『TOKYO研究所紀行』片手にふらりと出かけたい。

TOKYO研究所紀行
TOKYO研究所紀行 (玄光社MOOK TOKYO INTELLIGENT TRIP 2)

あぁこれこれこんな感じの欲しかった。
理想に近い本。

研究所の魅力が写真と紀行文でおしゃれに紹介されている。

その数、28施設。





似たようなガイド本はあるにはあったけど、

よくわかる最先端科学研究所ガイド
よくわかる最先端科学研究所ガイド

研究内容には詳しくても、ビジュアルが弱かった。
(ちなみに著者は『子供の科学』にもよく執筆されているサイエンスライターの白鳥敬さん、130もの研究機関が掲載)

本書には思わず行きたくなるようなキャッチや写真が豊富。
工場見学本とミュージアムガイドのいいところを抜き出して研究所に特化した本。
雑誌BRUTUSのCase風
ブログで訪問記を書くときには、こんな感じにしたくて書いていたりして。
(Casaとは程遠いですが・・・)

「TOKYO」とのことで関東の有名どころが中心で、
防災や情報通信系が無いなと気になるところもあるけれど、
あぁこの本、片手にふらりと研究所を回りたいなぁなんてマニアな心が動きます。

研究所萌え・・。


以下は掲載機関一覧
-----------
1 地球にふれる研究所

・国立環境研究所 NIES
・JAMSTEC 横須賀本部
・JAMSTEC 横浜研究所
・国立極地研究所
・産業技術総合研究所 地質標本館

2 生き物の不思議がわかる研究所

・国立科学博物館 筑波実験植物園(つくば植物園)
・農業生物資源研究所
・花き研究所
・放射線医学総合研究所

3 歴史の浪漫を探る研究所

・国立科学博物館
・東京大学総合研究博物館 本館
・東京大学総合研究博物館 小石川分館
・国立歴史民俗博物館
・国士舘大学 イラク古代文化研究所
・東京都江戸東京博物館

4 暮らしを新しくする研究所

・地図と測量の科学館
・建築研究所
・サイエンス・スクエアつくば
・白洋舎洗濯科学研究所(マンガ紹介)

5 最先端テクノロジーと出会える研究所

・理化学研究所
・KEK 高エネルギー加速器研究機構
・東京大学生産技術研究所 千葉実験所
・NIMS 物質・材料研究機構

6 宇宙の謎を解く研究所
・JAXA 筑波宇宙センター
・国立天文台
・JAXA 相模原キャンパス(宇宙科学研究所)
・JAXA 調布航空宇宙センター
・JAXA 地球観測センター
-----------

関連エントリー

マニアな博物館 『南極・北極科学館』
天空の博物館 『地球最古の恐竜展』 
「恐竜博2009」 研究者をアピールする展示
滑り込み 大恐竜展
エキゾチックジャパンなショールーム「長崎歴史文化博物館」
マニアな博物館4「ハウステンボス美術館・博物館」で自動演奏装置に唸る。
「わくわくグランディ科学ランド」でわくわくした
「三菱みなとみらい技術館」 実機と模型で技術を体感
「恐竜博2009」 研究者をアピールする展示
微妙にマニアな博物館 京都大学総合博物館
マニアな博物館3「船の博物館」からみるガンダムも粋
マニアな博物館2 『初島灯台資料展示館』
「神奈川県立生命の星・地球博物館」に行ってきた。
ひさしぶりの日本科学未来館は展示が結構かわっていた。
商業展示会に博物館出現。「セラミック博物館」
科学技術館を駆け足で周ってみた
ハンズオンがいっぱい。「宇宙の謎を解き明かす」企画展で宇宙探索技術を知る。
魅力的にかつ本質を伝える。それはできるのか。
王立科学博物館(小市民的)大人買い
~未来技術遺産~
下から目線
「菌類のふしぎ」展で展示について考えた
関連記事
.16 2012 展示 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/531-594e92d2

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター