路地裏に岡本太郎 『TAROが町にやってくる!』

岡本太郎_谷中 (10)

東京は谷中のギャラリー「マルヒ」で展示中の

 「TAROが町にやってくる! ~岡本太郎グッズコレクション~

を覗いてきた。


谷中の細い路地裏にある
元質屋という築95年の民家を利用したギャラリーでの異色の展覧会


根津駅から徒歩5分ほど。
えっここかよ?というほど細い路地に佇む和の店。

岡本太郎_谷中 (15)

300円を払って入ると、
畳の上にタローのぼりが横たわるシュールな光景。
岡本太郎_谷中 (11)

奥の狭い蔵の中にもタロー作品。
岡本太郎_谷中 (14)

そこかしこにタロー作品。
岡本太郎_谷中 (1)

あぁ懐かしタペストリー。
岡本太郎_谷中 (7)

これは国鉄民営化記念メダルらしい。
岡本太郎_谷中 (6)

身近な製品も多く手掛けてきたタロー。
岡本太郎_谷中 (13)

ジャスコの包装紙なんてのデザインしていたのだね。
岡本太郎_谷中 (8)

展示の中で一番持ち去りたくなった欲しくなった時計。
岡本太郎_谷中 (2)

アロエがタロー的になっててもうなにがなんだか。
岡本太郎_谷中 (9)

これらの作品が全て個人のコレクションだというから驚き。

少数者の専有物としての芸術を嫌って、大衆のために数多くの作品を
生み出した岡本太郎の意思を引き継いだ展示。

岡本太郎_谷中 (12)

記念館でもなく、美術館でもない、民家の展示。
岡本太郎_谷中 (5)

とっても貴重なタロー展示。
 「TAROが町にやってくる! ~岡本太郎グッズコレクション~
は、一週間会期が延長されて2012年10月14日(日)まで。


会期 〜 10月14日(日)
時間 11:00〜18:00
料金 一律 300円
会場 ギャラリーマルヒgallery Maruhi 文京区根津2-33-1
http://www.facebook.com/maruhi.nezu

関連エントリー
一夜限りの幻想風景 岡本太郎記念館 『One Night Illusion』(2012.10.07)
叫ぶ「岡本太郎の50年」展
大きさ実感 「太陽の塔 黄金の顔」
岡本太郎記念館をジャック 『ヤノベケンジ:太陽の子・太郎の子』展
岡本太郎が暮らしたアトリエ 『岡本太郎記念館』
太郎のパブリックアートが集合『川崎市岡本太郎美術館』
何だこれは!『岡本太郎展』メモ

関連記事

2012/10/11 08:30 | 展示COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |