初秋の候いきたい博物館・美術館メモ(2012)

MP900227676.jpg

あっというまにもう9月。
しかし外はまだまだ猛暑日が続く、
いつになったら涼しくなるのか、
ミュージアムで鑑賞しながら涼をとるのも一考。

夏休みの子供向けプログラムも収束し、
うるさいガキどもも減りることだし
静かにじっくりと周るとしましょう。

そんな感じで、若干ななめからのいきたい博物館美術館リスト。


-----------
発見!体験!先端研究@上野の山シリーズ「ものづくりの未来 生命の進化をたどって 」

発見!体験!先端研究@上野の山シリーズ ものづくりの未来~生命の進化をたどって~
会期:2012年9月8日(土)~9月14日(金)
会場:国立科学博物館(東京・上野)
概要:ものづくりはどのように発達し、今後どのように進むべきなのか?
   生物の進化のプロセスを通じて探り、未来に役立つものづくりを展望する
URL:http://www.kahaku.go.jp/event/2012/09kanakou/

<レポート>

 行った。 
 金沢工業大学のショーケースだった。

ものづくりのこころ

</レポート>

-----------
東博秋の特別展

東京国立博物館 秋の特別公開
会期:平成24年年9月15日(土)~9月30日(日)
会場:東京国立博物館(東京・上野)
概要:トーハクの140周年のテーマは「ブンカのちからにありがとう!」。
   トーハクの歴史を、来館者とたどる特別な2週間。
   国宝・重要文化財の指定を受けた寄贈品を選りすぐって公開など 
URL:http://www.tnm.jp/modules/r_event/index.php?controller=dtl&cid=5&id=6322

-----------
岡本太郎ナイト

岡本太郎記念館 一夜限りのスペシャルイベント『One Night Illusion』
会期:平成24年9月30日(日) 台風接近のため、10月7日(日)に延期 ※一日限り
会場:岡本太郎記念館(東京・表参道)
概要:記念館の庭園・館内の空間全体に岡本作品が投影され、太郎独特の原色世界に。
   一夜限りの幻想的な空間が立ち現れる。
URL:http://www.taro-okamoto.or.jp/event.html

<レポート>

 行った。
 >一夜限りの幻想風景 岡本太郎記念館 『One Night Illusion』(2012.10.07) 

</レポート>

-----------
寄藤文平の夏の一研究

寄藤文平の夏の一研究
会期:平成24年09月03日(月)~09月29日(土)
会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)(東京・銀座)
概要:JTのマナー広告「大人たばこ養成講座」やフリーペーパー『R25』の仕事で
   広く知られる注目のグラフィックデザイナー、寄藤文平氏が手がけてきた、
   広範囲に及ぶ仕事の根底にあるアイディアの源泉、独自のデザイン論と
   その展開例を、手描きイラストレーションと言葉によるアログ手法で
   再サンプリングし、解説・検証。
URL:http://www.dnp.co.jp/CGI/gallery/schedule/detail.cgi?l=1&t=1&seq=00000584

<レポート>

 行った。
 >ほのぼのと深い『寄藤文平の夏の一研究』

</レポート>


-----------
東京都美術館ものがたり
会期:~ 2012年9月30日
会場:東京都美術館(東京・上野)
概要:近現代の「ニッポン・アート史ダイジェスト」として、美術館を舞台に活躍した作家を紹介。
   ○対極主義宣言と岡本太郎など ※無料
URL:http://www.tobikan.jp/museum/2012/tobi-story2012.html

<レポート>

 行った。
 岡本太郎の《森の掟》が間近で(かつ無料)で見られる!
 そのほかの作品はう~ん・・・。

</レポート>
-----------
haku_vmain.jpg

博物図譜とデジタルアーカイブ V
会期:平成24年9月3日(月)-10月6日(土)
会場:武蔵野美術大学 美術館 展示室3(東京・国分寺)
概要:2010年度より4期にわたり開催してきた「博物図譜とデジタルアーカイブ」の総集編。
   荒俣宏旧蔵コレクションを中心に図書館所蔵の博物図譜を一挙公開。
URL:http://mauml.musabi.ac.jp/museum/archives/1459

-----------
伝えるための表現

伝えるための表現~ジェスチャー・音・文字~
会期:~ 平成24年10月28日(日)
会場:ソニー・エクスプローラサイエンス(東京・お台場)
概要:わたしたちが普段何気なく行なっているしぐさや動作、当たり前の
   ように使っている、相手に伝えるための「表現」方法について、
   着眼の視点をいくつかに定めながらとりあげる。
URL:http://www.sonyexplorascience.jp/special/kt120720_expressions/

-----------
_azzurrobanner.jpg

スタジオ・アッズーロ展
会期:平成24年9月22日(土)~11月4日(日)
会場:川崎市市民ミュージアム(神奈川・川崎)
概要:今日の先端技術により、「触れる・聞く・見る」という身体の基本的な
   動きによる鑑賞を実現するスタジオ・アッズーロの世界
URL:http://www.kawasaki-museum.jp/azzurro/index.html

<レポート>

 スタジオ・アッズーロ

 行った。
 30周年企画だけあって、ちとインスタレーションが古い。
 子ども向けには展示が少ない。
 大人向けには物足りない。 

</レポート>


-----------
Stepping Stone

Stepping Stone -未来の選択のための今ここにつくる実験場所
会期:平成24年年9月15日(土)-11月11日(日)
会場:小山市立車屋美術館(栃木・間々田)
概要:変わらないものと、変わりゆく世界の中で、どのように世界と対峙し、
   世界の中での自分の位置を確認しえるのか、この問いに対して、
   様々なアプローチをもって試みる実験を行う
URL:http://www.city.oyama.tochigi.jp/kyoikuiinkai/kurumayabizyutukan/tenrankai/zikai/SteppingStone.html

-----------
美術にぶるっ

美術にぶるっ! ベストセレクション 日本近代美術の100年
会期:平成24年10月16日(火)~平成25年1月14日(月・祝)
会場:東京国立近代美術館(東京・竹橋)
概要:開館60周年を機に、全フロアを使い、日本近代美術の100年を振り返る大展覧会
URL:http://buru60.jp/index.html

-----------
main_01.jpg

始発電車を待ちながら Waiting for the First Train
 -東京駅と鉄道をめぐる現代アート9つの物語-

会期:2012年10月1日(月)~2013年2月24日(日)
会場:東京ステーションギャラリー(東京・東京駅)
概要:秋山さやか、柴川敏之、廣村正彰、本城直季、ヤマガミユキヒロ、
   大洲大作、クワクボリョウタ、パラモデル、廣瀬通孝らの作家による
  「東京駅」あるいは「鉄道」という視点から発想された作品。
URL:http://www.ejrcf.or.jp/gallery/pdf/120906.pdf


-----------
関連記事
.03 2012 展示 comment0 trackback1

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/536-b3936bb1
東京は銀座のギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)で開催中の  『寄藤文平の夏の一研究』 を覘いてきた。 寄藤文平氏と言えば、R25や東京メトロ「○○でやろう」シリー...

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター