スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

上から横からジンベエがぬらり美ら海水族館

美ら海水族館 (49)

南国は沖縄の海洋博公園。

海洋博公園といえば美ら海水族館

美ら海水族館といえばジンベイザメが悠々と泳ぐ大水槽。

これだけでも興奮ものなのだけど、
今回は丸一日スケジュールを海洋博公園にあてるという贅沢日程にしたところ、
実は他にも見所があることを知った次第。

バックヤードにシアタールーム、
マナティーにイルカに美ら海プラザ。







まずは、バックヤード。

黒潮探検(水上観覧コース)

美ら海水族館 (53)

なんと、あの大水槽を上から眺められる。
それも予約制のツアーでなく、いつでも入場可で解説もあり。

美ら海水族館 (54)

ぬらりと泳ぐジンベイザメを上から眺めることができる。

美ら海水族館 (55)

ぬらり。

美ら海水族館 (52)

大水槽真上の観覧場所は透明アクリルの床。

美ら海水族館 (50)

大水槽周辺にはこの水槽で生まれたばかりの赤ちゃんや、ふ化前の卵の飼育プールがたくさん。
この水族館の海水は、沖縄の海からダイレクトに取水しているため、季節によって水温も変動するらしく、生き物たちも四季を感じて、自然と同じ時期に卵や子どもを産むとのこと。

美ら海水族館 (27)

水槽以外にも、大型の生き物を運ぶクレーンがあったり。(ジンベエザメはこれで運ばれたとのこと)

美ら海水族館 (30)

大水槽のアクリル版のサンプルも展示されて(これだけ分厚くてもクリアに向こうが見える)

魚好きだけでなく、工場見学萌え的な人にもたまらない空間ですな。


次は、「美ら海シアター

ここでは、迫力のある沖縄のハイビジョン映像を20分ほどみられるのだけど、それよりなりより、シアター上映時間外のスクリーン(というよりスクリーン裏)が素敵。

スクリーンの裏は実は大水槽の側面(2Fぐらいの高さ)になっていて、スクリーンがなくなるとジンベエザメがヌーンと目の前に現れる。ハイビジョンなんて目じゃない生の迫力にしばし呆然。

美ら海(99)

ヌーン。

大水槽の正面ジンベイ、バックヤードから見下ろすジンベエに加えて、ここでは目の前を横切るジンベエがみられる。もちろんマンタやエイもガンガン
通り過ぎる。

大水槽のような混雑もないし、ここはおすすめ。


もちろん正面の迫力も半端ない。

美ら海水族館 (9)

食事するジンベイ。立ち泳ぎ。

美ら海水族館 (41)

ぶつかるジンベイ3匹+マンタ。
ダイバーなら即倒もののシチュエーション。


思い出すだけでテンションあがりまくり。


気持ちを落ち着けるために、続きは別エントリーで。


関連エントリー
狭さを逆手に エプソン品川アクアスタジアム
ジンベエザメがたまらない
クジラと見つめあってきた
大哺乳類展 海の仲間たちに会ってきた
深海特集が始まった『milsil(ミルシル)2010年第3号』
銀座で美ら海
深海ワンダー」潜りすぎ
興奮冷めやらぬ夜。カフェ・シアンティフィーク東京「「化石のサメが泳ぎ出す。サメの目で見た、地球史4億年」
あとはブログで

関連記事

2013/04/24 22:30 | 行って来たCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。