まったく趣味じゃないものを覗いてみたら意外とよかった『草間彌生 永遠の永遠の永遠』

草間彌生 (2)

埼玉は近代美術館で開催されている

 『草間彌生 永遠の永遠の永遠』展

を覗いてきた。

まったく持って趣味じゃない作家の展覧会。
なんだかわからないものを見てみるのもまた良しと思っていってみた。


草間彌生さんを知ったのは数年前、
auのデザイン携帯ブランドiidaの製品を見たとき。
 
 Art Editions YAYOI KUSAMA(iida)

当時は、なんだこのおばさん。樹木希林か?
だれがこんな派手派手な携帯欲しいんだ?

ぐらいの印象しかなかった。


その後、時間を経て、先月くらいだったか『六本木アートナイト』にいってみてびっくり。
そこらじゅうが水玉だらけ、来場者はスタンプラリーでもらえる赤い水玉のフリースマフラーをわれ先と手に入れて喜んでいた。

草間彌生 (1)

確かに変わっていて綺麗なオブジェだけど、そんなに殺到するほどのものなのか?
というのが正直な感想。

そんなこんなで、近くの美術館に草間彌生がやってくると知ったら敢えて行ってみたくなった。
まったく予習なしのフラリ訪問。

草間彌生 (4)

美術館に近づくと目の覚めるような赤と白の水玉オブジェ。
目に痛い。


草間彌生 (5)

中に入るとまた強烈なオブジェが。

吹き抜けには巨大なバルーン人形。
草間彌生 (6)

大きすぎて携帯カメラに収まらず。

草間彌生 (7)

『ヤヨイちゃん』というらしい。
※会場の中も外も、オブジェは写真撮影可。

そういえば、このバルーンは六本木でも見た気がする。


ここまではお菓子屋かキディランドなイメージ。
子供たちが見たら喜びそうだ。


さっそくチケットを買って会場に入る。

イメージが変わったのはここから。

入口から見えた一枚目にいきなり心を奪われる。

心が傷んだときの自画像/2009
 ※リンク先の右上の作品

赤と白のシンプルな色使いに、大きな目。
何がいいかと聞かれると言葉に詰まるが、岡本太郎的な強烈なインパクト。

そもそもオブジェの作家かと思ってたから絵があるなんて想像してなかった...

会場は同じ大判の絵が並ぶ。
顔と目とゾウリムシみたいな図柄が繰り返し使われる作品が続く。

人間の一生/2010

原色ではないが鮮やかな色使い。

特に、赤と濃い黄色を使用した作品にひきこまれる。
どうも作品は、作者の心の内面を表現した作品が多いようだ。

途中でオブジェもあり。

草間彌生 (8)

光ってない『南瓜』は本邦初公開のこと。
イエローキャブかコマツ重機のような色使いがなかなか。


今回展覧会のために書き下ろした作品もいくつかあり。

神をみつめていたわたし/2011

これに関してはうーん。ヴィレッジヴァンガードあたりに売ってそうな感じ。


赤と緑の水玉のLEDが吊るされたミラールームを体験できるインスタレーション展示もあり。

『魂の灯』

時間制でわずか30秒ほどだが、不思議な感覚に陥る。


極めつけは、水玉模様の部屋。

草間彌生 (16) 草間彌生 (14)

チューリップに愛をこめて、永遠に祈る/2011 ©YAYOI KUSAMA, Courtesy of Victoria Miro Gallery, OTA FINE ARTS.

パッと見た感じ頭がおかしくなりそうな空間。
でも意外と心地よかったり。

あまり時間がなかったのでじっくり見られなかったのが悔やまれるが、

見終わってみたら結構気に入ってる自分がいた。
ミュージアムショップには『心が傷んだときの自画像/2009』のクリアファイルもあって満足。

草間彌生


ただ通常展示ブースで同時に行われていた『草間彌生-works 1951-1975』の方の作品は、全般的に暗ったく鬱々として苦手な部類の作品だった。

やっぱり明るめなのがいいのかなと思いつつも、
最近見た原色系の作品を思い起こすと、どれもいまいちなものが多かった気がするし、

靉嘔 ふたたび虹のかなたに』とか
田中敦子 - アート・オブ・コネクティング』とか。

この違いはなんだろう。


もう少しいろいろ見てみよう。



ちなみに展覧会はあと二日。
岡本太郎とか好きな人は急がないと。

草間彌生 (21)

-------------------------------------------------

『草間彌生 永遠の永遠の永遠』

会期:~2012年5月20日(日)
場所:埼玉県立近代美術館(埼玉・北浦和)
概要:現代美術家として活躍する草間彌生の、最新の創作活動を紹介
   子どものように自由で楽しい想像力に溢れながら、人間の内面世界を
   えぐり出すような、これまでに見たこともない作品群
URL :http://www.asahi.com/kusama/

-------------------------------------------------


関連記事
.19 2012 展示 comment0 trackback1

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/509-de66d8f3
埼玉は近代美術館で開催されている 『草間彌生 永遠の永遠の永遠』展を覗いてきた。まったく持って趣味じゃない作家の展覧会。なんだかわからないものを見てみるのもまた良しと思っていってみた。↓
2012.05.20 10:07 まとめwoネタ速neo

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター