スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

クライシス・コミュニケーション

なんだか物騒なコミュニケーションだが、

日経ITproのニュース

「社長の口癖が危機を招く」

のトピックスに釣られて見に行った中で書かれていた。

   「クライシス・コミュニケーションとは、企業が不祥事や事故を起こした場合
    の広報活動。顧客や一般消費者、地域住民、マスコミなどに適切な対応を
    取ることで、被害を最小限に食い止める。」


企業不祥事発生時に良く見る記者会見とかで、社長や幹部のうっかり発した一言が火に油をそそぐあれ。

コミュニケーションを考えた場合、こうした表面的なテクニックも結構大事だったりする。

   「例えば『正直に言うと』などを口癖で言うと、
    『さっき言っていたことは正直じゃないのか』という話になる。
    『多分』や『ちょっと』も被害を過小評価している印象を与えて危険だ。
    会見のトレーニングなどでクリアしていく必要がある」。 」


シチュエーションは違えど、案外こうした言葉の使い方一つで、科学者や技術者が
話した内容が誤解を受けてしまっていることも多いのかなと思う。

通常時ならこうしたあいまいな言葉をつかわない人も、
問題発覚したときとか、トラブル対応中とかはどうなるか。
そういう時に限って、言質取られるし。

科学や技術をわかり易く伝えるテクニックも大事だが、
どんな場面でも誤解の無いように伝えるテクニックも大事
(その場合は動じない”胆力”も必要なのかな)

関連記事

2008/08/23 00:14 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。