スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

和の美 『ボストン美術館』展

ボストン美術館展


かつて海を渡った"まぼろしの国宝"とも呼べる
日本美術の至宝が一堂に里帰りするとのことで、
それは出迎えにいかないとと、東京は国立博物館で開催中の

 特別展「ボストン美術館 日本美術の至宝」

に行ってきた。



何を隠そう(誰に隠そう?)、私は和柄好き。
龍や虎、桜に梅に紅葉柄。
ついつい買ってしまう和柄モノのシャツやブックカバー。

そんなお好みの和の作品がずらりと揃う様は壮観。

話題の曽我蕭白や長谷川等伯はもちろん圧巻なのだけど、
あまり宣伝されていなかった、第6章の「刀剣と染織」が意外と見ごたえあり。

重層な刺繍、鮮やかな和色、変わった図柄(蝶など)。
染織の美しさは思わず口を開けて見とれるほど。
また、刀剣の刃紋の怪しい輝きもさることながら、
鞘や柄に施された紋様は巧緻でため息もの。

この手の柄が好きな人は、
超混みの2大絵巻に並ぶよりもこっちを堪能した方がよいのかも。


目玉の曽我蕭白はパンフとか見た感じでは、もっと大味なのかなぁと想像してたのだけど、
《鷹図》や《雲龍図》などは絶妙なぼかしで濃淡がちゃんと表現されていて、
実物をみにいっといて良かったなという感じ。

でも、どうしても曽我蕭白作品で理解できなかったのはこれ。
商山四皓図屏風

いろいろと絶賛されているのだけど、どうしても“つるにはまるまるむし”にしか思えなかったよ。

つるにはまるまるむし
《つるにはまるまるむし 平成24年 @k_2106筆》


他にはやはり動物モノがいい。
特に眼と毛並。
オウムに鷹にジャコウネコ。

まさに至宝。


ということで本日のお気に入り

《弥勒菩薩立像》

《松に麝香猫図屏風》
 松に麝香猫図屏風

《梨地鳳凰螺鈿金装飾剣》

《振袖 黒縮緬地桜楓模様》

《龍虎図屏風》
 龍虎図屏風

《鷙鳥図屏風》

《四季花鳥図屏風》
 四季花鳥図屏風

《鸚鵡図》
 鸚鵡図

《雲龍図》
 雲龍図

《鷹図》


会期はあとわずか6月10日まで。金曜の夜が比較的空いていて(あくまで比較的)おすすめ。
-------------------------------------------------
boston_tohaku_thum.jpg


『特別展「ボストン美術館 日本美術の至宝」』

会期:~ 2012年6月10日(日)
場所:東京国立博物館(東京・上野)
概要:日本初公開となる曽我蕭白(そがしょうはく)の最高傑作『雲龍図』
   をはじめ、長谷川等伯(はせがわとうはく)、尾形光琳(おがたこうりん)、
   伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)などの手による、かつて海を渡った
   "まぼろしの国宝"とも呼べる日本美術の至宝が一堂に里帰り
URL :http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1416

-------------------------------------------------


ちなみに
ポスターカードの設置場所が買いづらくて大変でした。→ミュージアムショップ各位。
ボストン

関連記事

2012/06/05 23:00 | 展示COMMENT(0)TRACKBACK(1)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。