自由すぎるキャプションに学芸員の遊び心を感じる「狩野派以外も大賑わい」展

狩野派以外も大賑わい

東京は高島平の板橋区立美術館で開催されている、

 『狩野派以外も大賑わい』

を観てきた。

辺鄙なところに建つ小さな区立美術館
外見のひっそり感から想像つかないファンキーな展示にビックリ。


何がファンキーかというと
狩野派以外 (4)
 《布袋図 (雪村)》

作品がファンキー!

ではなくて、作品に寄せられた説明が飛んでいる。

狩野派以外(5)


作品一つ一つに「新タイトル」がつけられていて、
例えば上記の《布袋図 (雪村)》は「ダンシング・ホテイ」。

さらに、作品の美術的な説明に加えて、絵本のような語り口で登場人物を浮き立たせるキャプションがいい。

 

布袋さん、何かいいことあったの?いつも担いでいる袋に乗ってダンス!ダンス!大きなおなかでいつもニコニコ。布袋さんは私たちに福を運んできてくれるのです。~ 』



当の作品名は見えればいいくらいに小さく記載されているだけなのも面白い。


狩野派以外 (6)
 《達磨図(啓孫)》
 →「ギョロリ!」

狩野派以外 (8)
 《青楼遊郭図(川又常正)》
 →「行(ゆ)かないで」

動物の気持ちを代弁したりして、
狩野派以外 (27)
 《蜘蛛の巣図》
 →「ちぇっ、エサは松葉か」

他もみなそんな調子で
 「雪道はつらいぜ」
 「スタイルいいでしょう?」
 「嵐に向かって吼えろ!」
などなど。


きついコメントもさらりと入れてある。
狩野派以外 (31)
 《柳二白鷺図(谷文二)》
 →「白鷺のヒソヒソ話」

 『画才のない人が一生懸命に描くとこんな絵になるのでしょうか。(省略)バランスが崩れていますが、賢明さに心打たれます。』


やりたい放題。

以前、江戸東京博物館で観た『五百羅漢展』の山下裕二さんのキャプションに通じるものがある。


展覧会会場である板橋区立美術館は、江戸狩野派作品の収集で知られているらしい。

でも、それ以外の流派もけっこう集まっちゃっているから、
「狩野派以外も見せちゃおう」ということで今回公開したとか。
この辺もゆるい勢いを感じます。


全般的に明るい色合いの作品が多かった気がする。

狩野派以外 (16)
 《桜下太夫図(鳥居清忠(二代))》
 →「花魁のお出かけ」

狩野派以外 (23)
 《梅下双鶏図(谷文中)》
 →「家族みんなでエサ探し」

狩野派以外 (21)
 《龍虎図(島琴陵)》
 →「ドラゴンの嵐攻撃」


今回一番気に入ったのはこれ。
狩野派以外 (12)
 《鯉図(栄紫山)》
 →「ビッグになるぞ」

鯉の鱗が3Dかのように浮き立って見えた。
狩野派以外 (38)


他にも屏風あり、扇子ありので全48作品。
日本画の豆知識的なコーナーも別室に用意されていた。


主観的な説明は、見る人の気持ちを固定化させてしまう恐れもあるけど、
素人な自分としては楽しく見られてとても満足。

狩野派以外 (14)

学芸員の手作り感あふれる展示もいいものだ。


これで無料なのだから板橋区民の方に感謝しなくては。
2013年3月24日(日)まで。


----------------
狩野派以外ポスター


『こんなものまであったんだ!?狩野派以外も大賑わい』
会期:~2013年3月24日(日) ※月曜定休
会場:板橋区立美術館(東京・西高島平)
概要:江戸狩野派作品の収集で知られる板橋区立美術館の狩野派以外の
   作品を集めた展示。
   浮世絵の肉筆画のほか、住吉派、文晁派、抱一派など
URL:http://www.itabashiartmuseum.jp/art/schedule/e2012-07.html

----------------

関連エントリー
大人のスタンプラリー 「江戸再発見 浮世絵スタンプラリー~富士山辺~」
春を先取り、「さくらいろいろ」展
職人たちが追及した用と美 「たくみのたくらみ」展は、展示の仕方もたくらみがいっぱい。
引き継がれる国芳の魅力 「はじまりは国芳-江戸スピリットのゆくえ-」
贅沢な浮世絵の風景画展 「北斎と広重 きそいあう江戸の風景展
粋で巧な『Design-江戸デザインの“巧・妙”』展は浮世絵好きにもおすすめ
血まみれだけでもない 「没後120年記念 月岡芳年」展
和の美 『ボストン美術館』展
江戸のスナップショット 「特別展 ホノルル美術館所属 北斎展」
幕末のONE PIECEがここに。『没後150年 歌川国芳展』
役者は揃っている。「写楽展」はあと三日
関連記事
.05 2013 展示 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/578-cf1d1efb

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター