スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

アラブのいま 『アラブ・エクスプレス展』

アラブ・エクスプレス (13)
クリエイティブコモンズ
ハリーム・アル・カリーム 《無題(「都会の目撃者」シリーズより)》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示・非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。


東京は六本木の森美術館で開催中の
 
 『アラブ・エクスプレス展 アラブ美術の今を知る 』

に行ってきた。

特にアラブ美術に興味があったわけではなく、
招待チケットをいただいていたので、近くにいったついでにふらりと寄ってみたのだが・・・。
強烈に突き刺さる展覧会だった。

アラブ・エクスプレス (1)
クリエイティブコモンズ
モアタッズ・ナスル 《カイロ・ウォーク》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示・非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

砂漠・紛争・オイルなどのアラブに対する画一的なイメージを
払拭するために、アートを通して現在のアラブを知ると謳われた展示。

アラブ・エクスプレス (3)
クリエイティブコモンズ
アトファール・アハダース《私をここに連れて行って:想い出を作りたいから》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示・非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

確かにそうしたイメージにとらわれていた部分を気づかせてくれる作品も多い。

アラブ・エクスプレス (7)
クリエイティブコモンズ
シャリーフ・ワーキド 《次回へ続く》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示・非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

この映像は、パッと見、テロの予告か宣言文の読み上げを連想してしまうが、
画面の男性が語っているのは『千夜一夜物語』である。

他ににも急速に進む都市開発の様子や幾何学的に美しい砂漠の映像も用意されている。


とはいうものの、やはり紛争の闇は、どの作品からもひしひしと伝わってくる。

アラブ・エクスプレス (5)
クリエイティブコモンズ
マハ・ムスタファ 《ブラック・ファウンテン》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示・非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

湾岸戦争中の油田火災によってもたらされた黒い雨をイメージした作品。


アラブ・エクスプレス (8) アラブ・エクスプレス (9)
クリエイティブコモンズ
オライブ・トゥーカーン 《新しい中東》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示・非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

地図を自由に組み替えられるインスタレーション。
国境を操作する体験。
しかし、パレスチナだけは固定されている。


風刺的な作品やもっと直球な作品も多い。

レクイエムが鳴り響く中、流される紛争映像。
公開処刑が行われた同じ時間、場所を写した街中の写真。
湾岸戦争やイラク戦争を経験した故郷への深い絶望を表現したアニメーション。
などなど物悲しい。

Chim↑Pomの「ひっくりかえる展」のような社会メッセージのアートで訴える展覧会

アラブ・エクスプレス (14)

この瞬間にも、どこかの場所で起こっている事実。
軽い気持ちで観に行ったらやられた。
弱っている時にいくと辛いかも。

アラブエキスプレス展

会期:~2012年10月28日(日)
会場:森美術館(東京・六本木)
URL:http://www.mori.art.museum/contents/arab_express/index.html

関連記事

2012/10/03 06:30 | 展示COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。