美術館でナチュラル体験 雲、虹、ブラックホールな東京都現代美術館

クラウド (2)

東京は清澄白河の東京都現代美術館で開催されている屋外展示

 『クラウドスケープ

6mほどの透明のキューブの中に人工的に雲を発生させる装置。

それってタダの霧じゃね?

という疑念を抱きながらも気になったので体験してきた。
クラウド (21)
外から見た感じだと、やはり全体的にぼやっと霧がかった感じであまり雲っぽくはない。

クラウド (20)
中には階段がかけられていてキューブの中を登れるようになっている。

クラウド (16)
登ってみるとあら不思議。中段のところに雲の層があって。

クラウド (13)
一番上まで登ると下からはほとんど見えなくなる。
が、上にいる本人の周りには雲はなく視界はクリア。
まさに雲海を上から見ている感じになる。

室内の空気環境を制御し、圧力と温湿度が異なる3つの空気層をつくりだしているとのこと。

山登りや飛行機と違って、短時間でかつ生身で雲の中を行き来できる機会ってありそうでない。
正直、衝撃を受けるほどではないが不思議な感覚を味わえた。

これを体験するだけなら200円。
常設展や企画展のチケットがあれば無料。

せっかくだからと常設展と企画展も覗いてみた。

でも相変わらず常設展の作品はうーむ・・・。
現代芸術って自由だよね。



気を取り直して企画展。

靉嘔 ふたたび虹のかなたに

靉嘔 ふたたび虹のかなたに』展

靉嘔さんは茨城県出身の現役の芸術家らしい。
虹色の作品は見事。気持ちいいほどに鮮やか。

クラウド (34)

クラウド (36)

そしてなぜか順路の途中に突然黒い「BLACK HOLE」なる部屋があらわれる。
真っ暗闇の中を手すり沿いに歩くという体験コーナー。
(これは靉嘔さんの作品ではないっぽい)

完全な闇の中を歩くってのもありそうでないものでこれもまた貴重な体験。
色の洪水に見まわれた後だけに闇がよりいっそう闇に。


雲に虹にブラックホール。

美術館らしからぬナチュラル体験をまとめてできるこの機会。
現代美術になじみのない人も覗いてみてはいかが。

それにしても現代美術館はいつ行っても空いてるよね。

クラウド (37)


クラウドスケープ
期間:~2012年3月22日(木)
場所:東京都現代美術館 外
URL:http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/133/

靉嘔 ふたたび虹のかなたに
期間:~2012年5月6日(日)
場所:東京都現代美術館1F,B2F
URL:http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/131/


関連記事
.19 2012 展示 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/484-49378c8a

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター