精細画像閲覧システムによって通常直接手に触れることができない資料を全ページ、細部にわたって閲覧できる環境を提供
URL:http://www.musabi.ac.jp/exhibit/10_hakubutsu/

<追記>

 いった。
 武蔵野美術大学

 >写真よりリアル? 『博物図譜とデジタルアーカイブ』行ってきたメモ

</追記>

------------------------------

20110516_01_01.jpg

メディアラボ第9期展示 「もんもとすむいえ」

期間:2011年6月11日(土)~12月27日(火)
場所:日本科学未来館 「情報科学技術と社会」コーナー(東京 お台場)
内容:「JST ERATO五十嵐デザインインタフェースプロジェクト」の作品展示
URL:http://www.miraikan.jst.go.jp/info/110513166274.html

------------------------------

title_um_original.jpg


『大学博物館の可能性-展示表現への挑戦-」』(イベント)

期間:2011年6月12日(日) 13:00~16:00
場所: 東京大学農学部弥生講堂(一条ホール)(東京 本郷)
内容:学と美と人間をどう表現していくのか大学博物館の可能性を探る
URL:http://www.um.u-tokyo.ac.jp/information/poster_20110612.pdf

<追記>

 いった。

 >生命と形に魅せられた人たちに魅せられた。

</追記>

------------------------------

ume_flyer-1.jpg

ウメサオタダオ展

期間:2011年3月10日(木)~2011年6月14日(火)
場所:国立民族博物館(大阪 吹田市)
内容:梅棹忠夫氏の足跡をたどりながら、その思想の先見性や実効力をあらためて発見する
URL:http://www.minpaku.ac.jp/special/umesao/

※大阪に行く用事なんかないかな・・・。

------------------------------

川崎岡本太郎美術館

「生誕100年 あっぱれ太郎 岡本太郎の仮面」展

期間:2011年4月7日(木)~7月3日(日)
場所:川崎市岡本太郎美術館(神奈川県 向ヶ丘遊園駅)
内容:仮面に関連した作品展示
URL:http://www.taromuseum.jp/exhibition/collection.html

------------------------------

main.jpg

グラフィックトライアル2011

期間:2011年5月13日(金)~2011年8月7日(日)
場所:印刷博物館 P&Pギャラリー(東京 飯田橋)
内容:グラフィックデザインと印刷表現の関係を深く追求し、新しい表現を模索獲得するための試み
URL:http://www.printing-museum.org/exhibition/pp/110513/index.html


------------------------------

関連エントリー
早春、行きたい博物館・美術館メモ
この冬、行きたい博物館・美術館メモ(追加あり)(追記あり)
この夏後半、こどもと行きたい博物館・美術館メモ。<追記あり>
この夏後半、ひとりで行きたい博物館・美術館メモ。<追記あり>

関連記事

2011/05/20 23:00 | 展示COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。