大人のスタンプラリー 「江戸再発見 浮世絵スタンプラリー~富士山辺~」

浮世絵スタンプラリー

東京メトロで地味に粋なイベントをやっている。

『江戸再発見!浮世絵スタンプラリー ~富士山編~』

「東京メトロが走っている場所は、かつて江戸の町だった」を
テーマに、浮世絵に描かれた「かつて富士山を望めた場所」を
巡り、浮世絵と現在の姿を同時に楽しみながら東京メトロ沿線を
散策するスタンプラリー。



歌川広重、葛飾北斎の作品から選んだ5作品が描かれたと
思われる場所の最寄り駅である「後楽園」、「明治神宮前」、
「三越前」、「水天宮前」及び「住吉」の各駅にスタンプが設置されている。

スタンプ帳兼リーフレットには作品の詳しい説明の他、
絵師が眺めたと思われる場所が地図上に示されていた。
リーフレットはスタンプ設置場所に置いてある。

(1) 南北線後楽園駅 春日通り方面改札付近(改札内)
(2) 副都心線明治神宮前<原宿>駅 神宮前交差点方面改札付近(改札外)
(3) 銀座線三越前駅 室町三丁目方面改札付近(改札外)
(4) 半蔵門線水天宮前駅 シティエアターミナル方面改札付近(改札外)
(5) 半蔵門線住吉駅 猿江方面改札付近(改札外)

スタンプの設置は、2013年3月17日(日)まで。
くわしくはこちら

 >「江戸再発見!浮世絵スタンプラリー ~富士山編~」(東京メトロ)

電車移動の多い営業マンかつ浮世絵好きはふらりと寄ってみてはいかが。


ちなみにスタンプを集めて応募すると223名(フジサン)にプレゼントが当たる。
が、商品は特に粋ではない・・・。


関連エントリー
春を先取り、「さくらいろいろ」展
職人たちが追及した用と美 「たくみのたくらみ」展は、展示の仕方もたくらみがいっぱい。

引き継がれる国芳の魅力 「はじまりは国芳-江戸スピリットのゆくえ-」
贅沢な浮世絵の風景画展 「北斎と広重 きそいあう江戸の風景展
粋で巧な『Design-江戸デザインの“巧・妙”』展は浮世絵好きにもおすすめ
血まみれだけでもない 「没後120年記念 月岡芳年」展
和の美 『ボストン美術館』展
江戸のスナップショット 「特別展 ホノルル美術館所属 北斎展」
幕末のONE PIECEがここに。『没後150年 歌川国芳展』
役者は揃っている。「写楽展」はあと三日

関連記事

2013/03/01 00:00 | イベント・セミナーCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |