スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

地下神殿 「首都圏外郭放水路特別見学会」に行ってきた。

首都圏外郭放水路 (9)

一度行ってみたかった地下神殿。

遺跡萌え的空間に興奮。



ここは埼玉は春日部市にある『首都圏外郭放水路

洪水時に中小河川からあふれた水を地下トンネルに取り込み、江戸川に配水するダイナミックな放水路。

 >首都圏外郭放水路とは(江戸川河川事業所)

この放水路、一般見学も可能だが残念ながら平日(火~金)限定予約制。
でも一年に一回だけ無料開放日があって17日がその日だった。

 000067471.jpg

毎年この日はいつも別件が入ってなかなか行けなかったが、
今年は予定がキャンセルになり急きょ行けることに。

噂では超混みで、1時間待ちはざらとのこと。
ただ終了間際は空いてるとかの情報もありとりあえず最終入場時間直前に行ってみる。

駐車場やらなんやらバタバタしたが滑り込み入場成功。

100段ほどの階段を降りると巨大な空間が現れる。

首都圏外郭放水路 (2)

工場好きも、遺跡好きも、巨大建築物好きにも。

首都圏外郭放水路 (7)

めくるめく萌えの世界。


首都圏放水路


「パパ、神殿なんかじゃないじゃん。何にもないし。早く外の屋台で何か食べようよ」
などという興ざめなことを言うガキは先に退場させて、一人残り、見てまわる。

首都圏外郭放水路 (8)

左に見えるゴミみたいのが人。

首都圏外郭放水路 (5)

施設説明もあり。
この巨大な空間にボードが一つ、説明員一人という思い切り。

概要   首都圏外郭放水路
※http://www.ktr.mlit.go.jp/edogawa/project/gaikaku/frame_index.html

どうやらここは調圧水槽と言って地下トンネルから流れてきた水を調整するプールらしい。
(上図の左の四角いスペース)

つまり、さらに奥には深く大きい立坑があるってこと。

首都圏外郭放水路 (1)


恐らくこの先が立坑。残念ながら立ち入り禁止。
あぁ潜ってみたい。


今年行けなかった人は来年是非。


ちなみに、会場内には駐車場はなく、駅から100円のシャトルバスを利用。
近場に路駐しようとしても、周辺は監視がきちんとしていて無理。
徒歩だと30分。なにそれイヤだという人は、実は少し遠くに臨時駐車場が用意されている。

来年はどうなるかわからないけど、参考までに駐車場案内図を載せておく。

首都圏外郭放水路特別見学会駐車場2012
 ※クリックで拡大

右上の「龍Q館」が地下神殿への入り口があるところ。
龍Q館ってなにその面白ネーミングはってのは置いといて・・・。
一番近い駐車場からなら大人の足で徒歩15分ぐらい。
私はとりあえず会場に家族を降ろして、臨時駐車場から一人走りましたけど。



関連エントリー
大人の社会科見学『大橋ジャンクション現場見学会』に行ってきた。
マニアな産業遺産「軍艦島」へ上陸してきた(後篇)
マニアな産業遺産「軍艦島」へ上陸してきた(前篇)

リニアを体感「山梨県立リニア見学センター」
震度7を体験してみる、『埼玉県防災学習センター』
暑い夏にはアイス食い放題な工場見学へ「シャトレーゼ白州工場」
地球観測センター「宇宙の日ふれあい月間」一般公開でふれあってきた
埼玉県環境科学国際センター GW特別企画にいってきた
電波の窓「宇宙電波観測所」に行ってきた。

関連記事

2012/11/19 21:30 | 行って来たCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。