スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

えっこれが全部無料なの?美ら海水族館周辺施設

美ら海水族館 (69)


前回は、やや興奮気味に美ら海水族館のジンベエザメを紹介した。

 >上から横からジンベエがぬらり美ら海水族館

これだけでも満足でおなか一杯になるのだけど、沖縄博海洋公園内の施設は美ら海水族館だけではない。

イルカやマナティーなどの海獣系の施設もある。
しかも驚くことにそちらは無料。ショーまであるのに。


まずは、定番イルカショー

オキちゃん劇場
美ら海水族館 (60)

驚くことなかれこのイルカはなんと30年もここでショーをやっているらしい。
円熟のショータイム。

ちなみに、イルカがオキちゃんで、オキゴンドウはゴンちゃん。紛らわしいですね。

隣には、カメや「マナティー館」あり。
もっさりしたマナティーが手を使ってニンジンを食べるところをみることができる。

美ら海水族館 (62)

もっさり。


そして、なんといっても掘り出しものは

総合休憩所(美ら海プラザ)

休憩所と名がついていても侮ることなかれ、そこらの科学博物館にも負けずとも劣らない展示の数々。

美ら海水族館 (65)

マッコウクジラの骨格標本をはじめとして大型類の模型が吊るされた天井。

美ら海水族館 (67)

壁にはプラスティネーション標本。
他ではあまり見かけない軟体動物系のリアルな標本が並ぶ。

美ら海水族館 (68)

まるで本物の様なタコ。

美ら海水族館 (66)

教育的展示も工夫されていて、大きさや、

美ら海水族館 (77)

イルカとの泳ぎの方を、模型を使って理解できるようになっていた。

美ら海水族館 (75)


何より目を奪われるのは大型深海類のホルマリン?漬け。

美ら海水族館 (70)

メガマウス。

美ら海水族館 (74)

ウバザメ。

美ら海水族館 (71)

リュウグウノツカイにサケガシラ


珍しい深海それも大物がこれでもかと置いてある。

とてもじゃないけど休憩なんてしてられない。


お土産を買う時間を削ってでもここは見ておくべき場所。



ということで、美ら海水族館に行ったら、周辺施設も忘れずに。


関連エントリー
上から横からジンベエがぬらり美ら海水族館
狭さを逆手に エプソン品川アクアスタジアム
ジンベエザメがたまらない
クジラと見つめあってきた
大哺乳類展 海の仲間たちに会ってきた
深海特集が始まった『milsil(ミルシル)2010年第3号』
銀座で美ら海
深海ワンダー」潜りすぎ
興奮冷めやらぬ夜。カフェ・シアンティフィーク東京「「化石のサメが泳ぎ出す。サメの目で見た、地球史4億年」
あとはブログで

関連記事

2013/04/25 23:00 | 展示COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。